« 竜ケ石山・三合山 | トップページ | 浜石岳 »

2013年2月26日 (火)

豊橋自然歩道 3

豊橋自然歩道1豊橋自然歩道2の続きです。2で座談山、船形山の鞍部から普門寺へ抜ける道があるように思えたので今日行って見ました。

葦毛湿原から登りました。この駐車場はいつ来ても車がいっぱいです。山に入ると、車ほどに人には出会いません。それぞれ行きたいところに分散しているようです。

Dsc04261 葦毛湿原駐車場の車

座談山からは霞んでいて富士山は見えませんでした。昨日はよく見えたということです。遠州灘は二川市街の向こうに見えます。

Dsc04263

座談山からの太平洋

結果はそのような道はありませんでした。鞍部からの道はすぐに尾根道に戻ってしまいました。そこで鞍部から、この前歩いた大脇登山口方向の道を行き、雲谷山へ出る道を歩き、一周することにしました。

Dsc04187 座談山、船形山の鞍部

葦毛湿原登山口ー(50分)ー座談山ー(5分)-鞍部ー(25分)-分岐ー(15分)-尾根分岐ー(10分)-一息峠ー(15分)-林道出合ー(35分)-葦毛湿原登山口

Toyohasisizennoowakitearai

鞍部から大脇登山口の分岐に出る道は、南側の道なので日も当たります。人も少なく、鳥のさえずりを聞きながらのんびり歩けます。道もきれいに直してくれてありました。この前作業されていた方はもう居ませんでした。

Dsc04265 整備されている大脇登山道

分岐から座談山の尾根に出、来た道を戻って行きました。一息峠に手洗方向という道標がありました。この道は歩いたことがないので、この道を下りることにしました。

Dsc04268 一息峠の道標

下のほうでは車道を歩くことは分っていましたが、そんなに長くありません。手洗方向の道は踏み跡が薄くテープもありません。やがて道もなくなり、植林をされているところに出ました。

若木を守るため、ネットがしてあります。もう道は完全になくなっています。この植林をされた中を下りて行きました。

Dsc04270 ネットが張られ植林された山の斜面

砂利道の林道を行くとやがて舗装となり、いつも神石山に登るとき通る見覚えのある道に出ました。車道を35分歩き、葦毛湿原登山口まで戻りました。

やはり違ったところを歩くと、発見や冒険もあり新鮮な気持ちで歩けます。2時間35分の山歩きでした。

|

« 竜ケ石山・三合山 | トップページ | 浜石岳 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊橋自然歩道 3:

« 竜ケ石山・三合山 | トップページ | 浜石岳 »