« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

広藤園の藤

桜が終わり、ふじの季節となりました。街角や公園でふじの香りが漂い、見ごろを迎えています。ふじの名木が、近郊にも多くあります。

碧南市二本木町広藤園のふじを見に行ってきました。花房の長さは,1.5mにもなると言うことです。まだ満開に達しておらず、7・8分咲きほどでした。

Dsc02640 広藤園入り口

Dsc02636 ふじの棚

Dsc02646 ふじの房

今から約200年前、江戸時代に今の所有者の先祖にあたる廣作(こうさく)という方がこよなく藤を愛し、木や竹を用いて藤の棚を造って育てたのが起源ということです。

Dsc02642 説明板

その後、この藤は代々継承されて、現在に至り、初代「廣作」さんの「廣」という字を取って、「廣の藤」と呼ばれ、藤園は広藤園と呼ばれています。

広藤園には「廣の長藤」として有名な長藤が15株、白いだるま藤が1株、ほかに紫の藤(野田藤)があります。 1m以上にもおよぶ長い花房が1000㎡にも広がっています。その芳香と風景は見事なものです。

Dsc02647 ふじの花

Dsc02644 ふじ蔓の根元

ふじの香りはあたり一面漂っています。このふじの芳香をお届けできないのが残念です。広く開放され、多くの人が楽しんでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

トイレ修理記

大分前からトイレのタンク内で水が落ちる音がしていました。タンク内だから外に漏れることもなし、1滴2滴と落ちる程度なら水道代にひびくこともなし、そのままにしてありました。

もうひとつ便器内に少し水が流れ出ていました。これも以前からでしたがそのままにしてありました。今日はひとつこれを直そうと手を付けてみました。

タンク内は店でもらったガイドによると図のようになっています。家のトイレはもっと古いのでこれとは少し違いますが、構造は同じです。

Dsc02632

ボールタップの弁のパッキングが壊れていると思い、このパッキングを交換しました。水まわりでの水漏れはパッキングが駄目になっていることが多くあります。

Dsc02633

家のトイレのボールタップは下写真のようになっています。パッキングはホームセンターで売っています。

Dsc02625

ボールタップのピストンバルブを取り出しその先についているパッキングを交換しました。むずかしくはありません。下写真は新しいパッキングです。

ところで余談になりますが、パッキングは一袋に2つ入っています。こういう小物は大体のものが2つです。1つしか要らないのに、どうして2つ入っているのでしょう。

かなり以前からそうなっています。余った1つは先ず使うことは無いでしょう。失敗したときのためとか、無くしたときのためとかならば、それは自分の責任ですから、また買いに行けばよいのです。

1つのために2倍のお金を払っているようになります。このようにしないと採算に合わないのでしょうか。もったいないことでもあります。

Dsc02635

1つ目の作業が済んだので、通水してみました。浮き玉が上がり、通水が停まった後しばらく見ていました。水は落ちなくなりました。

今度は便器内に少し水が流れ出ているのを直します。これは上のパッキングの交換とは関係ありません。さてどこが悪いか、インターネットで調べてみました。

水止めの黒いゴムフロート(上図)は長く使っていると、表面がざらついてきて、触ると手が真っ黒になります。こうなると変えたほうがよいようで、これが原因かもしれません。

ホ-ムセンターでは大きさの違う2種類があるので、間違えぬよう測って行くなり、持って行くなりしたほうがよいようです。

Dsc02628 上が新しい浮きゴム(表面が滑らか)、下は古いほう(ざらついている)

見た目にはあまり変わりませんが、古いほうは表面が溶け、ざらついているようです。このくらいだともう水が漏るようです。

これを交換しました。この作業もむずかしいものではありません。いよいよ水を溜めて漏るか検査してみました。便器への水の漏れは止まっていました。これも成功しました。

もうひとつ気になっている大きなことがありました。それはときどき便器の床の周りに水が着くことです。これはタンクと便器を繋ぐところのパッキングが悪いのではと思っていました。しかしそこに布を置いておいても濡れません。

原因が分からず会社のサービスセンターに電話で聞いてみることにしました。結論は結露であろうということでした。パッキングのところでの水の漏れはないということです。

原因が分かり一安心しました。これでほぼ完了と思っていたところ、こんどはレバーの棒が折れていました。(下写真)

