« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

エアコン付け替え

実家に使わなくなったエアコンがあったので取り付けました。

まず室外機からパイプや電源コードを外しますが、パイプにはオイルが付着していたりするので、強制冷房にして高圧側(細いパイプ)、低圧側(太いパイプ)それぞれ六角レンチで止まるまで閉めます。パイプ、電源コードを外します。

次に室内機を壁から外します。室内機は吊るしてあるようになっているので、持ち上げるようにすると外れます。パイプが付いているので、配管穴から引き抜くのに苦労します。

P7310001 外した室内機

次に取り付けです。室内機取り付けは据付版があるので、これを取り付けます。壁の木のあるところにビスでとめます。木の無いところは補強をする必要があります。据付版が振動しないよう4角もとめるようにします。

P7310003 壁に取り付けた据付版

今回付けたのは以前付いていたところへ付けたので、パイプを通す配管穴は開いています。パイプを配管穴に差込み外へ出します。

P7310005 室内機を壁に取り付けました

室外機、室内機のパイプを接続します。ここでパイプの空気を抜くことをします。これは真空ポンプを使うやり方と、感によるやり方(これはお勧めできません)があります。

後は電源コードを繋ぎ、主な作業はこれで終わりです。

P7310009 パイプ、電源コードを繋いだ室外機

作業も以前付いていたところへ付けるのは楽ですが、新たに付けるところでは配管穴を開けたり、アンペア数の大きいコンセントを設置したりでたいへんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月29日 (日)

霞沢岳

7月27・28日 霞沢岳 に行ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

釣り

今日は暑い日でした。涼みがてら夜釣りに行ってきました。相変わらず釣れていないらしく近くでは1人が釣っているだけでした。

1月半振りに釣れましたが、カワハギと小さなチンタです。魚の種類など言ってはおれません。とにかく釣れれば上等です。

P7250002 カワハギとチンタ

えさは釣れないので残っており、1ケ月前に買ったえさです。海水を変え、冷蔵庫に入れておくと生きています。これから釣れ始めるようになるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

南八ヶ岳 西岳

南八ヶ岳 西岳 に行ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

富士見岩

久しぶりに富士見岩まで歩いてきました。登り口はいろいろありますが、蛇穴から登りました。

Fujimiiwajaana2

蛇穴 - (35分) - 頭浅間神社 - (35分) - 富士見岩 - (鉄塔コース 55分) - 蛇穴 

蛇穴は鍾乳洞で狭いですが奥まで入ることができます。古代人の遺跡も出てきました。

P7160006 嵩山(すせ)蛇穴

植林された道を行きます。展望はありません。このところ雨で、大変蒸し暑くすぐ汗まみれとなりました。足、腹、頭の各浅間神社がありますが、足と腹は通りません。頭浅間神社に着きました。

P7160008 頭浅間神社

ここからは尾根道を歩きます。20分ほど歩くと浜名湖の展望がよいところに出ました。

P7160009 浜名湖

さらに15分ほどで富士見岩です。岩の上に3人がいました。天気がよければ、富士山や南アルプスが見えるのですが、かなり厚い雲があります。

P7160011 富士見岩頂上

P7160010 富士見岩から富士山方向

登山道には花も咲いています。

P7160012 オカトラノオ

途中から鉄塔沿いの道を下り、蛇穴に戻りました。

ここからはまったく別の内容になります。今日はトムラウシで9人死亡の遭難事故が起きてちょうど3年目です。遭難事故は平成21年7月16日におきました。

今日の中日新聞に出ていましたが、新聞記事は「捜査が進展していない」という内容でした。捜査の進まない1つは「そのときのガイドの精神状態が回復していない」ということです。

ツアー登山についての私見を書きます。私は高い山へのツアーはなじまないという思いを持っています。

理由ですが、ガイドが先頭に立ち、そのあとをツアー客が続くということが多いですが、体力・年齢・性別など、もともと差のあるグループです。弱い人はどうしても一番後ろになりがちです。

一番前を歩くのと、一番後を歩くのでは後のほうがなぜか疲れるのです。弱い人が前を歩くようにしているのでしょうか。しかし、これで解決するわけではありません。

ツアーは日程に縛られる思いがどうしてもあります。ついつい無理をしがちになります。進むのか、留まるのか、戻るのか ツアー客の中では体力に差があるのですから、いろいろ思いがあります。

ガイドの適切な判断、これも後になって分かることで、そのときに見知らぬ同士のツアー客に対して正しい判断をすることができるのでしょうか。弱い人は強い人に従うような状況が作られてしまうようなことはないのでしょうか。

学校登山も同じです。ただし低い山はまったく別です。むしろ行うべしです。小学生が賑やかに登ってゆくのは微笑ましく思います。

高い山へは、ツアーはなじまず、危険をはらむと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

東日本大震災 37  原発13(太陽光発電)

今日は東日本大震災から1年4ケ月です。せめて11日という日を忘れないようにしたいと思っています。

昨日の新聞に「太陽光発電 効率アップ 新素材で2~3倍に?」という見出しの新聞記事がありました。

京都大のグループが熱や光のエネルギーを効率よく特定の光に変換できる素材を開発した。太陽光発電に応用すれば、発電効率が2,3倍になる可能性がある。(中略)

一般的なシリコン製の太陽電池では太陽光のエネルギーの約20%に当たる近赤外線を主に使って発電している。(中略)

新素材では厚さ2マイクロメートルの膜に、直径4マイクロメートルの穴を規則的に配して、熱エネルギーを効率良く遠赤外線に変換して放出することに成功。(中略)

Taiyoudennti

膜の成分を変えれば、放出する光の種類を変えられるため、近赤外線を出す素材を作ることも可能という。(中略)

その素材を介せば、太陽電池の発電効率は40~70%に上がるという。(以下略)

以前のブログにも書いたように原子力発電に変わる発電として、太陽光発電に一番注目しています。

太陽光発電に期待する1つには、その素材の進歩には目を見張るものがあるからです。1年に満たぬ単位で著しい進歩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

また腎臓結石

7月3日にまたひどい腹痛となりました。間歇して痛みが来るので、残っていた座薬で凌ぎました。

これはまた腎臓結石かと思い、翌日病院の泌尿器科に行きました。レントゲン写真で石があるということでした。座薬を20もらいました。

とにかく座薬の鎮痛剤で抑えるしかないようです。この痛さはひどいものです。あとは石の出を待つだけです。

この痛さは7月7日まで5日間続き、やっと痛さが治まりました。おそらく石が尿管を下りたのでしょう。石は腎臓→尿管→膀胱と移動し、尿管を通るときが痛いのです。

しかし今度は長く掛かりました。覚えでは腎臓結石は4回目ですが、これまでは痛みは1日あるいは2日でした。

その後、石が出るかと気をつけていましたが、遂に出ました。今日(10日)石が出ました。前回のときより少し大きいようです。

P7100005今回出た石

前回(平成22年10月)のときの石は、下写真のような大きさでした。やはり石が大きいと尿管を下りるのに時間が掛かり、痛い期間も長くなるのでしょうか。

Pa220005前回のときの石

結石のできる間隔はいろいろです。今までで一番短かったのは5ヶ月、長かったのは7年です。今回は1年10ヶ月でした。いつ痛みが襲ってくるか全くわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »