« 彼岸花 | トップページ | 富幕山 »

2014年9月27日 (土)

大原調整池奥

豊橋石巻と新城の境ほどに大原調整池があり、その奥に林道や遊歩道が無数に造られています。いろいろなコースがあり、散策できるようになっています。

今日は雲一つない青空となり、まだ少し暑いですが、林道の奥の蛇穴、大岩を歩いて来ました。次の図は大原調整池(五葉の森)の遊歩道の案内図です。

Ooharachouseiikegoyou遊歩道案内図

ここの登山口から歩きました。林道を行き、下の図のように歩きました。

Ooharachouseirinndou林道案内図

Dsc07652登山口

初めは平尾山に行こうと思ってその方向に行きましたが、蛇穴・大岩にまだ行ったことがなかったので、途中で行き先を変えました。

従って初めの大平の分岐では、かなり大回りの五葉城址の方へ行くこととなりました。

Dsc07653_2大平の分岐

林道からは大原調整池も見えます。

Dsc07660林道からの池

林道ばかり歩いて、約2時間で蛇穴入口に着きました。

Dsc07668蛇穴表示 急斜面につき厳重注意 とあります

蛇穴までは急斜面で道もはっきりしません。各所に案内表示があった割には印もなく、遠いのか近いのかも分かりません。しかし20mほどで着きました。奥に穴が開いているのかよく分かりません。

Dsc07672蛇穴

次に大岩へ行きます。大岩は蛇穴の手前にありましたが、先に蛇穴へ行きました。ここもあまり人が来ていないようです。

Dsc07675大岩表示 かなり上級者向け とあります

踏み跡が薄く上の方では道が分からなくなります。ここも印も表示もありません。ここは宇利峠と中山峠を結ぶ尾根に出ます。尾根の左か右かもわかりません。両方行ってみました。左の方にそれらしい大きな岩がありました。表示はありません。

Dsc07681大岩

帰りは近い方の道を戻りました。合計3時間20分ほどでした。ほとんど林道ばかりの山歩きで、マツムシソウ、オミナエシ、ハギ、その他名も知らぬ秋の花が咲いており、蛇にもよく出遭いました。人にはマウンテンバイクに会っただけでした。








|

« 彼岸花 | トップページ | 富幕山 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大原調整池奥:

« 彼岸花 | トップページ | 富幕山 »