« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

赤岩尾根鉄塔

1月8日に赤岩尾根鉄塔まで歩いたとき、たくさんの木にテープが巻いてあり、それらの木は切られるということでした。路面排水工事のためということでした。

どんな工事がされるのか、さっぱり見当がつきませんでした。その後行きませんでしたが、それも見るために赤岩尾根鉄塔まで歩いてきました。

赤岩寺から登ります。展望台から林間公園沿いの道を10分ほど行くと、新しい道ができていました。そこにはこの事業の説明版もありました。

Dsc04926説明版

これまでの登山道は、直登なので大変急でした。新登山道は傾斜が緩やかになるようにジグザグに造られています。旧登山道を何回も横切ります。

快適なすばらしい道となりました。階段もつけられ、木も切られたので、展望もよくなっています。新登山道を25分ほど歩くと尾根道に出ます。

Dsc04932階段の付いた歩きやすい新登山道

Dsc04941新登山道途中からの展望

後はこれまでの尾根道を10分ほど歩くと、鉄塔のあるピークに着きます。南に豊橋市街東部、北に本宮山や石巻山など見えます。

Dsc04934鉄塔のある赤岩尾根ピーク

Dsc04936本宮山(左)、石巻山(右の手前の山)

低い峰ですが、ピークに立つと涼風を感じました。1人が居りました。帰りもまた新登山道を通ってみました。案内板が旧登山道のままになっているので、分かりにくいところもありました。

路面排水工事ということですから、このような新登山道は思ってもいませんでした。新しい道を造るということは複雑な思いがいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

報復テロ絶滅へ 33

繰り返しになりますが、この「報復テロ絶滅へ」というカテゴリー記事は、アメリカ同時多発テロが2001年9月11日に起こり、ウサマ・ビンラディンが2011年5月2日に殺害されました。その後も報復に報復が続いています。この互いの報復が何とか無くならないかという思いから続けています。

今日の中日新聞6面に「アフガン大統領府襲撃 タリバンが犯行声明 和平協議影響も」という見出しで、大きく報道されていました。

「アフガニスタン首都カブールで25日朝、反政府武装勢力タリバンのメンバーが大統領政府などを襲撃し、治安部隊と銃撃戦が起きた。カルザイ大統領は無事だった。

タリバンと米国との和平協議がカルザイ氏の反発で延期される中、米国国務省が24日、先行きは不透明との認識を示したばかり。今回の事件がカルザイ氏を硬化させ、協議実施に後ろ向きの影響及ぶ可能性がある。」

まだ記事は続きますが、タリバンと米国との和平協議は当初は水面下で行われていました。コーラン焼却事件があったときは、まだ水面下協議でした。

当ブログも知りませんでしたが、その後公式協議となったようです。何故、カルザイ氏がこの和平協議に反発したかというと、「和平プロセスはアフガン主導で行われるべきだ」 との立場があるからです。

その通りだと思います。その国をおいて、頭越しの交渉を受け入れることはできないでしょう。米国もその点については配慮し、「米国より先にアフガンがタリバンと協議する手順を容認する」ということです。水面下交渉が公式協議となれば、これが順序というものだと思います。

ただ懸念するのは、政治が絡んでくると、和平の時期が遅れることです。アフガンやパキスタンの人たちの犠牲は何としても食い止めねばなりません。一刻も早い和平が必要です。

水面下でもよし、仏教の教えでもよし とにかく早く解決することだと思っています。子供や一般市民が犠牲になるなど耐えられないことです。

この襲撃事件では、タリバン4人、アフガン部隊隊員3人が死亡しました。民間人がいなかったことは救われます。

追記

翌日(6月27日)の新聞8面に「カルザイ大統領と関係修復電話会談 オバマ大統領」とあり 「アフガン自身が主導する平和と和解のプロセスこそ、暴力を終わらせ、安定をもたらす確かな道として、アフガン政府が反政府勢力タリバンと和平交渉を進める方針を確認した。」(要約)という記事がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

釣り

16日ぶりに釣りに行ってみました。この釣りの季節に、釣りに行かなかったのは、あまり釣れる気がしなかったことと、釣り場が工事をしていたからです。

工事も終わり、様子見に行ってみました。釣り人はあまり居りません。近くでは2人がいたのみです。時刻は夜の8時頃です。

それでも29日振りに小さなチンタが釣れました。小さなのが1匹釣れただけでも、可としなければなりません。それほど釣れないのです。

Dsc04925チンタ

これをきっかけにまた釣りに行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

形原・あじさいの里、国道23号と国道1号接続

花も次の花にバトンタッチし、あじさいが見頃となりました。蒲郡市形原の「あじさいの里」に行ってきました。補陀寺にある5万株のあじさいがちょうど見頃で賑わっていました。

Dsc04906あじさい1

Dsc04908あじさい2

Dsc04911あじさい3

Dsc04917あじさい4

Dsc04918あじさい5

見晴台まで登ると、あじさいの里の向こうには三河大島も見えます。

Dsc04909三河湾に浮かぶ三河大島

説明版によりますと、あじさいは日本原産のガクアジサイが欧米で品種改良され、これが明治になって、逆輸入されたということです。
You tube に動画を貼りましたので見て下さい。

Dsc04919あじさい6

次は全く違った話になりますが、国道23号線名豊道路が、今日15:00 国道1号線と繋がり開通です。名豊道路は名古屋・豊橋間73kmの1号線バイパス道路です。今日開通したのは豊橋東バイパスの細谷IC・1号線接続点間2.5kmです。

あじさいを見終えて豊橋に着いたのが 15:00でした。家の方向でもあるので、混むことは承知で走ってみました。思っていたほどひどい渋滞でもなく15:30頃開通したところを通りました。

1号線との接続のところでは、この23号線との接続の方が主流となり、豊橋市街方向に行こうと思っていましたが、浜松方向に行ってしまいました。湖西市の道の駅でUターンし戻りました。

Dsc04924新たに開通したところを走る

名豊バイパスも残すは蒲郡バイパスの部分だけとなりました。信号1つないこの道路が1号線に変わり、主流となることは確実です。蒲郡バイパスの早い開通が待たれます。

追記 

翌日(6月24日)豊橋市内で常に混み合う国道1号線八丁通りあたりを走りました。感じたのはトラックが少ないのです。これまではトラックが主でした。

やはり、三河港周辺企業への輸送、1号線への迂回路として利用されているようです。これで豊橋市内の慢性交通渋滞も緩和されると思われますが、しばらく様子を見ないことには、まだ分かりません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

神石山

近くの神石山にササユリを見に行ってきました。神石山は今年は2回目ですが、30回ほど登っています。昨年6月27日 に登って、初めてササユリが咲いているのを見ました。

最盛期は過ぎていますが、期待して行きました。登り始めてすぐに2本咲いていました。時季もありますが、昨年見たのは全体で1本だけでした。

Dsc04899咲きかけのササユリ

松林を登って行くと中腹で2本、さらに上の方で2本咲いていました。上の方のは大分しおれかかっていました。

Dsc04901松林の道

Dsc04902中腹に咲くササユリ

今日見たのは6本でした。ともかく昨年より見た数が増え安心しました。もっともっと増えて一面に咲くのを夢見ています。

頂上は2人がいました。少し下の富士山が見えるところに行きましたが、梅雨の間の曇り日、見えるはずもありません。

Dsc04903今日の浜名湖 アクトタワーは見えます

神石山は324mの低い山で、湖西連峰の一つの峰です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

東日本大震災47 原発17 (太陽光発電)

東日本大震災から2年3ケ月が経ちました。被災地に寄り添っていたいという気持ちが薄れがちになります。時が経つほど戒めなければならないと思っています。

今日も新聞記事からです。中日新聞11面に太陽光電池の記事が小さく載っていました。

「変換効率世界1 太陽電池を開発 シャープ」 という見出しで 「シャープは14日、太陽光を電気に変える集光型太陽電池で変換効率44.4%を達成し、米国のベンチャー企業が保持する世界最高記録(44.0%)を更新したと発表した。

記録を更新したのは、大きさが4ミリ四方の太陽電池の発電部品。インジウムやガリウムなど光を吸収する化合物の層を重ねて、太陽光を効率的に電気に変換できるのが特徴。」(以下略)

今は風力発電や太陽光発電が盛んに行われています。どこへ行っても風車を見かけますし、太陽光発電パネルも目にします。

発電方法は他にもありますが、太陽光発電に注目しています。それは以前のブログにも書きましたが、発電パネルに著しい進歩があるからです。現在使われている発電パネルの効率は20%ほどです。

小生の乏しい新聞記事の情報力だけでも、

平成23年11月 36.9%
平成24年 7月 光を新素材の膜を通して、太陽電池にあてると40~70%
平成24年  9月 塗る太陽電池、効率も良い

そして今日の記事です。わずかな期間で大変な進歩です。まだまだ効率UPは確実なことと思われます。

電気は家庭で作るものだ という概念になるかもしれません。そうすれば電柱一つとっても、電線を引く経費、その維持費、景観、交通など多くの利点があります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

光ファイバー工事

パソコンを買換え、ADSLから光通信に変えることにしました。パソコンは既に5月28日に来て、セットアップも済みました。そして今日は光ファイバー配線の工事日です。

電柱から光ファイバー線を引き、家の中の壁の1か所に電源のコンセントと同じようにジャック端子(取り出し口)を設けます。

このとき、線を家の中に引き込むのに、壁に穴をあけたり、這わせのはなるべく避けたいと思いました。

この工事は業者が行うことになっていますが、床下に電線保護管(PF管)を通し、その保護管に光ファイバーケーブルを通してもらうことにしました。

床下にPF管 を通すのは、当方で行っておきます。(PF管の意味は Plastic Flexible の略です。  Plasticは合成樹脂で、Flexibleは可撓ということです。)

Dsc04885PF管

このPF管に針金を通し、床下を通します。床下換気口からPF管を入れました。床下に潜り、そのままジャック端子まででは抵抗があるので、一旦、床下収納箱置き場からPF管を出しました。

Dsc04886換気口よりPF管を入れる

さらに床下収納箱置き場から、取り出し口のジャック端子まで針金を入れたPF管を通しました。PF管をジャック端子の穴に出すのに苦労しました。

Dsc04890床下収納箱に出したPF管と入れたPF管

Dsc04892ジャック端子の場所より出したPF管

PF管の中の針金は両方ともスムーズに動きます。またPF管も移動できます。これなら業者さんも困らないと思いますがどうでしょうか。

工事が始まりました。電柱より引いたファイバーケーブルは針金も使わずにPF管に押し込んで通したようです。壁に端子継続器具を取り付け、工事はこれで終わりです。

Dsc04894端子継続器具

この端子からの線を光ユニット(モデムとルーターと発信機を1つにしたようなもの)に繋げば、あとはこれまでのADSLと同じです。しかしセットアップが必要です。これは業者の方でやってくれるようになっており、工事とは別の人が来ました。

無線ランにしましたが、これは無線ランカードをモデムにセットします。パソコンの方も無線の機能がついていなければ、その機能のセットが必要となります。

Dsc04895光ユニット 上のカードは無線ランカード

光にしたからといって、特に早くなったとも感じません。初めてのことばかりで、まだよく分かっていません。古いパソコンを光で動かしてみても以前よりも遅くなりました。何か間違っているようです。

しばらくしてから動かしてみると、確かに速くなっていました。快適です。古いパソコンは相変わらず遅いですが、以前より遅いということはなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

可睡ゆりの園

袋井市の可睡ゆりの園に行ってきました。このゆりの園は姉妹園が全国11ケ所にあるということです。可睡ゆり園は広さは3万坪で日本最大級ということです。

主に林の斜面に植えられているゆりは、150種200万本です。色ごとに分かれていたり、混合したりして、それは見事なものでした。まずはいろいろなゆりを見てください。

Dsc04858ゆり1

Dsc04850_2ゆり2

Dsc04864ゆり3

ゆりの園は雑草がそのままにしてありますが、自然の姿でゆりを見るためと、夏場の球根保護のためということです。

Dsc04860ゆり4

Dsc04870_2ゆり5

斜面を見上げたり、尾根に上って見下ろしたり、いろいろな見方ができ、十分堪能できます。大きな池もあり、ゆりなどを売っている店もあります。

Dsc04862ゆり6

Dsc04856池の向こうにゆり

東名袋井ICより5分、入場料は1000円です。7月7日までオープンしています。

中京テレビが取材に来ており、ゆりの園を見終えて家に着いたのが16:00、16:15からLIVEでテレビ中継があり、偶然見ることができました。録画しましたので you tube  で見てください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

伊古部のササユリ

山を歩いていると今の時季、ときどきササユリに出合います。何かほっとし、気持ちが安らぎます。ササユリは以前は山一面に咲いており、摘んできたりしました。

しかし今はすっかり影をひそめ、見ることも少なくなりました。もちろん摘むことなど禁止されています。ササユリは葉が笹に似ており、清楚な薫り高い花です。

豊橋市伊古部の海岸近くに、保護育成されているササユリの里があります。見に行ってきました。平成22年にも来ましたがだいぶ増えていました。

Dsc04819_2ササユリ1

Dsc04829_2ササユリ2

Dsc04820_2ササユリ3

Dsc04818ササユリ4

一角に太平洋を望める場所もあります。

Dsc04823太平洋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

加茂しょうぶ園・小國神社しょうぶ園

花には路傍に咲く小さな花から、大輪の華美な花までいろいろあります。しかしそれらの花に差はありません。それぞれ独特の美しさを持ち、その時を精一杯咲いています。

  小さきは小さきままに花咲けり野辺の小草の安けさを見よ   高田安馬

  見ずや君明日は散りなん花だにも力の限りひとときを咲く    九条武子 

あとはその人の好みによる違いだけです。小生の好みはどうも日本趣味で さくら、うめ、ふじ、しょうぶ、ゆり・・・・ などです。

今はしょうぶの時季です。昨日、静岡県掛川市にある加茂しょうぶ園と、その近くの森町の小國神社しょうぶ園に行ってきました。20年ほど前にも行ったことがあります。

加茂しょうぶ園は、新東名高速道路 森掛川ICから5分ほどのところにあります。約500品種、100万株が栽培されています。

Dsc04803加茂しょうぶ園1

Dsc04806加茂しょうぶ園2

Dsc04805加茂しょうぶ園3

1580年代からこの地方の庄屋だった加茂家の門前にある花菖蒲園です。見頃は5月下旬から6月中旬で、早咲き品種から順々に咲いてゆきます。入場料は1050円です。

Dsc04809加茂しょうぶ園4 正面は加茂荘の長屋門

長屋門を入ると民具などの展示物があり、ベゴニア館へと続いています。

Dsc04815ベゴニア館

一方、小國神社しょうぶ園は130種40万本の花菖蒲が早生・中・晩生と咲き継いでゆきます。見頃はやはり5月下旬から6月中旬です。入場料は300円です。

Dsc04792小國神社しょうぶ園1

Dsc04794小國神社しょうぶ園2

Dsc04796小國神社しょうぶ園3

Dsc04799小國神社

今日は日曜日でもあり、大変な賑わいでした。両方で今を盛りと咲く花しょうぶが見られ満足しました。

   花びらの 垂れて静かや 花しょうぶ         高浜虚子




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

パソコンの買換え

パソコンとその環境を一新することにしました。①旧パソコン→新パソコン ②ADSL→光 ③有線ラン→無線ラン にすることにしました。

これまで使っていたパソコンは10年目となります。このパソコンを買ったときは、使い続けるつもりでした。それは無理でした。作動が極端に遅くなってきました。

クリックし次の画面が出るまでに、ときには2分ほど掛かるようになってきました。OSもXPなのでサポートもあと1年ということです。

パソコンも5年ぐらいが買い替えの期間らしく、10年使い、なお使い続けようなどというのは、日進月歩のこの時代、常識外れのようでした。

パソコンを買い換えたのは、性能がだいぶ劣ってきたからですが、同時にパソコンがより速く作動するよう光接続にし、また配線を少なくするため無線ランにしました。

パソコンは5月28日に手元に来ました。光ファイバーの工事は6月12日ということです。まず新しいパソコンのセットアップです。

これまでのパソコンはNECでしたが、新しいパソコンは東芝です。セットアップは店で有料で行ってくれますが、覚えるためにも自分で行うことにしました。

①パソコン機種 ②OSがWindousXPからWindous8へ ③アプリOfficeのインストール などこれまでとは違っているので、うまく進むかどうか心配でした。

まずスタートアップし、Windos8のセットアップです。これは説明書通りに進めてゆけば迷いません。10分~20分でセットアップできます。

従来のWindousとWindos8の大きく異なる点は、メイン画面が2種類あることです。起動して最初に現れる「スタート画面」と、従来のWindousに似ている「デスクトップ画面」があります。

Dsc04780スタート画面

Dsc04783_2デスクトップ画面

「スタート画面」のデスクトップをクリックすると「デスクトップ画面」となります。

また画面の4隅にポインターを合わせると、バーが表示されます。右側のバーはメニューバーを、左側のバーはアプリケーションを切り替えることができます。

次にOfficeのインストールです。前のときは「エクセル」とか「ワード」の入ったCDディスクからインストールしましたが、今はプロダクトキーを示したカードがあるだけです。

このプロダクトキーの番号を打ち込み、インターネットからダウンロードします。こうする方が会社は費用が掛からなくて済むようです。

あとはメール、ホームページ、ブログ、ツイッター、フェイスブック、その他今まで使用していたものを入れ、2日間掛かりっきりで何とか使えるようになりました。

動作は速く快適です。これなら光にしなくても差し支えないくらいですが、より速い環境にするため光にしました。

まだパソコンは十分ではありませんが、特に困るわけではないので、これから少しずつ手を加えてゆきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »