« 光ファイバー工事 | トップページ | 神石山 »

2013年6月15日 (土)

東日本大震災47 原発17 (太陽光発電)

東日本大震災から2年3ケ月が経ちました。被災地に寄り添っていたいという気持ちが薄れがちになります。時が経つほど戒めなければならないと思っています。

今日も新聞記事からです。中日新聞11面に太陽光電池の記事が小さく載っていました。

「変換効率世界1 太陽電池を開発 シャープ」 という見出しで 「シャープは14日、太陽光を電気に変える集光型太陽電池で変換効率44.4%を達成し、米国のベンチャー企業が保持する世界最高記録(44.0%)を更新したと発表した。

記録を更新したのは、大きさが4ミリ四方の太陽電池の発電部品。インジウムやガリウムなど光を吸収する化合物の層を重ねて、太陽光を効率的に電気に変換できるのが特徴。」(以下略)

今は風力発電や太陽光発電が盛んに行われています。どこへ行っても風車を見かけますし、太陽光発電パネルも目にします。

発電方法は他にもありますが、太陽光発電に注目しています。それは以前のブログにも書きましたが、発電パネルに著しい進歩があるからです。現在使われている発電パネルの効率は20%ほどです。

小生の乏しい新聞記事の情報力だけでも、

平成23年11月 36.9%
平成24年 7月 光を新素材の膜を通して、太陽電池にあてると40~70%
平成24年  9月 塗る太陽電池、効率も良い

そして今日の記事です。わずかな期間で大変な進歩です。まだまだ効率UPは確実なことと思われます。

電気は家庭で作るものだ という概念になるかもしれません。そうすれば電柱一つとっても、電線を引く経費、その維持費、景観、交通など多くの利点があります。

 

|

« 光ファイバー工事 | トップページ | 神石山 »

東日本大震災 原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災47 原発17 (太陽光発電):

« 光ファイバー工事 | トップページ | 神石山 »