« 三遠南信自動車道 開通 | トップページ | 東日本大震災 31 »

2012年3月11日 (日)

東日本大震災 30

東日本大震災は1年が経ちました。被災者の方々のご苦労はいかばかりであったか、筆舌に尽くしがたい苦難であったろうと思います。

また亡くなられた方には1周忌となるわけですが、その無念はいかばかりであったか、心よりご冥福をお祈り申しあげます。行方不明の方もまだ3155人もいますが早く見つかってほしいものです。

東日本大震災のことが薄らいでゆかないように気をつけてきました。自分にできることは何か。やはり手近でできることは義捐金です。

3月2日の新聞記事で「義捐金9月まで延長」とありました。「日赤と中央募金会は3月までとしていた東日本大震災の義捐金受付を9月まで延長したと発表」ということです。阪神大震災は1年間でした。

これは是非そうしてほしいことです。東日本大震災に対し、何かしたいという人は多くいます。今も1週間に5億円が寄せられているということです。3月8日の新聞では義捐金は5000億円を突破したということです。

1県1億円の義捐金も分配すると1人200円~300円くらいだそうです。総額で聞くと多くても1人には少なくなってしまいます。まだまだ義捐金が必要なことは確かです。

今も1週間に5億円が寄せられていると聞いてうれしく思います。何か役立ちたいという人が多いですから、身近にそういう場が設けられていることを続けてもらいたいと思います。

すると3月8日の中日新聞に「義援金」ボタンを備えた自販機が登場したという記事がありました。「震災支援を無理なく継続させ、風化を防ごう」と考え、百円玉を入れてボタンを押すと、百円が寄託できるということです。

これなら身近で誰でもできそうです。これから先、設置場所を増やし、感謝の言葉を流す仕掛けを検討中ということです。

ボランティアも激減していると聞きます。とかく時が過ぎると忘れがちになることを自分に戒めています。ブログに書くことで薄れないようにしています。

被災者の皆さん、今が一番辛いときかもしれません。明けない夜はないように、冬が過ぎれば春が来るように、必ずや今年は明るい年になることと確信しています。

|

« 三遠南信自動車道 開通 | トップページ | 東日本大震災 31 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災 30:

« 三遠南信自動車道 開通 | トップページ | 東日本大震災 31 »