« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月27日 (木)

富士見岩

今冬一番の冷え込みとなりました。しかし天気は快晴、富士山が見えるのではないかと思い、湖西市のおじば公園から富士見岩を歩いてきました。

こういう日の里山歩きは身も引き締まり爽快です。手袋や耳あてが必要です。風もなく助かりました。途中の岩場から浜名湖もよく見えます。

Dsc03849 鉄塔越しに富士見岩

Dsc03861 浜名湖、島は礫島、遠くにアクトシティー

55分で頂上に着きました。期待したとおり富士山も見えます。南アルプスの聖岳、赤石岳、塩見岳など雪をまとい、特にきれいにみえます。

Dsc03852 富士山

Fujimihijiri 南アルプスの山々

昼頃歩きましたが、朝歩けばもっと鮮やかであったろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

東日本大震災 43

東日本大震災発生後今日で1年9ヶ月が過ぎました。東日本大震災のことが薄らいでゆかないよう自分を戒めるため記していますが、断片的なことしか書けません。

2時間ほど掛かり軽トラで自家製の野菜を届けている年配の元トラック運転手、東京から週末に被災地に赴き診療を続けている女医さん。寒さの増す中今でも遺体を捜し続ける潜水士の方々。

当方が知らないだけで、こういう方はまだまだたくさんいることと思います。とかく目前の出来事に目が行きがちになりますが、人知れず地道に支援を続けている方々が多くいることを心強く思い、深く尊敬いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 4日 (火)

小槌のイチョウ

今年も豊川市金沢大和の大イチョウが新聞に出ていました。毎年見ていますが近くでもあり、吉祥山と方向が同じなので山も歩きながら見てきました。

まず、吉祥山に行きました。一番近い林道からです。楽ちん歩きですから、どうということもありませんが、手袋や耳あてがいる季節となりました。

Dsc03827 頂上、右は本宮山

Dsc03825 左 宇連山、中 鳳来寺山、右 明神山

小槌のイチョウは盛りを過ぎようという頃でした。葉もかなり落ちていました。小生はこのイチョウは打出の小槌に似ているので「小槌のイチョウ」と呼んでいます。

しかし2009 10/8の台風で枝が折れ、葉の数も少なくなり、その年はひどいものでした。しかし、翌年の2010にはまた前のようになりました。

今年は2010より枝も葉も少なくなったようです。小槌も片側が欠けたようになりました。日の当たらない側から見るとかなり隙間ができ、葉が少なくなっているのがよく分ります。これは散ったせいばかりではないようです。

Dsc03833 小槌のイチョウ1 (2012 12/4)

Dsc03829 反対側からの小槌のイチョウ2 (2012 12/4)

Dsc07515 (2008 12/4)のときの小槌のイチョウ 上の2の写真と同じ方向から

Pb270013 (2010 11/27)のとき小槌のイチョウ 上の1の写真と同じ方向から

小生は巨木に会うのが好きです。桜であれ杉であれ、頑張っている姿に畏敬の念を覚えます。500年1000年を経てきた木が、ここ数十年間で枯れてゆくのが多いような気がしてなりません。そんなことでなければ良いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

普門寺紅葉

普門寺紅葉まつりが毎年12月の第一土日に行われています。神石山稜線の峠を越えて行ってきました。45分ほどで着きます。

毎年来ていますが、今年の紅葉はよいほうです。今日は曇りなので晴れていれば、また一段と映えた事と思います。

Dsc03813 紅葉1

Dsc03815 紅葉2

Dsc03820 紅葉3

Dsc03822紅 葉4

今日は今年1番の冷え込みでしたが、店も出て多くの人で賑わっていました。豊橋付近で紅葉が見られるところはそんなに多くありません。

この普門寺も台風で傷みつけられ、枝が折れたりしましたが、復活してきました。いつまでもきれいな紅葉が見られることを願っています。

Dsc03824 紅葉まつり賑わい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »