« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月23日 (土)

貫ケ岳

梅雨の晴れ間の1日、山梨県の貫ケ岳(897m かんがたけ)に行ってきました。晴れることを願って出かけましたが、袋井あたりでは激しい雨で心配でした。南部町の中沢(なかつさわ)公民館の横が登山口となっています。その横に案内板もありました。 Photo_191

公民館前の登山口 Photo_181                

          案内板 Photo_184

登山道はほとんどが杉の植林の中で、あまり面白みがありません。1時間30分で焼山分岐に着きました。分岐を右に行くと貫ケ岳です。そこから20分で頂上に着きました。展望はありません。時刻は丁度12:00でしたので、おにぎりを食べました。

頂上の貫ケ岳標識 Photo_179

分岐まで戻り、今度は左に行きました。20分ばかり行くと、高さ927mの晴海展望台というところに着きました。今まで展望がなかったので、感激でした。裾を隠した富士山、駿河湾の海岸線、静岡・芝川の町が一望できました。

晴海展望台からの裾を隠した富士山 Photo_185

晴海展望台からの駿河湾

下りは来た道を戻りました。誰にも会いませんでした。帰ってきてから気がつきましたが、蛭に1箇所やられていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

日向山・荒倉山

6月16日 山梨県の日向山(ひなたやま 1659m)と荒倉山(あらくらやま 1132m)に行ってきました。日向山は白洲町の竹宇(ちくう)駒ケ岳神社近くの尾白川(おじらがわ)林道が、荒倉山は日向山と車で1時間ほど離れた韮崎市の荒倉山林道が登山口となっています。風もなく快晴で、周りの山々がよく見えました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日向山は最近登った山では、一番の感激でした。この山は別名雁ケ原ともいい、雪と見紛うほどの白砂の山です。尾白川林道を15分ほど行くとゲートがあり、そこが登山口となっています。人気のある山でしょうか、車が20台ほどありました。Hinatayamayamanasi Photo_137

日向山の登山口

Photo_138

登山道には1から9の番号が付けてあり、9のところに雨量計がありました。ここからすぐに頂上ですが、頂上は樹林の中で、三角点のみでした。その先が白砂の絶景です。

               雨量計 Photo_186

間近に駒ケ岳が聳えて見えます。

日向山の標識と甲斐駒ケ岳Photo_187

反対側には八ヶ岳が見えます。

        Photo_144 八ヶ岳

白砂と石峰

Photo_146

     八ヶ岳と石峰 Photo_147

下りははしごや鎖のある急勾配の登山道を降りて林道に出ました。林道を30分ばかり歩いて登山口のところに戻りました。林道に出たところに錦滝という滝がありました。上りは1時間30分、下りは1時間15分でした。

錦滝

Photo_149 登山口まで戻ってきたとき、写真のような警告があるのに気が付きました。登るときは全く気が付きませんでした。どうも帰りの林道の踏み跡が薄いと思ったのはこのせいでした。下りの登山道も、崩落のようなところはありませんでした。この山は1周する人が多いのに、戻ってくる人が多いと思ったのも分りました。50人ほどの人に会いました。

                         登山口の警告 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                   

日向山を登る前に荒倉山に行ってきました。こちらは荒倉山林道を平川峠(たいらかわとうげ)の先まで車で入ることができ、25分で登れました。登る前にインターネットで調べてみると、曲がり角や距離数まで書いてくれてあるHPがあり助かりました。 林道終点の付近に広場があり、車はじゅうぶん置くことができます。Photo_168 Photo_150荒倉山林道入口

荒倉山頂上 Photo_189

頂上は樹林の中ですが、富士山方向は開けており、素晴らしい富士山を見ることができました。

荒倉山頂上からの富士山 Photo_188  

またその右90度の方向には、迫力ある鳳凰三山が間近に見られました。天気がよいので見応えがありました。

左から薬師岳、観音岳、地蔵岳の鳳凰三山

頂上を少し下がったところは木が切ってあり、八ヶ岳の展望台のようなところでした。

形がよい見事な八ヶ岳Photo_157

ここには大きな松があり、写真のような案内板がありました。 Photo_165     

つぶらの松 Photo_190

   

    つぶらの松の説明版

こちらの山は誰にも会いませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

水晶山

天狗森山を降りてきたのが、13:00でしたので、もう1つ岩村町にある水晶山(958m)に登ることにしました。平成16年に焼山を撤退したときにも来ましたが、どうにも疲れて、少し登っただけで引Photo_133き返しました。

登山口は岩村城址出丸駐車場の近くにあります。探さなくてもよいのが助かります。

水晶山登山口Photo_134 

全く展望のきかない植林の檜と赤松の木立の中を歩きます。縦走でない別の山を登るというのは、疲れます。しかし、この山は、登山道が比較的緩やかなのが助かりました。1時間で頂上に着きました。頂上も全く展望がありません。

  Photo_135    水晶山の頂上

頂上直下のところに、展望台地入口と書いた案内板がありました。ずっと展望がなかったので行ってみることにしました。 

展望台地への案内板           

Photo_136

5分ほど下ってゆくと、狭い開けた場所に出ました。岩村市街が見えました。御嶽山も見えるということですが、今日は分りませんでした。帰りは来た道をゆっくりと引き返しました。15:10に登山口へ降りました。誰にも会いませんでした。

展望台地より見た岩村市街

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

天狗森山・橋ガ谷山

今日 中津川市の阿木川ダム近くの天狗森山(1,338m てんぐもりやま)と橋ガ谷山(1,421m はしがたにやま)に行ってきました。この2つの山は、分岐まで行くと、その右と左にあります。林道ゲートから歩きますが、ゲートまでは以前に来たことがあります。平成16年に、この近くの焼山に行きましたが、ひどい藪コギで途中で撤退しました。代わりに、この山に登ろうと思って来ました。そのときは案内書に、この山の林道にゲートが無いように書かれていたので来ましたが、やはりゲートはありました。ゲートからだとかなり歩くことになりますので、藪コギで体力を消耗したあとではきつく、そのときは止めにしました。

ゲートまでは風神神社へ行く林道を通るので、その案内板が各所にあり、迷うことなく行くことができます。Photo_192

林道途中にある風Photo_123神社

      

8:20にゲートに着きました。他に車はありません。 

      林道のゲート

Photo_125

林道歩きは沢沿いで、水の音を聞きながら歩きます。鳥の声もよく聞こえます。途中に営林署の小屋もあります。天気のよくない分、暑くもなく、楽しんで歩けます。

林道途中にある営林署の小屋

Photo_126

登山口に着きました。ゲートから50分でした。ここには営林署の車が2台ありました。奥のほうでチェーンソーの音も聞こえていました。

天狗森山・橋ガ谷山の登山口 Photo_128

登山口から20分で、天狗森山と橋ガ谷山の分岐に付きました。

天狗森山と橋ガ谷山の分岐Photo_129

ここは時間の掛かる橋ガ谷山に先に行くことにしました。分岐から30分で頂上に着きました。ゲートからは1時間40分でした。

     橋ガ谷山の頂上

Photo_130

ここからは焼山がよく見えました。

焼山Photo_131

また分岐まで戻り、今度は天狗森山に行きました。分岐から20分で頂上でした。ここも無粋な反射板がありました。晴れていれば御嶽山、乗鞍岳、白山が見えるということです。

      天狗森山頂上Photo_132

恵那山は雲がかかっていましたが、見ることができました。

反射板の向こうに恵那山

帰りは来た道を引き返しました。誰にも会いませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »