« 報復テロ絶滅へ 45 (パキスタン少女22) | トップページ | 坊ケ峰 »

2014年12月19日 (金)

神石山(ごうかき)

昨日は豊橋もうっすらと雪が積もりました。こんなことは年に1度あるくらいなものです。

Dsc08088珍しく積もった雪

今日は快晴となり、空気も澄んでいます。こんな日は富士山が見えるのではないかと、神石山に行って来ました。手洗登山口から往復しました。

Kamiisitearaioufuku

松林のある登山道です。松葉が落ちて積もっています。

ひとつ古い話をいたします。松葉を見て思うことは、よく松葉を集めに行ったことです。「ごうかき」と言っていましたが、熊手で松の落ち葉を集め、南京袋(麻の繊維で編んだ袋)に入れ、背負子(しょいこ)で2・3袋背負って来たことです。

「ごうかき」は、ごを掻くということで、「ご」は松の落ち葉のことです。

これを何にしたかというと、釜土や風呂の焚き付けです。葉が細いので火がすぐに点き重宝しました。よく燃えるのですぐになくなり、何回も行きました。子供だけで連れだって行き、半分遊びのようなものでした。

Dsc08090松林

40分で頂上に着きました。富士山がはっきりと見えました。夏には見えない富士山も、冬には里山でよく見えるので楽しみです。

Dsc08097富士山と浜名湖

Dsc08093富士山

Dsc08096浜名湖と太平洋









|

« 報復テロ絶滅へ 45 (パキスタン少女22) | トップページ | 坊ケ峰 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

「ごうかき」60年程前にやっていたことを思い出しました。私は豊橋市南部の高豊地区でしたが、よく子供どうしで行きました。懐かしい言葉です。

投稿: | 2016年1月14日 (木) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神石山(ごうかき):

« 報復テロ絶滅へ 45 (パキスタン少女22) | トップページ | 坊ケ峰 »