« 今日の釣果 | トップページ | スイス »

2012年5月28日 (月)

報復テロ絶滅へ 18

ウサマ・ビンラディンが殺害されて1年1ケ月が経とうとしています。忘れてしまうことのないようにこのことに触れています。今日もニュースの受け売りとなります。

今日の新聞に「国際治安部隊が民家誤爆 子ども含む8人死亡」という見出しで「26日、アフガンに駐留する国際治安支援部隊(ISAF)が、アフガン東部の民家を誤爆し、子ども6人を含む一家8人死亡した。

地元当局者らが誤爆の事実を確認し、一家は反武装勢力タリバンやテロリストグループと関わりがないことを認めた。ISAFの報道官は事実関係を調査中とした。

ISAFはタリバン掃討作戦を進めているが、誤爆によるアフガン市民の犠牲が絶えない。今月7日にも同国南部で少なくとも子ども5人を含む計6人が死亡。ISAFに対する市民の反感が高まっている。

一方アフガン南部で26日、ISAFメンバー4人が爆弾攻撃により死亡した。」(概要)

このようなことが続いています。あってはならない誤爆が頻繁に起き、子どもたちが犠牲になっています。子どもが犠牲になるなど許されないことです。

最新技術・情報探知力をもつ国際治安支援部隊(ISAF)はよく誤爆をしますがどうしてでしょうか。ともあれ報復を即時止めることです。

コーラン焼却事件以来中断している、アメリカとタリバンの交渉はどうなっているのでしょうか。子どもが犠牲になっているようなことが起こっているなら、何が何でも交渉を即時行うべきです。

|

« 今日の釣果 | トップページ | スイス »

報復テロ絶滅へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報復テロ絶滅へ 18:

« 今日の釣果 | トップページ | スイス »