« 報復テロの絶滅へ 12 | トップページ | 新東名4月末開通 »

2012年1月 6日 (金)

寒の入り

二十四節気の冬至(12月22日)が、ついこの間と思ったのに今日は小寒です。これらの季節を現す用語が好きです。しみじみと季節の変化を感じさせてくれます。

夏が好きな人もあれば、冬が好きな人もあります。節気の用語が季節を感じさせてくれ、潤いを与えてくれるように思います。

山の好きな小生には、木々が裸になっている今は山もよく見通せ、夏には見えない山も見えて良いところもあります。また頬に冷気を感じながら登るのも気持ち良いものです。

木々は今の季節をどう感じているのでしょうか。やはり若葉や花のときがよいのでしょう。いまはじっと風雪に耐えているのでしょう。

二十四節気の小寒の今日から立春の前日(2月3日)の節分までは暦の上では寒です。約30日間で、ほぼ中間の日が大寒(1月21日)となります。今日は寒の入りです。

季節の変化を楽しむなどと聞こえのいいことを書きましたが、コタツの中に潜りこんでいるというのが小生の実態です。

季節の変化を楽しむなどとなかなかそのようにはゆきません。世の中、そんな悠長なことで過ぎて行きません。木々が寒風に身を晒しているように、多くの人がそのような中で働いています。頭が下がります。

小生、寒さに負けて山などたまにしか登りません。ただ季節の変化、自然の変化、世の中のことなど見過ごさない自分でありたいと思ってます。

|

« 報復テロの絶滅へ 12 | トップページ | 新東名4月末開通 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒の入り:

« 報復テロの絶滅へ 12 | トップページ | 新東名4月末開通 »