« 掛川普門寺の藤 | トップページ | アフガニスタン »

2011年5月 2日 (月)

国際フィギュア

国際フィギュア女子は安藤選手が優勝しました。この大会は始め日本での開催予定でしたが、東日本大地震でできなくなり、ロシアが引き受けてくれました。引き受けてくれたロシアに強い友情を覚えます。

今度の大会にはオリンピックで優勝した韓国のヨナ選手も出ていました。ヨナ選手はジャンプをミスしてしまって2位でした。どんな選手にも失敗は付きまといます。

できることなら、どの選手にも自分の最高の演技をしてもらい、その結果であったらよいと思うのですが、無理な話でしょう。

あのように氷の上を滑るということ自体神業です。それまでには、華やかな氷上の舞とは違って、血の滲むような苦労があったことと思います。村上加菜子選手は休んだのは正月の1日だけだそうです。他の選手も似たようなものでしょう。

失敗する選手があると気の毒に思います。自国の選手に対する贔屓のあまり、他国の選手の失敗を可としてしまうようなことがあればさびしいことです。

競技ですから、順位を争いますが、失敗をなくしてどの選手も最高の演技をしてくれることを願うばかりです。その上での勝ち負けは仕方がありません。

選手は国を代表して競技しますが、みな仲間です。相手の失敗を喜ぶようことは寂しい限りです。

どの選手も失敗のないことを願いながら、最高の技を楽しんでいます。なお、ヨナ選手は賞金200万円を地震被災地の子供たちに寄付したということです。

|

« 掛川普門寺の藤 | トップページ | アフガニスタン »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際フィギュア:

« 掛川普門寺の藤 | トップページ | アフガニスタン »