« 愛染かつら | トップページ | 飯盛山(香嵐渓) »

2011年11月16日 (水)

続 愛染かつら

昨日のブログに愛染かつらの主題歌「旅の夜風」をリンクしましたが、そのコメントにこんなことが書かれていました。

「愛染桂は、神社の!山門横に植えて有る木で、豊橋市の!加賀美神社の!中にも、有った気がしたな!」(コピー)

広い日本の中の豊橋、どういう運のよさでしょう。豊橋市であれば見に行かぬということはありません。早速「加賀美神­社」を調べます。

このような名前の神社はありません。見当をつけて先ず最初の神社に電話をしてみました。奇跡でした。1回の電話で見つかりました。それは「賀茂神社」でした。しかも家から車で15分ほど、神主さんも親切に対応してくれました。

かつらは神社の鳥居の前に植えられていました。かなりの老木でした。

Dsc01735_2 かつらの木(11月16日撮影  以下の写真も同様)

Dsc01728

万葉集にある賀茂楓の歌

Dsc01727 カツラの木の説明版

この木の隣には若いかつらの木が葉を茂らせていました。葉はハート型をしていて愛を誓うにはこの木の下が似合うようです。

Dsc01734 この木の隣の若いかつらの木

Dsc01741 かつらの葉

近くに愛染堂があるわけではありませんでした。しかしコメントに書かれていたからには何か愛染かつらと縁があるような気がします。

どうかみなさん豊橋に来て、この「賀茂神社」のハート型をしているかつら葉の木の下で愛を誓いあってください。

もう一つ、昨日のブログで映画の主人公 ヒロインの高石かつ枝と津村浩三が桂の木の下で永遠の愛を誓いあうシーンは、北向観音のこの桂の木の下で撮影されたが、その確証はない書きました。しかし確証はありました。

1938年の田中絹代、上原謙の作品に北向観音のこの桂の木が出てきております。そのときの主題歌「旅の夜風」をリンクします。35秒くらいのところと3分10秒くらいのところで出てきます。

始めの所では上原謙がこの木を指差して何か言っています。「また遇おうね」とでも?。後のところは思い出しているのか?。

|

« 愛染かつら | トップページ | 飯盛山(香嵐渓) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続 愛染かつら:

« 愛染かつら | トップページ | 飯盛山(香嵐渓) »