« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月22日 (水)

衣笠山・滝頭山

田原の衣笠山・滝頭山・藤尾山に行ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

金山、雨生山

金山、雨生山を歩いて来ました。

往復約4時間でしたが、誰にも会いませんでした。一昨日多米峠付近の湖西連峰を歩いたときには、100人ほどの人に会いましたが、大変な違いです。

曜日もありますが、こちらは湖西連峰の北になり、交通の便が悪く、あまり一般的ではないのかもしれません。

雨生山あたりで消防自動車のサイレンがしきりに聞こえました。煙が吉祥山麓あたりに見えます。

Dsc06213 吉祥山麓あたりに見える煙

このあと登山口に着くまでの1時間30分余り、サイレンがずっと聞こえておりました。ヘリコプターも来ておりました。

登山口に着いたときは煙は上の方になり、薄くなっていました。

Dsc06216 登山口に着いたとき

家への帰りは近くを通りますが、消防車が何台も止まっていました。

野次馬ブログでした。

 

追記

翌日の新聞によると、「畑で草を燃やしていたら山へ燃え移った」ということで、消防車14台が出動、2時間後に消し止めた という記事がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

湖西連峰

湖西連峰のいつもとは違うところを歩いて来ました。登り口はよく登る湖西市の一本杉登山口です。次のように歩きました。

一本杉登山口(40分)大知波峠(30分)赤岩尾根分岐(25分)多米峠(25分)中尾根分岐(20分)大岩(40分)東登山口(1時間車道歩き)一本杉登山口    計4時間

_____________________________

________________________________

Zadayamakamiisi

__________________________________

駐車場が一杯です。下に2か所駐車場がありますが、そこにもたくさんの車が停めてあります。こんなに多いのは初めて見ます。

今日は天気が良く風もありません。土曜日で多くの人が山歩きに来ているようです。

大知波峠への途中で保育園児と親50人ほどに会いました。大知波峠からは多米峠の方に行きました。普段は駐車場に戻らなければならないので、こちらにはあまり来ません。

石巻山分岐を経て、赤岩尾根分岐になりますが、途中浜名湖の眺めの大変良いところがあります。高いので広く一望できます。

Dsc06173途中からの浜名湖

残念ながら霞んでいて富士山は見えません。途中では10人、20人のグループ、少人数、単独など多くの人に出合います。

多米峠に着きました。時刻はちょうど12:00でした。そのまま直進します。

Dsc06176 多米峠

3回ほどアップダウンを繰り返し、中尾根分岐に着きました。直進すれば10分ほどで雨やどり岩です。ここは中尾根の方に行きます。20分ほどで大岩です。大きな岩がデンと座っています。

Dsc06178 大岩

中尾根を直進してゆきます。これまで展望のよいところは特にありませんでしたが、この尾根ではときに浜名湖が見えます。中尾根は約1時間歩き、 湖西市東登山口に出ました。

Dsc06182 東登山口

ここからは駐車場まで車道歩きです。1時間車道を歩き、一本杉登山口まで戻りました。この車道歩きは面白味もないので疲れました。

時刻は2:30でしたが、車もまだあり山から降りてくる人も何人か居りました。 今日は何人くらいの人が この湖西連峰を歩いたのでしょうか。会ったのは100人以上でした。

やはり湖西連峰は今が一番良いときのようです。条件が良ければ富士山、南アルプス、太平洋など望めます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

熊野古道八鬼山

昨日尾鷲市の熊野古道八鬼山に行ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

浜名湖遊歩道

違った山を歩きたいのですが、限られてきます。そこで浜名湖・猪鼻湖の湖岸を歩き一周しました。今日もかなり冷え込んでいます。時間は2時間かかりました。

以前にも書いたので何も事新しくありませんが、今年初めて富士山が見えたというハプニングで書くことにしました。

コースは三ケ日の瀬戸から出発し、浜名湖岸を行き、猪鼻湖岸に出るコースです。

今日は曇っていて全く期待していませんでしたが、富士山が見えました。1ケ所とてもよく見える場所があるのです。

Dsc06098 富士山

景色のよいところが続きます。

Dsc06100 遊歩道から舘山寺

40分ほどで上の地図の民宿のところに出ます。ここから一般道を通り猪鼻湖側に出ます。下の地図を見て下さい。

矢印の道を行くと、猪鼻湖岸に出ます。この間約30分ほどです。また海岸沿いの遊歩道に出ます。こちら側は湖面を渡る北風が吹きつけ、たいへん寒く感じます。

Dsc06101 猪鼻湖岸の遊歩道

この遊歩道をさらに50分ほど歩いて、出発点のところに着きます。 3人ほどに出合いましたが、一周しているわけではありません。

詳しくはホームページ1 ホームページ2にもありますので、そちらを見ていただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

吉祥山

今年になってから里山に行くのは4回目です。これまでは富士山も南アルプスもよく見えず、ハプニングもありませんでした。

今日の吉祥山は富士山は見えませんでしたが、南アルプスがはっきり見えました。
一番一般的な休憩舎やトイレのあるA登山口から登りました。一番の冷え込みだからでしょうか、登山口は車がいっぱいでした。

Dsc06087 登山口駐車場

いつもはよく分かりませんが、やはりこのような寒い時を楽しんでいると思われます。50分で頂上です。

Dsc06092 頂上

Dsc06089 南アルプス 右より 聖岳 赤石岳 荒川岳

途中では25人に会いました。退屈な内容となってしまいましたので、山名の余談を加えます。

吉祥とは繁栄・幸運を意味し、吉祥天女は美女の代表としての尊敬を集め、幸福・美・富を象徴する神とされています。

この吉祥天女を祀る祠が、頂上から林道登山口側の少し下がったところにあります。古木に囲まれ、相当古い歴史を感じます。

Dsc06102 吉祥天女を祀る祠

Dsc06113 祠の周囲にある古木

この祠のあるところは、吉祥山にはいろいろコースが設けられていますが、昆虫の森に行く案内板が立てられているところです。

Dsc06103 案内板

この案内板は林道から登るコース沿いにあります。縁起の良い山名です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »