« 石戸蒲ザクラ | トップページ | 山高神代桜 »

2012年4月17日 (火)

わに塚の桜

韮崎市にある「わに(王仁)塚の桜」の開花状況を4月12日に問い合わせたところ6分咲きになったと言うことで4月13日に見に行ってきました。

隣の北杜市には日本3大桜の「山高の神代桜」があります。また「神田の小糸桜」もあります。この2本も問い合わせたところ「山高の神代桜」は7分咲き、「神田の小糸桜」はつぼみということでした。

東名から身延を通る富士川街道を行きました。増穂から中部横断自動車道に乗り、韮崎で降ります。10分ほどでわに塚に着きます。

塚の上に見事な桜がありました。もう満開です。いかにも一本桜という雰囲気です。ここからはこの時期雪をいただいた八ヶ岳が見えます。雪山と桜は実によく似合います。

Dsc02495 わに塚の桜

Dsc02494 八ヶ岳と桜

Dsc02500 花と雪山

Dsc02497 桜の下も美しい

説明によると樹齢300年、幹周り3.6m、樹高17mのエドヒガンザクラで市の指定天然記念物ということです。

とにかく形が素晴らしく、ポスターやタイトルバックにも起用されているそうです。一本桜の醍醐味をつくづく感じさせてくれます。素晴らしい木でまた寿命が延びました。

Dsc02489 これ以上は無い光景

土曜日でもあり、満開も近いということで、多くの人が見に来ていました。
わに塚というのは日本武尊の王子が埋葬された場所ということからきているそうです。

今日は最高の条件でした。説明をしている人の話では花のとき八ヶ岳が見えることは少ないということです。花は満開。風もありません。カメラマンが7・8割いるでしょうか。翌日は雨となりました。

Dsc02492 もう一度桜と雪山

|

« 石戸蒲ザクラ | トップページ | 山高神代桜 »

桜・藤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わに塚の桜:

« 石戸蒲ザクラ | トップページ | 山高神代桜 »