« 南アルプス聖岳・赤石岳 | トップページ | 聖岳・赤石岳・兎岳のHP »

2011年9月 2日 (金)

報復テロの絶滅へ 5

ビンラディンが殺害されたのは5月2日でしたので、4ヶ月が経とうとしています。心配したとおり、報復テロは続いています。報復に報復をもってするのであれば、いつまでも悲惨な状態が続きます。

歴史の大きな出来事が忘れ去られてゆくことを心配しています。1ケ月ごとに報復テロのことに触れるようにしています。

ビンラディンが殺されたときのアメリカのあの喜びようは何だったんでしょう。報復を大喜びしていたのでしょうが、これでは報復は続きます。

歴史の大きな出来事が忘れ去られてゆけば、またその誤りを繰り返します。太平洋戦争、原爆、東日本大震災など決して風化させてはなりません。

歴史を学び、それを良い方向に向けて行きたいものです。世界の人たちがみな平等で、平和で、そんな贅沢でなくそこそこの生活をして行けることを思っています。

テロは今もどこかで起こっています。8月27日の新聞にこんな記事がありました。「西アフリカ・ナイジェリアの首都アブジャにある国連事務所が入ったビルで26日爆発があり、16人が死亡し、多数の負傷者が出た。同国の治安当局関係者はイスラム過激派“ボコ・ハラム(西洋の教育は罪)”による自爆テロとみている。同国は北部にイスラム教徒、南部にキリスト教徒が多く衝突が絶えない」(要約)

これはアフガンのタリバンとは違います。自爆テロは世界あらゆるところで起こっています。相変らずアフガンでも起こっています。報復・宗教対立・怨念など理由は複雑です。とにかく自爆テロなど無くなくなることを祈るのみです。

この時期に掲載され、拝借している「ブッダが教える発想の転換」の5回目(全5回)がまだ発表されていないようです。また掲載されたときには拝借したいと思います。

|

« 南アルプス聖岳・赤石岳 | トップページ | 聖岳・赤石岳・兎岳のHP »

報復テロ絶滅へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報復テロの絶滅へ 5:

« 南アルプス聖岳・赤石岳 | トップページ | 聖岳・赤石岳・兎岳のHP »