« 富幕山・昇竜梅 | トップページ | 湖西連峰カタクリ »

2014年3月22日 (土)

湖西連峰で遭難者

葦毛湿原より湖西連峰を座談山まで歩きに行きました。冷え込んでいますが、天気はよく風も強くはありません。

駐車場は車でいっぱいです。第2駐車場の方に置きました。いつも多いですが、こんなに多いのは初めてです。やはりカタクリを見に来ているようです。

Dsc06510 駐車場の車

葦毛湿原を横切る登山道を行きました。葦毛湿原にはショウジョウバカマが咲いており、オタマジャクシが真っ黒になって固まっていました。

たくさんの人に出合います。今日は100人以上の人に出合いました。途中、木が切られ展望のよくなったピークから動画を撮りましたので見て下さい。

アンテナのある雲谷山はカタクリが咲きます。しかし、咲いていません。昨年は23日に来ましたが、遅いくらいでした。

座談山手前で電話をかけている人がありました。始め分かりませんでしたが、遭難したようです。

Zadayamasounan

心臓マッサージをしているようですが、息をしていないようです。60代くらいの5人ほどのグループのように見受けられました。

何かできることがあるか聞きましたが 、救急救命士から電話で指示を受けているようで、とくに何も言われなかったので、そのまま降りました。

尾根の両側で、消防車や救急車のサイレンがしきりに聞こえます。電話で既に知らせたことと思います。

葦毛湿原からは50分、大脇登山口からは40分ほど掛かります。大脇側は尾根から登山口近くが見え、消防車や救急車が見えます。

下って来ると、葦毛湿原に近くなった辺りで救急隊員10名ほどに会いました。場所を詳しく聞かれ、またその他を説明しておきました。その後無線連絡をしておりました。

ヘリコプターも来ており、場所を探しているようです。後で聞きましたがドクターヘリということでした。登山道も警察官か消防署員か1人おり、閉鎖されているようにも見えました。

登山口まで下りて来ると、消防自動車が3台、パトカーが1台来ており、そこに本部を設けて、盛んに無線交信をしておりました。

ヘリコプターは遭難現場あたりでホバリングをしているのが見えました。東屋のある広場では多くの登山者がおり、いろいろ見ていて知っているようでした。

このようなことに南アルプスの赤石岳でも遭いました。早い回復を祈っています。

|

« 富幕山・昇竜梅 | トップページ | 湖西連峰カタクリ »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湖西連峰で遭難者:

« 富幕山・昇竜梅 | トップページ | 湖西連峰カタクリ »