« 新東名開通後 | トップページ | 神石山 »

2012年5月21日 (月)

金環日食観測記

豊橋での金環日食の時間は分かりませんでしたが、名古屋での金環日食の時間は7:30から7:33までということでした。日食の始まる時間は6:18、終わるのは8:57ということです。

932年振りということなので、是非見ておきたいと思っていました。6:00頃空を見ると上空は青空も見えますが、東の方向は雲があり、太陽は見えません。

時間が経つに従って、どんどん雲が多くなってきました。7:00頃には雲も厚くなり、雨さえ降りそうな感じです。

もうこれは無理だと思って、テレビ観測にしました。テレビはどの局も金環日食1色の生放送、海外、空、山頂、国内各地あらゆるところから中継されています。

しかし肉眼の直接観測とでは感動は全く違います。雲があってはどうしようもありません。これが自然というものです。

テレビでは居ながらにして、金環日食を堪能させてくれます。しかしどうも消化不良のような感じです。

7:10、テレビを見ながら空を見ると相変わらずの厚い雲です。テレビは金環日食の時間が早い西の方からの映像を、至れり尽くせりで映してくれています。

太陽、月、地球の存在、位置関係などただ畏敬の念を持つのみですが、千に1つの偶然が重なっているとしか思えません。

7:30名古屋で金環日食の始まる時間です。ふと気が付くと部屋に太陽の光が差し込んでいます。カメラを持って太陽を見に行きました。カメラは普通のデジカメです。

とくにマニアでもないので、カメラの特殊な準備もしてありません。太陽を映しても形は写らず明るい光の束となるだけです。金環の時間は逃してしまいましたが、幸い雲があって日食の写真はやっと撮れました。

Dsc02857 日食の太陽

Dsc02856 金環日食の後です

お粗末としか言いようの無い写真ですが、これでもかなり幸いしています。このときになって太陽が見えたこと、好天であれば写らなかったであろうこと、自分では満足しています。

約千年振りの天体の神秘、これを見られただけでも奇跡です。次に日本の広範囲で金環食が見られるのは2312年4月12日ということです。

5月22日 追記
金冠日食を見そびれ、撮影も間に合わなかったと思っていましたが、今日の新聞によると豊橋では金冠日食のときは雲があり見えなかったようです。

|

« 新東名開通後 | トップページ | 神石山 »

見学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金環日食観測記:

« 新東名開通後 | トップページ | 神石山 »