« 熊目撃情報 | トップページ | 御在所岳 »

2014年10月25日 (土)

豊橋自然歩道

葦毛湿原から東山へ行き、二川方向県道に下り、県道を1時間ほど歩き、また戻って一周して来ました。

Imouhigasieki

東山へは約1時間ほどで、そこから二川側へは、ふつう二川駅登山道、または東山登山道を下りますが、違った道を下りてみました。これが苦労をしました。

Dsc07854東山頂上

東山から東山登山道の方へ行くと、2つの鉄塔のある分岐に出ます。ここからは展望がよく、上水道タンクや池なども見えます。

Dsc07856分岐から見えるタンクと池

ここを普通左に行きますが、右にも階段があったのでこの道を下って行ってみました。階段を降り切ったところで道が無くなりました。

ここから藪漕ぎです。近いようでなかなか下には着きません。背丈ほどの草をかき分け、ばらを払い、やっと着いたところはタンクの上の所でした。

下って行って下の方に来ると、スピーカーから「すぐに出てください」という放送が数回ありました。途中にセンサーがありました。

Dsc07857タンクと池


Dsc07858スピーカー

しかし出ようにも柵がしっかりとあって出られません。いよいよ乗り越えようと思っていましたが、もう一度柵の端を山の中へ入ってみました。また藪漕ぎをして外へ出ました。

こんなことがあって県道に出て、途中のうどん屋で昼食をとり、二川駅近くまで歩き、東山を登り返し、尾根を歩き、葦毛湿原まで戻ってきました。約4時間の地味な里山歩きでした。

|

« 熊目撃情報 | トップページ | 御在所岳 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊橋自然歩道:

« 熊目撃情報 | トップページ | 御在所岳 »