« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月29日 (金)

釣り

小さなセイゴが多くなり、これが餌をとってしまってこのところ釣れませんでした。やっと1つだけ釣れました。

Dsc00980

| | コメント (0) | トラックバック (0)

報復テロの絶滅へ 4

今日(7月29日)の新聞にこんな記事がありました。

「アフガニスタン南部ウルズガン州で7月28日、銃や爆弾で武装したグループが州都タリンコートの政府庁舎や警察本部を襲撃。子供10人を含む市民ら少なくとも19人が死亡、37人が負傷した。反政府勢力タリバンが犯行を認めた。」

「カルザイ大統領の地元の南部では今月に入り、大統領の弟や顧問が相次いで暗殺されている。7月27日にはカンダハル市長が自爆テロで殺害されたばかりだった。いずれもタリバンが犯行を認めており、治安は悪化の一途をたどっている。」

ビンラディンが殺害されたのは5月2日でしたので、丁度3ヶ月経とうとしています。心配したとおり、報復テロは続いています。報復に報復をもってするのであれば、いつまでも悲惨な状態が続き終りがありません。

ここに「ブッダが教える発想の転換」の4回目(全5回)が掲載されました。報復に関する内容ではありませんが転載させていただきました。

ブッダの教える発想の転換
   菅沼 晃(東洋大学名誉教授)
・・・・・・
<死を「前に見よ」>
 「大王よ、巨大な山があなたを圧しつぶすように、老いと死があなたに迫っているとき、ただ、真理にかなった行い、正しい行い、善い行い、功徳を積む行いをするほかはありません」(『相応部経典』「コーサラ相応」)
 古い経典では、私たちは死へと向かう存在であることが様々な表現で説かれますが、これはコーサラ国王パセーナディヘの言葉で、「雲のような大きな山が、あらゆる生き物を圧しつぶしながら迫ってくる」というのです。最近のテレビで大雨などによる土砂崩れの有様を見ていると、すべてを圧倒する巨大な山の土石流が私たちを圧しつぶすという譬喩(ひゆ)が生々しく感じられ、まさに我が身に迫ってくる死を実感させられる気がします。
 老いや死はもともと人間に内在しているものなのに、いざそれに直面すると「死は突然やって来た」とショックを受けるのは、死を「前に見ていない」からです。ブッダが老・死について実に多くの言葉を残しているのは、老死を後ろからやって来て突然私たちを暗黒の淵に突き落とすものととらえるのではなく、「前に見る」ことを私たちに求めているからです。「死を前に見る」のは、私たちにとって実につらいことなのですが、それを見据えながら、精一杯生きて行くほかはないのです。」(雑誌「大法輪」2011年5月号p49より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

宇宙物理学研究施設「スーパーカミオカンデ」「カムランド」見学

宇宙物理学最先端の研究施設「スーパーカミオカンデ」や「カムランド」を見学するGSA(ジオ・スペース・アドベンチャー)にやっと当選しました。

GSAは地中1000mにある物理学研究施設の探検イベントで、当選すれば2日間のうちの指定された時間に見学できます。

しかし、この応募に当選することは至難のことでした。応募すること10回以上、10数年掛かってやっと当選しました。

以前は応募期間は5月中旬から6月中旬で、往復はがきでしか受け付けていませんでした。新聞にもこの応募要項が出ていましたが、最近は見なくなりました。

10回以上は応募しました。しかしこの2年は諦めもあり、新聞にも出なくなって応募期間を見逃したりで、応募しませんでした。

しかし今年はたまたま5月31日インターネットで応募要項を見ると、締め切りが5月31日となっておりました。時刻は夜の10時です。はがき受付だから間に合わないと諦めました。しかしインターネットでも受け付けるとありました。以前とは変っていました。

後2時間しかありません。早速応募しました。何の知らせか、この日のこの時間にインターネットを見、しかもインターネットで応募も受け付けている、滑り込みセーフで間に合いました。何かが、誰かが知らせてくれたとしか思えません。幸運というより、何かに誰かに感謝したいと思います。しかしまだ応募が間に合っただけで当選したわけではありません。

このGSAは2002年には小柴さんがノーベル賞を受賞し、一躍を注目を浴びました。その前から応募していますが、2002年あたりの応募というのは、いったいどのくらいあったのでしょうか。そのころは諦めていました。

今年はカミオカンデで新発見のニュースがありました。6月15日つくば市の高エネルギー加速器研究機構で発射されたμ型ニュートリノを、約300km離れた「スーパーカミオカンデ」で観測したところ、電子型ニュートリノに変換されていたということです。

これはニュートリノが質量を持った粒子であり、物質や宇宙の解明につながるということです。これでまた「スーパーカミオカンデ」が注目されることと思います。

そして6月16日に念願のチケットが送られてきました。これが当選の知らせです。間際の応募そして当選、何か憑いていました。

しかし応募に当選したからといって、後が簡単というわけでもありません。チケット代が3500円要ります。また高山市神岡にあるので一泊しなければなりません。

こんな経過を経て、待望の施設見学ができることになりました。ちょうどよい機会なので、奥飛騨温泉郷の福地温泉に泊まり、前日は福地温泉に登山口のある福地山に登ることにしました。

