« 大和(小槌)の大イチョウ | トップページ | 富士見岩 »

2014年12月12日 (金)

報復テロ絶滅へ 44 (パキスタン少女21)

今朝の中日新聞に「マララさんノーベル平和賞授賞演説」の詳細がありました。演説のポイントが4点挙げてありましたので紹介します。

・テロリストの銃弾は勝てなかった。私たちはより強くなった。

・戦車を造るのはやさしいのに、なぜ学校を造るのは難しいのか。

・すべての子どもが学校に行くのを見届けるまで闘い続ける。

・空っぽの教室、失われた子ども時代、これらは私たちで終わりにしよう。

という内容でした。また、マララさんは「全ての子どもが教育を受ける目標を実現するため、母国パキスタンで首相になりたい」と抱負を述べています。

さて、話は変わりますが当ブログ「報復テロ絶滅へ」始めたのは、次のような理由です。

アメリカ同時多発テロが2001年9月11日に起こり、ウサマ・ビンラディンが2011年5月2日に殺害されました。その後も報復に報復が続いています。この報復が何とか無くならないかという思いからブログを始めました。

このブログはウサマ・ビンラディンが殺害された2011年5月2日の翌々日の5月4日から「報復テロ絶滅へ」というカテゴリーで始めました。

21回目のときの2012年10月9日に、マララ・ユスフザイさんがパキスタンでイスラム原理主義勢力のタリバンから狙撃されるという事件が起こりました。

そのときから「報復テロ絶滅へ」には(パキスタン少女)という副題も入れることにしました。その後「報復テロ絶滅へ」はマララ・ユスフザイさんについての内容が中心となりました。

2012年10月からマララ・ユスフザイさんについて書き始めてちょうど2年、マララ・ユスフザイさんは2014年10月にノーベル賞を受賞しました。

以上がこのブログを始めた理由と経過です。新聞記事の転載がほとんどなので、事新しいこともなく、自分の思いを書いているだけです。

 

 

 

|

« 大和(小槌)の大イチョウ | トップページ | 富士見岩 »

報復テロ絶滅へ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報復テロ絶滅へ 44 (パキスタン少女21):

« 大和(小槌)の大イチョウ | トップページ | 富士見岩 »