Dsc02631

これは今折れたのでなく、錆びていました。しかしタンクの壁を通るところであったので、写真上の筒状のボルトに護られて抜けずに作動していたようです。

今日2回目またホームセンターに行きました。この部品はありませんでした。他の規格品でも使えるのか今は分かりません。しばらくこの折れたレバーを使うしかありません。

駄目ならメーカーから取り寄せるしかないようですが、使用中のこれを送るわけにも行かず、また時間も掛かりそうです。それまで何とか使えること祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

蒿山

4月20日の新聞に湖西市神座(かんざ)のトキワマンサクが満開と載っていたので、蒿山(すやま)山歩きも兼ねて行って来ました。県道脇に駐車場があり、トキワマンサクのある付近の道は整備されていました。

Dsc02610 真ん中の白っぽいのがトキワマンサクです。道も整備されています

Dsc02611 トキワマンサク

Dsc02615 トキワマンサク

Dsc02612 説明板

もう満開のときを過ぎたかと思っていましたが、ちょうどよいときが見られました。以前に来たときよりも花をよく付けていました。そうすると上の説明板のように今年は豊年となることでしょう。

歩道を直進して行くと、上座(かんざ)古墳群があるということで、そこを通って蒿山に行くことにしました。

古墳は土盛りがあるだけで、見た目には分かりません。1400年も前ということですから、それも当然で、その間には回りの木も幾度生え変わったことでしょう。

Dsc02621 古墳

Dsc02619 説明板

そこから蒿山へは15分ほどです。他にも道はありますが、ロープの付いた急坂を行きました。この道も以前よりは整備されています。頂上からは浜名湖がよく見えます。

Dsc02622 蒿山頂上

Dsc02623 頂上からの浜名湖

下りは魔利支天という寺に出、ちょうど一周して駐車場に戻りました。70分ほどでした。トキワマンサクには7・8人がいましたが、他は誰もいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

豊根熊野神社の桜

今日の新聞に「愛知県豊根村上黒川熊野神社の桜が満開となり、ライトアップが始まった。」という記事がありました。このような桜があることは知りませんでした。雨でしたが比較的近く、満開もすぐに終わってしまうので見に行ってきました。

豊根温泉「湯~らんどパルとよね」の前にあり、場所は分かりやすいところにあります。2本の大きなシダレザクラの木がありました。

Dsc02603 熊野神社の桜

Dsc02604 熊野神社の桜

説明板も表示板もないので、樹齢、幹周り、高さ、桜の種類など分かりません。特に命名もしてないようです。桜の種類はエドヒガンザクラと思われます。

Dsc02606 熊野神社の桜

Dsc02597 熊野神社の桜

奥三河山間部の桜はこれからが見頃となります。熊野神社近くの桜も満開でした。
帰りは3月4日に開通した三遠南信道を通ってきました。ほとんど車は通っていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

根尾谷薄墨桜

根尾谷薄墨桜がちょうど満開となりました。平成9年にも見に行っていますが、よい写真が取れていなかったので、また行ってきました。

平成9年のときはひどい渋滞に遭ってしまったので、今日は早めに出て別の道を行きました。スムーズに駐車場に入れました。

薄墨桜のある公園は大分手が入れられて一新し、広くきれいになっていました。薄墨桜の西にある山の木も切られていました。これは薄墨桜に陽がよく当たるようにするためということです。

薄墨桜は見事に満開の花を付けていました。近くにある説明板に、樹齢1500年のウバヒガンザクラで、高さ17.2m、幹周り9.1m、枝張りは東西で23.9m、南北で21.2mと書かれていました。

Dsc02571 根尾谷薄墨桜

Dsc02587 根尾谷薄墨桜と愛でる人々

Dsc02566 根尾谷淡墨サクラと碑にはなっています

Dsc02577 年代を感じさせる幹

先日は樹齢2000年の山高神代桜、そして今日樹齢1500年の根尾谷淡墨サクラと圧倒されるような桜を鑑賞できました。神々しいような桜です。両桜とも、ただ感嘆して見入ってしまいました。いつまでも咲き続けることを願うのみです。

