« 豊橋自然歩道 1 | トップページ | 豊橋自然歩道 2 »

2013年2月16日 (土)

報復テロ絶滅へ 28 

「報復テロ絶滅へ」のブログも28回目となりました。このブログも忘れないようにと思い、その関連記事が新聞にあるときに書いています。

この「報復テロ絶滅へ」というのは、アメリカ同時多発テロが2001年9月11日に起こり、ウサマ・ビンラディンが2011年5月2日に殺害されました。その後も報復に報復が続いています。この互いの報復が何とか無くならないかという思いからです。

この事件が起きたときは頻繁に報道されていましたが、時が経つにつれてそのニュース性が薄れてきて、報道も少なくなりました。しかし報復が減っているわけではありません。

今日の中日新聞7面に「アフガン 米軍の軍事行動で子ども数百人死亡 国連委報告、過去5年間」という記事がありました。

「国連子どもの権利委員会は、アフガニスタンに駐留する米軍の軍事作戦により、過去5年間で数百人の子どもが死亡したと報告した。(中略)
国連の統計では2011年、北大西洋条約機構(NATO)やアフガン軍の空爆で110人の子どもが死亡、68人が負傷した。委員会は子どもを巻き添えにする軍事作戦を中止するよう警告した」(以下略)

どんな死であれ、子供の死というのは一番心が痛みます。報復で子供が死ぬというようなことは、あってはならぬことです。まだ増えるのでしょうか。もう何年続いているのでしょうか。子どもを巻き添えにするような軍事作戦は許されぬことです。

アメリカとタリバンの交渉は再開されているようにも聞きましたが、行われているのでしょうか。子どもが犠牲になっているようなことが起こっているなら、一刻も早く解決してほしいと思います。

|

« 豊橋自然歩道 1 | トップページ | 豊橋自然歩道 2 »

報復テロ絶滅へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報復テロ絶滅へ 28 :

« 豊橋自然歩道 1 | トップページ | 豊橋自然歩道 2 »