« 三遠南信道路架橋工事その6 | トップページ | 三遠南信道路架橋工事その8 »

2010年2月23日 (火)

三遠南信道路架橋工事その7

渋川寺野の高架橋施工現場を見てきました。今日はカメラを忘れてしまいました。寺野高架橋は三遠トンネルと久井田トンネルをつなぐ200m弱の高架橋です。

日本車両製造(株)は三遠南信自動車道では「鳳来ICランプ1号橋」(HP掲載) と「寺野高架橋」を施工しています。

寺野高架橋は日車HPによると、形式は4径間連続3主鈑桁及び合成床版、橋長は180m、鋼重は約547トンということです。工事竣工は平成22年11月の予定のようです。これは以前の予定かもしれません。

工事現場には橋脚が3本立っていました。そこに大きなクレーンで桁を吊り上げ、橋脚間を結ぶようです。だいぶ工期が遅れているようですが、それは道が狭く重機を入れることができないからのようです。今日は道の狭いところを広げるため、形枠を組んでいました。またカメラを持って行き、しっかり写真を撮ってきます。できることならこの工事も見てみたいものです。

ちなみに、鳳来ICランプ1号橋の形式は3径間連続非合成箱桁、橋長は114.5m、鋼重は約215トンということです。工事竣工は当初は平成21年11月ということでしが、写真看板にもあるように平成22年3月15日となりました。

|

« 三遠南信道路架橋工事その6 | トップページ | 三遠南信道路架橋工事その8 »

建設」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三遠南信道路架橋工事その7:

« 三遠南信道路架橋工事その6 | トップページ | 三遠南信道路架橋工事その8 »