Dsc02574 もう一度根尾谷淡墨サクラを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

神田の大糸桜

山高神代桜の北方10kmほどの小淵沢町に「神田(しんでん)の大糸桜」があります。問い合わせたところ、まだつぼみということでしたが、近くまで来たので4月13日山高神代桜を見たあと見に行ってきました。

やはり花は開いていませんでした。「山高神代桜」や「わに塚の桜」は満開であるのに、まだまったくのつぼみです。やはり桜にも個性があるようです。

Dsc02524 つぼみの神田の大糸桜

手厚く保護されていました。防風ネット、幹を護るよしず、土壌改良などされています。樹齢約400年のエドヒガンザクラで県天然記念物に指定されています。

Dsc02528 大糸桜の幹

畑の中の一本桜で、雪の八ヶ岳がよく似合っています。

Dsc02527 八ヶ岳と神田の大糸桜

Dsc02530 つぼみの桜と八ヶ岳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山高神代桜

4月13日、「わに塚の桜」を見て10kmほど北に走り、「山高神代桜(やまたかじんだいざくら)」を見に行きました。平成12年にも見に来ましたが、今年も見事に花を咲かせていました。

 

老木に鞭打ち、美しい花を見せてくれるこの桜には、感動を覚えずにはおられません。この桜に、どれだけの人が励まされていることでしょう。

 

Dsc02508 山高神代桜

 

日本三大桜(根尾薄墨桜、三春滝桜)の1つで、樹齢約2000年と言われる日本最古のエドヒガンザクラです。2000年というのは驚きを通り越して、畏敬の存在です。

 

この桜のある実相寺のHPに 「この桜だけが持つ、長く生き続けてきた誇り、逞しさ……。私たちに与えてくれるものは、花の美しさだけではない。懸命に生きる力とその尊さに美を感じ、感動するのである。」とありましたが、生きる力を与えてくれます。

 

Dsc02516 山高神代桜の幹

 

ちょうど満開です。樹高約10.3m、根回り約11.8m、日本で最古・最大級のエドヒガンザクラで、大正11年10月に国指定天然記念物に指定されています。

 

 

Dsc02518 満開です

 

 

平成12年に来たときは幹を保護するため、トタン屋根まで付けられていて、痛々しかったですが、景観向上のため治療が施され、平成18年に20年間覆っていたトタン屋根が撤去されました。

 

 

P317000111 平成12年の山高神代桜

 

天気にも恵まれ、甲斐駒ケ岳や鳳凰3山も見えています。

 

 

Dsc02510 甲斐駒と神代桜

 

 

 

前の畑には黄スイセンが一面に植えられています。桜の薄桃色、スイセンの黄色、雪山の白色、絵のような光景です。

 

 

Dsc02513 黄スイセンの畑

 

 

大変大勢の人が来ています。こういう桜は大勢の人に感動を与えます。自然を大事にしてゆくことを願っています。

 

 

Dsc02520 山高神代桜の碑

 

 

最後にもう一度、山高神代桜を見てください。1年でも1日でも永く咲き続けることを。

 

 

Dsc02509_2 見事なものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わに塚の桜

韮崎市にある「わに(王仁)塚の桜」の開花状況を4月12日に問い合わせたところ6分咲きになったと言うことで4月13日に見に行ってきました。

隣の北杜市には日本3大桜の「山高の神代桜」があります。また「神田の小糸桜」もあります。この2本も問い合わせたところ「山高の神代桜」は7分咲き、「神田の小糸桜」はつぼみということでした。

