« 可睡ゆりの園 | トップページ | 東日本大震災47 原発17 (太陽光発電) »

2013年6月12日 (水)

光ファイバー工事

パソコンを買換え、ADSLから光通信に変えることにしました。パソコンは既に5月28日に来て、セットアップも済みました。そして今日は光ファイバー配線の工事日です。

電柱から光ファイバー線を引き、家の中の壁の1か所に電源のコンセントと同じようにジャック端子(取り出し口)を設けます。

このとき、線を家の中に引き込むのに、壁に穴をあけたり、這わせのはなるべく避けたいと思いました。

この工事は業者が行うことになっていますが、床下に電線保護管(PF管)を通し、その保護管に光ファイバーケーブルを通してもらうことにしました。

床下にPF管 を通すのは、当方で行っておきます。(PF管の意味は Plastic Flexible の略です。  Plasticは合成樹脂で、Flexibleは可撓ということです。)

Dsc04885PF管

このPF管に針金を通し、床下を通します。床下換気口からPF管を入れました。床下に潜り、そのままジャック端子まででは抵抗があるので、一旦、床下収納箱置き場からPF管を出しました。

Dsc04886換気口よりPF管を入れる

さらに床下収納箱置き場から、取り出し口のジャック端子まで針金を入れたPF管を通しました。PF管をジャック端子の穴に出すのに苦労しました。

Dsc04890床下収納箱に出したPF管と入れたPF管

Dsc04892ジャック端子の場所より出したPF管

PF管の中の針金は両方ともスムーズに動きます。またPF管も移動できます。これなら業者さんも困らないと思いますがどうでしょうか。

工事が始まりました。電柱より引いたファイバーケーブルは針金も使わずにPF管に押し込んで通したようです。壁に端子継続器具を取り付け、工事はこれで終わりです。

Dsc04894端子継続器具

この端子からの線を光ユニット(モデムとルーターと発信機を1つにしたようなもの)に繋げば、あとはこれまでのADSLと同じです。しかしセットアップが必要です。これは業者の方でやってくれるようになっており、工事とは別の人が来ました。

無線ランにしましたが、これは無線ランカードをモデムにセットします。パソコンの方も無線の機能がついていなければ、その機能のセットが必要となります。

Dsc04895光ユニット 上のカードは無線ランカード

光にしたからといって、特に早くなったとも感じません。初めてのことばかりで、まだよく分かっていません。古いパソコンを光で動かしてみても以前よりも遅くなりました。何か間違っているようです。

しばらくしてから動かしてみると、確かに速くなっていました。快適です。古いパソコンは相変わらず遅いですが、以前より遅いということはなさそうです。

|

« 可睡ゆりの園 | トップページ | 東日本大震災47 原発17 (太陽光発電) »

日曜大工」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光ファイバー工事:

« 可睡ゆりの園 | トップページ | 東日本大震災47 原発17 (太陽光発電) »