« 坊ケ峰 | トップページ | 多米峠・中尾根(植林) »

2014年12月27日 (土)

吉祥山(メジロ捕り)

良い天気となりました。冬は天気が良いと山がよく見えます。近くの吉祥山を歩いて来ました。Bコースから登り、途中を一周しました。

Kitijousu

山がよく見えました。富士山もはっきりと見えます。吉祥山は382mと低いので、裾の方までは見えませんが、頂上にいた人の話では今日は特にくっきりと見えるということです。

Dsc08131吉祥山頂上

Dsc08126富士山

時刻は正午頃ですが、太陽が低いのできれいに見えるのでしょうか。南アルプスもはっきり見えます。

Kitijouakaisi南アルプス

頂上は風も無いので寒くありません。10人ほどの人に逢いました。

今日もひとつ古い話をします。この季節になるとメジロが山麓や里に下りて来ます。60年ほど前の話ですがメジロをよく捕まえに行きました。

何にするかというと、メジロの鳴き声を競い合うためです。その頃はまだ禁鳥にはなっていませんでした。子供の遊びで鳥かごに飼っていました。

その鳥かごを持って山に行きます。もち(粘着剤)を棒に巻いて、おとりの鳥かごに挿しておきます。寒い山の中にすくんで、メジロの来るのを待ちます。

メジロが来て棒に止まると、くっついて何故か逆さまになります。茂みから抜け出て、メジロを捕りに行くというわけです。

雄のメジロの鳴き声は良いのですが、雌は良くないので放してやります。鳴き声の良い雄のメジロを捕まえるため、何度か行くのです。飼うのは1羽です。

寒い冬の里山に行くと、こんなことを思い出します。子供の遊びです。

|

« 坊ケ峰 | トップページ | 多米峠・中尾根(植林) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥山(メジロ捕り):

« 坊ケ峰 | トップページ | 多米峠・中尾根(植林) »