肝心のGSA見学の説明する前に、前書きが長くなりましたが、ここからが宇宙物理学最先端研究施設の説明になります。

見学日は7月16日(土)・17日(日)で、時刻は一日11回に分かれております。希望どおり16日6回目10:20分からとなりました。解散は15:05です。見学時間は4時間45分掛かります。

神岡町公民館に集合し、シャトルバスで坑口に向かいます。ここで説明があり、さらに坑内用シャトルバスに乗り換え、地下1000mにある坑内に入ります。地下1000mといっても山の下に入るので、道は水平です。約2km入りましたが、神岡鉱山の坑道は延べ1000kmにもなるということです。

Dsc00829 入坑前の説明

Dsc00826 この坑口よりシャトルバスで入りました

気温は大変寒く真冬並みです。坑内には3時間滞在することになるので、防寒着が必要です。懐中電灯を持ち、ヘルメットをかぶっています。

まず重機の実演、鉱山の歴史の紹介です。1回で14トンの鉱石がすくえるシャベルローダ、1分で1m掘削できる掘削機の実演は迫力のあるものでした。

Dsc00848 巨大なシャベルローダ

Dsc00841 掘削機の説明

鉱山の歴史はプロジェクターでの説明と実演です。江戸時代の赤フンでの掘削、明治時代のツルハシでの掘削の実演もありました。子供たちも多く来ているので楽しませているようです。

Dsc00832 古の掘削風景

Dsc00834 明治時代の掘削風景

つぎに東京大学の「スーパーカミオカンデ」の見学です。「スーパーカミオカンデ」は5万トンの純水の入った巨大なタンクです。その周りと上下には1万1千二百個の光電管が取り付けてあります。直接見ることはできません。この模型は来る途中の道の駅「宙ドーム・神岡」にありました。

Dsc00824 スーパーカミオカンデの模型

Dsc00825_2 スーパーカミオカンデ内部全面に取り付けられている光電管

ここではプロジェクターによるニュートリノの説明がありました。さらにボランティアグループによるニュートリノについての紙芝居がありました。これだけの巨大装置でも1日に観測できるのは10の23乗ほど来る中の10個ほどということです。

お楽しみコーナーは光が7色であることの観察、放射線を霧箱で観察する手作りコーナーなどありました。

つぎには東北大学の「カムランド」の施設説明や研究内容の説明がありました。「カムランド」も「スーパーカミオカンデ」と似ています。光電管で検知するのでなく、シンチレーション(液体の発光)を利用しています。これも装置が大きくて見ることはできません。

「カムランド」は東京大学の「スーパーカミオカンデ」の前に行っていた「カミオカンデ」をそのまま譲り受け使用しているということです。「カミオカンデ」のときは純水の量は3000トン、光電管の数は1000本ということでした。

東京大学の「スーパーカミオカンデ」は1996年より稼動、2001年光電管70%破損、2008年再稼動、東北大学の「カムランド」は2002年より稼動してます。

これで見学は終わりました。時刻は14:00です。食事・売店コーナーがあり、寒いのでカレーうどんを食べました。地元の神岡の人たちが協力しています。

来たときと同様シャトルバスに乗り、集合場所に帰りました。子供たちには内容は難しいですが、どんなことにでもよし興味を持ってくれたらよいと思います。

1日11便、2日間の参加者合計は約1000人ということです。倍率は2倍ということでした。10年以上待ったにしては少ないと思いました。

なお神岡鉱山は今は採掘はしていません。しかし精錬所は稼動をしています。それは鉱石を外国から輸入し、精錬しているということです。1000km(約東京・博多間)にも及ぶ坑道、長い掘削の歴史 時代は変わりました。神岡鉱山の技術者は、海外の鉱山の技術指導を行っているそうです。

追記

帰ってきた翌々日7月18日の新聞にこんな記事がありました。「地熱の半分は原始の熱、残り半分は地中の放射性物質が崩壊するとき出す熱ということが分かった。」これはニュートリノの個数を調べることで分かるということです。

つまり東北大学の「カムランド」で地球ニュートリノを観測しています。「2002~2009年間に106個のニュートリノを捉えた。これだけ観測されるために必要な放射性物質が崩壊に伴う発熱は、地熱の半分が必要」ということだそうです。

「スーパーカミオカンデ」や「カムランド」がなぜ地下1000mなのか、巨大タンクはなぜ必要なのか、なぜ純水でなければならなのか、光電管の数の多いのはどうしてか、ニュートリノとは何か、この研究は何の役に立つのか、「スーパーカミオカンデ」と「カムランド」の構造の違いは何か、小柴昌俊教授のノーベル賞はどういう研究で受賞したのか、などについては、百科事典 カミオカンデ スーパーカミオカンデ などで分かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

東日本大震災 15

東日本大震災は4ケ月を迎えます。体育館などで避難生活をしている人たちは4ケ月も続いています。自分に果たしてそれができるか、いつも被災者のことを思っていたいと思います。

