« 兎荷山・三岳山 | トップページ | 東日本大震災 45 »

2013年2月 3日 (日)

赤岩尾根 裏山散策

家から見える赤岩尾根の西の端を歩いて来ました。ここには豊橋市立高山学園横の赤岩自然歩道入口から入れます。

Dsc04116 家の窓から見た赤岩尾根西端の尾根

Dsc04092 赤岩自然歩道入口

5分も歩けば四辻となります。これを右に行けば遥か先で多米峠となります。直進した道は旧鎌倉街道となっています。

Dsc04096 登山道四辻

Dsc03837 旧鎌倉街道説明板

これを左に行きます。これも5分ほどでピークに着きます。このピークが家の窓から見えた山です。しかしここからは木が繁っていて家は見えません。このピークには以前はアンテナや8つほど石碑がありましたが、いつの間にかなくなりました。

このピークを左の方に行きます。この道も以前はしっかり踏み跡がありましたが、麓が開発され、登山道としてあまり使われなくなったためか、道はなくなりつつあります。

Dsc04097 ピーク地点

分りにくい道をとにかく進んで行くと、展望塔のついた貯水タンクのあるところに出ます。ここも開発中で、下の浄水場の建物のあるところから、道路の取り付け工事が行われています。ここからは豊橋市街もよく見えます。

Dsc04105展望塔のある貯水タンク

Dsc04101 道をつけるための工事

Dsc04099 豊橋市街

ここから登り口のある道路に3分で下りられます。道路を5分ほど歩くと登り口のところとなります。その途中のところで東三河環状線の牛川トンネル工事をしています。

現在はトンネルまでの道路ができ、トンネル工事は平成25年10月開始、完成は平成27年、供用開始は平成28年の予定です。長さは630m、暫定2車線、片側歩道付きとなります。

工事は多米側より牛川側へ進め、NATM工法[(New Austrian Tonneling Method) 吹付コンクリート・ロックボルトを使う方法]で行われるということです。

Dsc04110 トンネル掘削地点

Dsc04114 トンネルに繋がる道路

牛川トンネルの両側は既に何年か前に立派な道路ができていて使用されています。この東三河環状線は豊川ICに繋がります。豊川IC付近も既に出来上がっています。トンネルが通れるようになるのはまだまだ先のことです。

|

« 兎荷山・三岳山 | トップページ | 東日本大震災 45 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤岩尾根 裏山散策:

« 兎荷山・三岳山 | トップページ | 東日本大震災 45 »