« 逸勢桜 | トップページ | 座談山のカタクリ »

2013年3月21日 (木)

報復テロ絶滅へ 29 (パキスタン少女8) 

今日の中日新聞5面に、パキスタン少女マララさんの記事がありました。

「女性が教育を受ける権利を訴えてイスラム武装勢力に銃撃され、英国の病院で手術を受けたパキスタン人少女、マララ・ユスフザイさん(15)が19日英中部バーミンガムの女子高校に初登校した。

マララさんは“学校に戻るという夢がかない、とても興奮している”と喜びを表現した。(中略)マララさんは2月に退院。自宅から通院し、体調を整えていた。(以下略)

Dsc04357 新聞記事写真のマララさん

マララさんは銃撃されてから後、回復に関しては良いことが続き、こんなに好ましいことはありません。

そもそもマララさんが銃撃されたのは、女子教育を禁止するタリバンの支配下でも消えないマララさんの強い学習への意欲があったからです。

国内外で、反響を呼び、有名になったマララさんを、タリバンは標的リストに入れました。しかし、「怖いけど立ち向かっていく」と屈しませんでした。

マララさんの強い学習への意欲はここに実現しました。これはマララさん個人の希望が実現されたということだけではない、大きな意味があります。

世界から注目され、回復状況がこのように順次報道されてきました。この回復はマララさんの強い意志もさることながら、平和を願う世界の人たちの強い思いでした。

こんな心強いことはありません。これが平和へと向かう大きな流れであることを祈ってやみません。

|

« 逸勢桜 | トップページ | 座談山のカタクリ »

報復テロ絶滅へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報復テロ絶滅へ 29 (パキスタン少女8) :

« 逸勢桜 | トップページ | 座談山のカタクリ »