東名から身延を通る富士川街道を行きました。増穂から中部横断自動車道に乗り、韮崎で降ります。10分ほどでわに塚に着きます。

塚の上に見事な桜がありました。もう満開です。いかにも一本桜という雰囲気です。ここからはこの時期雪をいただいた八ヶ岳が見えます。雪山と桜は実によく似合います。

Dsc02495 わに塚の桜

Dsc02494 八ヶ岳と桜

Dsc02500 花と雪山

Dsc02497 桜の下も美しい

説明によると樹齢300年、幹周り3.6m、樹高17mのエドヒガンザクラで市の指定天然記念物ということです。

とにかく形が素晴らしく、ポスターやタイトルバックにも起用されているそうです。一本桜の醍醐味をつくづく感じさせてくれます。素晴らしい木でまた寿命が延びました。

Dsc02489 これ以上は無い光景

土曜日でもあり、満開も近いということで、多くの人が見に来ていました。
わに塚というのは日本武尊の王子が埋葬された場所ということからきているそうです。

今日は最高の条件でした。説明をしている人の話では花のとき八ヶ岳が見えることは少ないということです。花は満開。風もありません。カメラマンが7・8割いるでしょうか。翌日は雨となりました。

Dsc02492 もう一度桜と雪山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

石戸蒲ザクラ

石戸蒲(いしとかば)ザクラは埼玉県北本市石戸宿の東光寺境内にある桜です。大正11年に国の指定を受けた天然記念物で、樹齢約800年、日本五大桜(山高神代桜、根尾谷淡墨桜、三春滝桜、狩宿の下馬桜)に数えられる名木です。

4月13日山梨県一本桜3本を見て、こちらに来ました。翌日は1日中雨、急に満開となり、それも峠でしたので来れたことは幸運でした。桜は時期がむずかしいものです。

Dsc02533_2石戸蒲桜

Dsc02542_2 満開の蒲桜

大正11年当時は、幹が4本に分かれ、根回りは11メートルにもおよぶ巨桜であったということです。しかし、しだいに衰えを見せ、現在では4本あったうちの2本の幹が残っているのみとなりましたが、巨木です。樹高14m、根回り7.41m、幹周り6.6mとなっています。

Dsc02537 蒲桜の幹

樹種は和名「カバザクラ」という世界でただ1本の品種で、最近の研究では、ヤマザクラとエドヒガンの自然雑種と考えられています。

Dsc02540 白い可憐な花びら

今がちょうど満開です。花弁の白い可憐な花を咲かせていました。多くの人が来ています。世界でただ1本の桜を楽しみ、カメラに収めています。

石戸蒲ザクラの名前は、源頼朝の異母弟「蒲冠者源範頼(かばのかじゃみなもとののりより)」の伝説が残されていることに由来しています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新東名開通

平成24年4月14日午後3時、新東名高速道路162kmが一挙開通となりました。今度開通するのは静岡県1県だけですが、日本の中心を走る高速道路であり、これは交通事情の一大変革を来たすと思います。

このような長い距離の工事を各所に亘って見ることは不可能でしたが、浜松いなさJCT~三ケ日JCT間の連絡路は何度か通い、工事過程を見ることができました。

従って今日の開通は感慨ひとしおです。その感触を早く味わってみたいと思っていたところ、4月16日御殿場側より三ケ日側へ走る機会がありました。

御殿場ICは今までの東名ICと同じです。料金所を入ってから新東名・東名を選びます。表示板が出ているので、そのように走ればなんらまごつくこともありません。

片側2車線で路肩も広く取ってあり、快適に走れます。SA付近などは、ところどころ3車線になっています。今日はなるべくゆっくり走りました。一昨日の開通日と昨日の日曜日はSAに入るにはかなりの渋滞があったようです。

今日は少しは空いてきていると予想し、3つのSAに寄ろうと思っていました。まず駿河湾沼津SAです。渋滞となっていました。結局1時間20分かかって入りました。

駐車場は思ったより狭いようでした。ここで昼食をとりましたが、待ち時間が長く掛かりました。混んでいるというよりまだ手際よく行かないようです。仕方ないことでしょう。

Dsc02558 駿河湾沼津SA

Dsc02560 駿河湾沼津SAから駿河湾の眺め

あと2つのSAは渋滞情報によると、やはり混んでいるようなので止めにしました。途中眠くなり藤枝PAで仮眠をしました。ここはすぐに入れました。SA、PAで寄ったのはこの2つでした。

Dsc02561 藤枝PA

浜松いなさJCTも表示板通りに行けば迷うことはありません。下図に浜松いなさJCTを示しておきます。

Jancshontoumeisintoumeikaitu2_2

新東名は直線に近く、勾配が小さく、道路幅も広いので、圧迫感が無く楽にゆったりと走れるように思いました。

立派な道路が出来上がりましたが、自然との調和は保ちたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

身延山久遠寺の枝垂桜

原間のイトザクラを見たあと、身延山久遠寺の枝垂桜を見に行きました。原間のイトザクラから15kmほどです。ここは大変な人出で直接は行けません。臨時駐車場が離れたところに設けてあり、シャトルバスで行きます。

バスは20分待って乗れました。5分ほどで身延山に着きます。そこから三門を通り、あの長い階段を登ることになります。数えたら284段ありました。287段が正しいようです。

Dsc02484 三門

Dsc02482 長い階段

疲れて本堂前に着きました。時刻は13:30です。枝垂桜は見事に咲き誇っていました。昨日が9分咲きだったということですから、今日は一番よいときでしょう。

Dsc02454 久遠寺の枝垂桜

Dsc02474_2 満開の枝垂桜

Dsc02462  青空に映える枝垂桜

Dsc02464 表示

Dsc02478 久遠寺境内

前にも桜のとき来ていますが、その頃はデジカメも無く、よい写真をHPに載せることはできませんでした。少しはましな写真を載せることができると思います。

樹齢400年ということですが、美しさも失われていませんし、樹勢もあります。素晴らしさは何にも変え難い思いがします。しばらくは見惚れてしまいました。

また階段を下り、14:30にシャトルバスで駐車場まで戻りました。昨日の日曜日は今日の倍の人出であったということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原間のイトザクラ

本郷の千年ザクラを見たあと、原間のイトザクラを見に行きました。本郷の千年ザクラから10分ほどで行けます。

こちらはたくさんの人と一緒になりました。それはマイクロバスで写真を撮る人と一緒になったからです。狭い場所なので車を置くのに苦労をします。タクシーも来ています。

このイトザクラはちょうど満開で見事なものでした。場所が狭くなかなかよい写真が撮れません。樹齢200年ということです。素晴らしい桜で元気をもらいました。

Dsc02440 原間のイトザクラ

Dsc02436 色が出ていませんが姿・形は立派な桜です

P4090006 別のカメラで撮った原間のイトザクラ

Dsc02432_2 標識

P4090007 地面まで届きそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本郷の千年桜

急に思い立って山梨県の一本桜を見に行きました。南部町原間のイトザクラ、南部町本郷の千年桜、身延町久遠寺の枝垂桜です。

朝電話で開花状況を尋ねてみました。原間のイトザクラ、久遠寺の枝垂桜はちょうど満開、本郷の千年桜は3分咲きということでした。

この3本は比較的近くにあるので、是非今日見ておくことにしました。そんなことで家を出たのが9:10です。東名から富士川街道の国道52号を行きました。

4月14日に新東名が開通すれば、富士川街道の途中のところで出合うことになります。よく通りましたが、これからはまずそこまでは通らなくなるでしょう。

最初に本郷の千年桜に行きました。まだ3分咲きということです。家から約170kmあり、ちょうど12:00に着きました。

丘の上にあり、それは見事な桜でした。観光課で教えてもらったとおり、まだ早いようです。しかし樹齢600年という幹は風格を漂わせていました。4人ほどが居ただけでした。

Dsc02428 本郷の千年ザクラ

P4090004 標識

P4090003 千年ザクラの幹 風格があります

P4090001 カメラを代え方向を変えて見た本郷の千年ザクラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

吉祥桜

吉祥山林道途中に一本桜があります。家から30分くらいのところにあるので、見に行ってきました。ちょうど満開で青空に映えていました。吉祥桜と名付けられ、地元の人たちに愛されています。

