« 富士見岩 | トップページ | 吉祥山 »

2013年12月30日 (月)

神石山

神石山をぶらりと歩いて来ました。雪も降っていなければ快晴でもありません。手洗いからいつもの松林を行く道です。40分で神石山に着きました。富士山も見えません。

Dsc06044 神石山から浜名湖

今日は足をのばし雨やどり岩まで行きました。さらに15分で着きます。岩の上からは通ってきた神石山が近くに見えます。

Dsc06041 雨やどり岩案内板

Dsc06042 雨やどり岩

Dsc06043 雨やどり岩から神石山

ハプニングもなく、富士山も見えず退屈な内容となってしまいました。

そこでここから余談です。手洗い(てあらい)という集落から登りましたが、この地名はここで源頼朝が手を洗ったからついたということです。もう少し説明を加えます。

全国を平定した源頼朝が上洛のとき、通った道が赤岩尾根にあります。ここには説明版があります。

Dsc03837 鎌倉街道説明版

手洗いの近くに葦毛(いもう)湿原があります。ここで頼朝の愛馬「葦毛(あしげ)」が急死にしたということです。それでその名がついたようです。

Pa260022 葦毛湿原

また近くに鞍掛神社という名の神社があります。頼朝が鞍を奉納して武運を祈願したためついた名前ということです。

Dsc06046 鞍掛神社

手洗いという地名はこのような歴史か伝説かがあっての地名のようです。古い地名が消えてゆきますがさみしさを感じています。

|

« 富士見岩 | トップページ | 吉祥山 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神石山:

« 富士見岩 | トップページ | 吉祥山 »