« さくら 2 | トップページ | 東日本大地震 9 »

2011年4月12日 (火)

さくら 3

今日はちょっとさびしい桜の話です。

豊川市金沢町に 金沢のヤマザクラ と呼ばれていた見事な古木がありました。それが枯れたということを先日聞いたので、平成18年4月9日に見に行って以来、はじめて行ってみました。

悲しいことに形はなくなり、切り株だけが残っていました。樹齢300年以上ということですから戦国の世から、現代までを見続けてきた木を、この今の時代に失ったということは残念でなりません。近くにいた農作業をしていた人に聞いてみると、三年前に枯れたそうです。

守る会の人たちが手を尽くしましたが、だめだったそうです。若芽も枯れてしまったようです。300年以上も生きてきたのに、何故今なのでしょうか。

窒素酸化物や二酸化炭素の影響でしょうか。松枯れや花粉症など昔はなかったようなこともあります。

長い世を経てきた古木を見ると感動します。木から命をもらいます。まことに残念なことです。

Dsc00465 切り株(平成23年4月12日)

49_2 金沢のヤマザクラ(平成18年4月9日)

49_3 金沢のヤマザクラ(平成18年4月9日)

Kanazawa 金沢のヤマザクラ説明版(平成18年4月9日)

|

« さくら 2 | トップページ | 東日本大地震 9 »

桜・藤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さくら 3:

« さくら 2 | トップページ | 東日本大地震 9 »