被災地のことを思う気持ちが薄れて行くのではないかと大変不安でしたが、まだボランティアに行くだけの気持ちが自分の中にはありホッとしました。

しかしそんなことより被災者の人たちに対して、どれだけのことができたかが大切だと思います。被災地の皆さんには手助けができなくてごめんなさい。何もできませんが、気持ちはいつも被災地に寄り添っていたいと思います。

7月8日の新聞にこんな記事がありました。あるご夫婦は「悲しみを風化したくない」と日々義捐金を続けているということです。土・日・休日を除く毎日義捐金を送金し、回数78回・総額40万3千円になったということです。

被災地に寄り添っていたいという方はたくさんいると思います。なかなか行動につなげるということは難しいですが、こんな立派な方もいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

釣り

今日はボラが1匹でした。ボラは湖面をはねていますがなかなか釣れません。1シーズンに1つ釣れるかどうかです。さあこれをどう料理するかです。持ってきたからには食べねばなりません。

Dsc00771

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

釣り

釣りによって季節の移りを感ずることは何回か書きましたが今日も感じました。これまではセイゴが多かったですが、黒鯛・キビレとなってきました。キビレは今年初めてでした。

Dsc00769 大きいのがキビレであとは黒鯛です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

釣り

Dsc00767 チンタ20cm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

報復テロの絶滅へ 3

6月29日新聞にこんな記事がありました。

「アフガニスタンの首都カブールで28日夜、武装グループが高級ホテルを襲撃した。アフガン民間人10人が死亡した。反政府武装勢力タリバンが犯行を認めた。武装グループの6人は治安部隊に全員殺害された。」(要約)

ビンラディンが殺害され、その報復テロが懸念されています。ビンラディンが殺害されたのは5月2日でしたので、丁度2ヶ月経ちましたが、報復テロはやはり続いています。

アフガニスタン各地では治安施設を標的にしたテロが続発していましたが、首都カブールはこれまで比較的平穏な状態が続いていました。

アメリカは来年夏までに2万3千人の駐留米軍の撤退、また米政府とタリバン側が水面下で接触などあるようですが、報復や怨念は簡単にはなくなりません。

「ブッダが教える発想の転換」の3回目(全5回)がブログに掲載されましたので、転載させていただきます。

ブッダの教える発想の転換
   菅沼 晃(東洋大学名誉教授)
・・・・・・
<悪口は勝手に言わせておけばよい>
 「バラモンよ、君はこのように罵詈雑言(ばりぞうごん)をあびせかけて私を非難しているが、私は君の罵詈雑言を受けとらない。だから、バラモンよ、それは君にもどり、君のものだ」(『相応部経典』第七「バラモン相応」)
 ブッダが布教活動を始めたころ、ラージャグリハの竹林精舎で説法していたとき、アッコーサカというバラモンから、罵詈雑言を投げつけられて非難されたことがありました。このバラモンは周囲の人びとが次々に仏弟子になってゆくことに腹を立て、ついに我慢できなくなって竹林精舎に出かけていって面罵したのです。
 「言葉の暴力」といわれるように、罵(ののし)り謗(そしる)ることは、本質的には殺人や傷害と変わるところがありません。怒り・憎しみ・恨みが外に向かって表されるとき、身体的には暴力や傷害などの行為となり、口で言う場合には罵り・謗りの言葉となり、心に思うときには怨念となっていつかは動きだし、相手を傷つけるからです。
 何かの言い合いがあって、相手に悪口雑言を浴びせられた日の夜。「あのとき、こう言ってやればよかった」と思って眠れなくなることがありますが、ブッダはアッコーサカ・バラモンの罵詈雑言を「そっくり君にお返しする」と言って、あっさりと退けました。
 「昔からいままで、人びとは黙って座っている人を非難し、多く語る人を非難し、少ししか語らない人を非難する。この世に非難されない人はいない」(『真理の言葉』二二七)と言われるように、ブッダは人間が社会生活のなかにいる限り悪口を言われる存在であることを認めたうえで、「言い返してはならない」といっているのです。
 私自身も職場の会議で、理不尽な理由によって非難され罵倒されたことがあります。そのようなとき、ブッダの言葉を思い出して「今の言葉は、そっくりあなたにお返します」と言ったことがあるのですが、どうも通用しなかったようでした。現実にはなかなか難しいこととは思いますが、「言い返して何になる」というブッダの言葉は常に心に止めておきたいと思います。」(雑誌「大法輪」2011年5月号p49より)

なお、1回目、2回目も再度掲載させていただきます。

「恨みを捨てれば敵は消滅する」~ブッダの教える発想の転換  1回目

「怒ればあなたは必ず負ける」~ブッダの教える発想の転換  2回目

このブログを書いた後、7月3日の新聞にまたこんな記事がありました。 「アフガニスタン南部ザブール州で2日、道路脇に仕掛けられていた爆弾に民間人が乗ったワゴン車が接触し爆発、子供女性を含む13人が死亡した。また西部でも爆弾による攻撃があり、1人が死亡した。」(要約)

以前にもバスが道路脇に仕掛けられていた爆弾に接触し、多くの死者を出した と聞いています。報道に接しないことも多いので、この種のテロは頻繁に起こっていると思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »