« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月29日 (月)

天狗棚

設楽町 国道257号東納庫(ひがしなぐら)と設楽町 県道80号津具を結ぶ広域農道(8.2km)が、10月13日に開通したので、その走行と紅葉観賞を兼ねて、面ノ木園地(めんのきえんち)から天狗棚(1240m)のハイキングに行って来ました。

面ノ木園地-(15分)-天狗棚-(15分)-天狗棚頂上-(15分)-面ノ木園地

と歩きました。丁度紅葉も盛りで、ハイカー20人ほどが来ていました。

面ノ木園地Photo       天狗棚Photo_2      天狗棚よりPhoto_3の町  紅葉の道Photo_4     

Photo_7 天狗棚頂上

帰りに開通した広域農道を通ってみました。二車線の立派な農道です。すれ違う車もほとんどなく、もったいないような道路でした。

笹暮トンネルPhoto_9     広域農道Photo_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

鳥倉山

今日は天気も良く、カミさんと紅葉観賞も兼ねて、長野県大鹿村の鳥倉山(2023m)に行ってきました。津具-飯田IC-松川IC-大鹿村と行き、鳥倉林道に入ります。鳥倉林道の途中に夕立神パノラマ公園という展望地があり、素晴らしい南アルプス、中央アルプスが展望できました。鳥倉山も間近に見えます。

赤石岳(右)Photo     小河内岳(中央)Photo_2    中央アルプスPhoto_3   鳥倉山Photo_4

パノラマ公園よりさらに鳥倉林道を終点(ゲート)まで行くと塩見岳登山口となっており、平成9年に次男と登りました。今日は途中の分岐より、鳥ケ池林道の方に行きます。この鳥ケ池林道にはキャンプ場もあり、遊歩道もあります。終点まで行くと広場となっており、そこが登山口となっています。Torikurayama

踏み跡の薄い道を行くと、鳥ケ池に出ました。水はほとんどありません。ここは動物たちの水場になっているようで、鹿の糞やら小動物の糞があちこちにありました。カミさんはここで引き返しました。

鳥ケ池Photo

道を探しながら登ってゆきます。鳥倉山遊歩道という標識が見られました。テープもありますが、少なくて苦労をします。どうにか頂上に着きました。35分でした。頂上はほとんど展望もありません。木の上にわずかに赤石岳が見える程度でした。

鳥倉山遊歩道の標識Photo_2  鳥倉山頂上Photo_3   山頂よりわずかに赤石Photo_4

駐車場まで戻ってくると、1人来て 登ってゆきました。飯田から来たということでした。紅葉は全山というところまでは いっていませんでしたが、所々で見られました。

紅葉Photo_5

鳥倉林道・鳥ケ池林道はほぼ全面舗装で走りやすい林道です。帰りは新野峠を通る151号線を来ました。途中 長男が造っている橋梁懸架中の壮大な工事現場を見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

瑠璃山

インターネットを見ていたら、瑠璃山(695m)という山が鳳来寺山(684m)の近くにあるということでカミさんと行ってきました。コースは鳳来寺山へ登るのと、ほとんど同じようです。鳳来寺山はいつもは参道から石段を登って行きますが、今日はパスして鳳来寺パークウェイ駐車場から行くことにしました。コースは次のように一周しました。

駐車場→鳳来寺本堂→六本杉→奥の院→鳳来寺山山頂→瑠璃山→鳳来寺山山頂→天狗岩→東照宮→駐車場Houraiji

鳳来寺本堂横の石段を登って行きます。六本杉は今では3本になっているということです。45分で奥の院に着きました。ここの岩場から奥三河の山々が見えました。

奥の院Photo        奥三河の山々Photo_2      

奥の院から15分で鳳来寺山山頂に着きました。ここには2回来たことがあります。鳳来寺山山頂から棚山方面に行くと、3分ほどで瑠璃山です。登山道脇に山名標示がありました。高さ5mほどでしたが、道がありません。岩肌をよじ登ってみました。さして下とも違わず宇連山・明神山が見えます。

鳳来寺山山頂 Photo_3  瑠璃山の山名標示 Photo_5     宇連山Photo_6      明神山Photo_7

また鳳来寺山山頂まで戻り、天狗岩の方に行きました。天狗岩には東屋があり、三河湾が見えます。

天狗岩からの三河湾Photo_8

天狗岩からは東照宮に下りました。東照宮は修理が終わり立派になっていました。

Photo_9

鳳来寺山東照宮

全部で2時間10分歩きました。手頃なコースなので歩いている人も所々におり、10人ほどに会いました。瑠璃山は鳳来寺山とほとんど同じ所にあり、別名を付けるほどの山でもないように思いましたが、何か理由でもあるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »