« 東日本大震災 34 | トップページ | 乳岩・鳳来湖 »

2012年5月17日 (木)

トイレ修理記  続

4月26日のブログのトイレ修理記の続きです。
4月26日の修理のときレバーの棒が折れており、ホームセンターへ行きましたが、この規格部品はありませんでした。メーカーから取り寄せるようにしました。

Dsc026311 折れていたレバー

折れておりましたが、強く差し込むと下の写真のようになり、抜けることも無く使えておりました。

Dsc02783 上の写真のパーツを組み立てるとこんな風です

便器の製品番号を書いて持って行きましたが、後で電話があり、便器でなくタンクの製品番号が必要ということです。

トイレというのは便器とタンクはペアーになっていて、便器が決まればタンクも決まると思っていました。便器とタンクはいろいろ組み合わせが出来るということです。

Dsc02788 タンク左下に張ってある製品番号のラベル

この番号を知らせて部品の来るのを待っていましたが、やっと今日部品のレバーが来ました。取り付け方の説明書が入っているので、付けるのに迷うことはありません。

しかしいろいろなタイプのタンクに取り付けれるよう、部品が入っているので、余った部品がいくつかありました。これらは無駄になってしまいます。

Dsc02787 新しく取り付けたレバー

変えたからといって水の出が変わり、良くなったということはありません。元と同じです。こんな修理でもいろいろなことがあり、発見がありました。

|

« 東日本大震災 34 | トップページ | 乳岩・鳳来湖 »

日曜大工」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トイレ修理記  続:

« 東日本大震災 34 | トップページ | 乳岩・鳳来湖 »