Dsc02413 吉祥桜

Dsc02409 吉祥桜

満開で青空、ここ数年見に来ていますが、今までで一番条件がそろって見事でした。地元の人が手も入れていますが、いつまでも咲き続けてもらいたいと思います。

天気がよくここまで来たので、吉祥山にも行ってみました。今年は2月4日雪のときに登っています。登るというほどの山でもなく25分で頂上です。

やはり今までに無い展望でした。真っ白に雪をかぶった南アルプスの聖岳・赤石岳がくっきりと見えました。昨年登ったばかりです。

Dsc02416 聖岳(右)、赤石岳

その前方には、これも先日登った宇連山、明神山が見えます。吉祥山にはぶらりとときどき来ていますが、今日は特別山がはっきりと見えます。

Dsc02417 左から宇連山、鳳来寺山、明神山

5人に会いましたが、頂上であった若い人は赤岩電停から赤岩尾根、本坂峠、中山峠、平尾山、大原調整池(五葉の森)、吉祥山そしてこれから桜淵まで行くということです。

吉祥山まではすでに25km歩いたということです。アップダウンの激しい道をここまで来ただけでもびっくり、軽い足どりで早々に下って行きました。

Dsc02423 頂上から北方向の山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

姫街道桜

姫街道桜も満開となりました。本坂トンネル三ケ日側を出てすぐに左に行く旧道があります。100mほど行くと表示板があり、見事な桜が目にはいります。

3月30日に逸勢桜が満開になりましたが、1kmほど離れたところにあり、この姫街道桜は約10日ほどずれて満開となります。

Dsc02397 満開の姫街道桜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

慶寿寺の枝垂桜

1本桜に心惹かれるものがあり、訪れています。1本桜は江戸彼岸桜、山桜が多いですが、樹齢を重ねた木というのは感動を覚えます。

静岡県島田市の慶寿寺に樹齢100年のシダレザクラがあります。今年は花の咲くのが遅れているので、満開になるのはこれからだと思っていました。

島田市市役所の観光課に聞いてみると満開は2日だったということです。しかしまだ観られるというので行ってきました。距離は85kmありました。

シダレザクラは満開の時期は過ぎて葉も出始めていました。それだけでなく樹勢も衰えています。幹の一部も折れ、手当てしてありました。

Dsc02392 慶寿寺のシダレザクラ

以前は立派だったでしょうが、台風に遣られたり、年月を経ているのでどうしても衰えます。しかし幹を見ていると風格を感じます。何か命を与えられる思いがします。

Dsc02394 別角度からのシダレザクラ

Dsc02389 説明板

今川範氏が現在の慶寿寺がある場所に城砦を構えたときに植えたとされており、今の桜は2代目ですが、説明板の大きさより小さくなっているようでした。県天然記念物に指定されています。

Dsc02390 慶寿寺の枝垂桜の碑

今では若い桜がたくさん植えられており、そちらの勢いがよく、目立たなくなってしまっています。ぼんぼりが飾られ桜祭りのようでした。

Dsc02395 他の桜も満開でした

今まで出会った1本桜の中にも、樹勢が衰えていたり、その後枯れてしまった木もありました。今枯らしてしまっては申し訳ない気がします。大事にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

報復テロ絶滅へ 16

ウサマ・ビンラディンが殺害されて4月2日で11ケ月経ちました。忘れてはいけないことと思って月ごとに触れるようにしています。

3月11日に米兵が住民に銃を乱射するという、とんでもない事件が起きました。この事件は国際治安支援部隊(ISAF)所属の米軍兵が民家を襲撃して子ども9人や女性を含む住民を17人を殺害した事件です。

この兵士は精神に錯乱を起こしていたようにも書かれていましたが、コーラン焼却事件との関係は今のところ分かりません。

そして3月27日の新聞に、またまた報復殺害の記事が載っていました。「26日アフガン人警察官がISAFの米兵1人を殺害した」 

「以前にアフガン国軍の制服を着た男がISAF兵士2人を射殺した事件で、国軍当局者は、犯行後に射殺された犯人の男が国軍所属と確認した。アフガン治安当局者の発砲によるISAF隊員の死者は3人になった。 これはタリバンが報復を認めている。」

「このようにアフガンでは国民兵士や警察官が外国軍兵士を射殺する事件が相次いでおり、治安要員の中にタリバンが紛れ込んでいる可能性が指摘されている」 ということです。

コーラン焼却事件は2月20日頃、このあと報復事件が相次いでいます。米兵の住民襲撃事件は3月11日、今度はこの事件の報復が続いています。

事件が事件を呼び、留まるところを知りません。ビンラディンが殺害されて11ケ月経ちましたが、懸念したとおり報復に報復が繰り返されてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »