« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月 3日 (土)

ジダンゴ山・宮路山

不老山を大分早く降りて来れたので、車で30分ほど先にある、やはり丹沢山系のジダンゴ山に行きました。車を松田町の寄(やどろぎ)という部落の公共駐車場に置き、11:20歩き始めました。住宅街を抜け、ひどく急な茶畑の舗装された道を行くと、鹿よけの柵があり、その扉を抜けたところが登山口となっていました。

Photo_100 鹿よけの柵の扉

10分ほど行くと、舗装された道がそこまでできており、広場も造成中でした。やがてここが登山口となるのでしょうか。登山道は広くよく整備もされていました。途中で暑く半袖のシャツで歩きました。

駐車場から1時間15分で頂上に着きました。頂上は360度の展望があり、富士山、鍋割山など丹沢の山々、松田町の市街地、海岸線など見えました。ベンチもいくつかあり、山々を見ながらのんびりすることができます。市民の山という感じです。

ジダンゴ山     松田町の市街地  右肩の隠れPhoto_101た富士山  Photo_102Photo_103

ジダンゴ山からは直進し、1周する道があります。途中、宮路山という山によりましたが、510mで低く展望もありませんでした。茶畑の道を通って、登山口のところに出ました。こちらは7人に出会いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

不老山

3月1日埼玉に行く途中、丹沢の不老山(982m)とジダンゴ山(758m)に行ってきました。3:30に家を出、6:50不老山登山口の世附(よづく)に着きました。既にゲート前には100m以上に亘って車が駐車しておりびっくりました。その最後尾に駐車し、一体なんだろうと思って聞いてみると、今日から山女、あまごの解禁日ということでした。少し遠くなった道を行くと、制限人数1人の吊橋があり、登山道に入りました。Furouzan

Photo_91 駐車の列

Photo_92 一人制限の吊橋

1時間10分ほど植林の道を歩くと、世附峠に着きました。ここには一般車通れない林道がきており、興覚めでした。御殿場市街が見えました。さらに40分ほど歩いて、富士山が素晴らしいピークに達しました。誰も居らず富士山の独り占めでした。ここから頂上は直でした。平らな広場となっており、展望はありません。下山は来た道を戻りましたが、途中一人に会ったのみでした。車は釣り人の車でした。

世附峠     世附峠から御殿場市街

Photo_96

Photo_93

Photo_99

不老山直下からの富士山

                   Photo_95

不老山頂上

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »