« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月28日 (日)

鳳来寺山

このところ山歩きから遠ざかっていましたが、鳳来寺本堂まで歩いてきました。山歩きというほどでもありません。40分ほどの石段歩きです。

レストラン「かさすぎ」横の駐車場に車を置き、登山口までの参道を5分ほど歩きます。この参道は昔の面影が残っており、心癒されます。しかし寂れる一方です。

Dsc04630 鳳来寺山登山口

今日はゴールデンウィーク2日目、子供たちも多く賑やかです。天気もよく若葉の中を登ってゆくと、10分ほどで「傘すぎ」と名づけられた大きな杉の木に出合います。樹齢は800年ほどです。

Dsc04631 傘すぎ

さらに20分ほど登ると、モリアオガエルの産卵場所があります。しかし時期が早く、白い泡はまだ見られませんでした。5月~6月が産卵期です。

Dsc04634 モリアオガエル産卵場所

さらに10分ほどで鳳来寺本堂です。ホソバシャクナゲがきれいに咲いていました。

Dsc04638 ホソバシャクナゲ

Dsc04637 鳳来寺本堂

鳳来寺本堂広場は多くの人で賑わっていました。この先には鳳来寺山パークウェイの駐車場もあり、そこから来ている人も多いようです。鳳来寺山山頂はさらに40分ほどです。今日はここから来た道を戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

東光寺のふじ

瞬く間に季節の花が移り変わり、やっとふじを見に行ってきました。静岡県牧之原市静波にある東光寺のふじです。ちょうど満開でした。

Dsc04627 満開のふじ1

Dsc04623 満開のふじ2

樹齢110年ほどです。20m四方の藤棚で、長い房は1mにもなります。ふじの幹は太く一本が広がっていました。このふじは大正4年、磐田市の熊野(ゆや)の長藤から採られました。熊野の長藤は、樹齢800年、長い房は1.5mにもなり、見事なものです。

Dsc04625ふじの幹

Dsc04626 ふじの説明版

この東光寺のふじから採られたふじが吉田町の林泉寺にあります。樹齢50年ほどで熊野の長藤からは孫のふじということになります。

平成21年にいずれのふじも見に行きましたが、そのときの東光寺のふじは、台風で散々でした。それで今日、自然のきれいなふじを見に来ました。管理するのがなかなか大変ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

報復テロ絶滅へ 31 (パキスタン少女10)

今日も新聞記事の紹介です。昨日(4月20日)の中日新聞7面に「マララさん 国連で演説へ」という記事がありました。

「パキスタンで女子教育の権利を求めイスラム過激派に銃撃された少女マララ・ユスフザイさん(15)が今年7月、ニューヨークの国連本部で演説することが決まった。(中略)

自身の16歳の誕生日である7月12日、すべての児童に教育の機会を求めるキャンペーンの一環として、改めて女子が教育を受ける権利を訴える。

マララさんは、イスラム武装勢力“パキスタンのタリバン運動(TTP)”が女子教育を抑圧していることなどをブログで告発。昨年10月、下校途中に銃撃され、英国に搬送された。複数回の手術を経て一命を取り留め、現在は英国で高校に通っている。」

マララさんの記事が、このように続いていることは、世界が注目しているからであろうと思います。マララさんを心から応援します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

報復テロ絶滅へ 30 (パキスタン少女9)

今日の中日新聞3面に、パキスタン少女マララさんの記事がありました。

「女性の教育の権利を訴える活動をして、昨年10月、イスラム武装勢力に頭を銃撃されて重傷を負ったパキスタンの少女マララ・ユスフザイさん(15)が就学支援活動に乗り出すことになった。

4日からニューヨーク市内で開かれていた女性の権利向上について話し合うイベント“世界女性サミット”に寄せられたビデオメッセージで明らかにした。(中略)

ビデオメッセージで、マララさんは“40人の少女らが学校で学べるように支援する。皆さんの力で、最初の40人を400万人へと広げさせて”と呼びかけた。最初の40人は出身地であるパキスタンの村の少女らを対象にする。」

Dsc04595 新聞記事

この活動には米人気女優のアンジェリー・ジョリーさんがマララさんの活動を支援するため、約20万ドル(約1920万円)の寄付をしています。

マララさんは銃撃されてから後、英国の病院での治療が続き、良好に回復して英国の高校に登校するまでになりました。

このマララさんの回復は、平和を願う世界の人たちの強い思いでした。このように元気になるだけで、もう十分だと思っていました。

しかし、さらにマララさんは少女たちの就学支援活動を行うということです。この活動は米国での活動です。平和を願う活動は世界に広がっています。

小生も身近で寄付などの行為が出来るようであれば、是非応援させてもらいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »