« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

赤岩尾根ピーク(戦争体験)

登山口までは車で行くことがほとんどですが、今日は家から歩いて行きました。赤岩寺から登り、多米登山口へ下りて家まで歩くというコースです。

Akaiwatakayama2


家から赤岩寺登山口までは30分でした。赤岩寺登山口から新しくなった登山道を行きます。傾斜が緩やかになり、登り易くなりました。

P1310007赤岩寺登山口

50分で赤岩尾根ピークに着きました。ここは321mなのでそれほど遠くの山は見えません。雪山が見えるときもありますが今日は見えません。

P1310012左に本宮山、右の手前は石巻山

帰りは赤岩尾根を直進し、多米登山口に下りました。尾根道は木に遮られているものの風が当たり、手袋や耳当ては離せません。多米登山口には案内板があります。

P1310019案内板

多米登山口からは車道を歩き、家に帰ってきました。合計時間は2時間30分でした。登山道では誰にも逢いませんでした。

山とは関係ありませんが、今日は私の戦争体験を書きます。まだ小さかったので多くを覚えておりません。

太平洋戦争が始まったのは私が1歳5ケ月(昭和16年12月8日)、終わったのは5歳1ケ月(昭和20年8月15日)の時でした。終戦前に体験したことを列記します。家は田舎にあり、空襲は受けていません。

・灯火管制で電燈の周りに黒い布をかけ、光が広がらないようにしていた。

・ガラスに細長く切った紙を貼り、ガラスが割れても飛び散らないようにしていた。

・ほとんどの家の前にはコンクリート製の用水があり、火事に備えていた。

・防空頭巾を誰もが持っていた。

・B29の機影を何度か見た。

・出征兵士を見送るため、駅前に日の丸の小旗を持って大勢が集まった。

・空襲警報のサイレンは何度も聞いた。

・家の前の空き地に半地下式の防空壕が造られており、空襲警報のサイレンが鳴ると、近所の人が防空壕に飛び込んだ。中は真っ暗で土臭く、ぎゅうぎゅう詰めだった。

・親の兄弟の家族6人が疎開してきており、家は賑やかだった。

・家の防犯用の鉄柵やアルミの鍋など金属は供出した。橋の欄干の鉄も取り除かれていた。

・戦車が家の前を通ったのを見た。(現在、幻の戦車が三ヶ日町瀬戸に沈んでいると言い伝えられ、探査チームが探査を行っています。見たのはこの戦車かもしれません。)

・婦人会割烹着姿のお母さんたちがバケツリレーで消火訓練をしていた。

このような体験はもっと詳しい方がたくさんいらっしゃいます。私のようなわずかな体験を語ってもあまり役に立たないと思っていましたが、人が違えばそれぞれに意味のあることと思い書きました。

玉音放送も知りませんでした。戦争が終ったことは遊び仲間の間で自然に知ったように思います。

戦後のことの方が記憶が多くあります。年齢も上がり、より身に染みているからと思いますが、ここは終戦までのことを書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月28日 (水)

トヨタ自動車工場見学

市の広報でトヨタ自動車田原工場見学会の公募があり、応募したところ当選し、その見学会がありました。昨年も応募しましたが落選でした。

主催は市の港湾活性課で参加者は25人でした。集合場所は豊橋市神野ふ頭の三河湾港湾施設の「カモメリア」です。

カモメリアは地上30mの展望塔があり、三河港一帯が眺められます。

Dsc08244カモメリア展望塔より

ここからバスで田原のトヨタの工場に行きました。20分ほどです。田原工場は面積が370万平方メートル(112万坪)で、トヨタの工場の中では一番大きいということです。

工場では初めの集合場所で説明を受ける受信機を渡され、これが大変役に立ちました。写真撮影はここまでです。

Dsc08252トヨタ工場集合場所で

まず組立ラインの見学です。ラインの流れは58秒ということです。つまり58秒で1台が生産されます。ほとんどがコンピューター制御、ここまで進んでいるかという感じでした。

カンバン、カイゼン などの言葉をよく聞きますがあらゆるところで感じました。実によく工夫されています。現場のことがよく反映されていると思いました。

生産の工程には他に プレス、成形、鋳造、塗装、加工、組付、検査など多くの工程があります。

次に車の船積の見学をしました。収容能力5千台、12階になっている船に車が吸い込まれているところでした。積み込みに2日掛かるということです。

時間は1時間半でした。興味あることなので瞬く間でした。撮影禁止なので、写真はほとんど撮影できませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

船形山

葦毛湿原より座談山を行き、船形山で折り返し一周してきました。天気が良かったので、座談山からの富士山を期待しました。

Zadanyama272

今日も駐車場は一杯の車です。50台は置ける駐車場です。葦毛湿原を突き抜けて行きますが、葦毛湿原は茶色の風景です。

P1240047葦毛湿原

座談山に着きました。富士山は雲があり見えませんでしたが、雪をかぶった山が見えます。

P1240051雪山

座談山から10分ほどで船形山に着きました。城跡の山です。「船形山城は三河と遠州の国境にあった城で、監視の役割を果たした」 という内容の説明版がありました。

P1240055船形山頂上

送電線の鉄塔があります。展望はさほど良くありません。この先を行くと神石山ですが、そこまで歩く人が多いようです。

ここで引き返しましたが、車の割には多くの人に出合いません。ここは尾根なので分散してしまうようです。それでも20人くらいには逢いました。2時間10分の里山歩きでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月23日 (金)

神石山(カメラ)

今日は晴れわたり、富士山が見えないかと手洗より神石山に行って来ました。

Kamiisitearaioufuku

いつもの松林の道を登って行きます。40分で頂上に着きました。山の端には雲があり、富士山は見えません。浜名湖、太平洋はよく見えます。

P1230029浜松アクトシティ-

P1230032浜名湖、浜名大橋、太平洋

頂上には6人が居りました。湖西の梅田峠、二川の大脇、豊橋の葦毛湿原とそれぞれの登山口から登ってきているようです。

別の話になります。カメラを買いました。今日はその試し撮りでもありました。今まではデジカメ(コンデジ)でした。これではちょっと物足りなく思っていました。

ミラーレスデジタル一眼カメラ(デジイチ)はデジカメに変わり、主流となって来ています。これを買おうと思っていました。山で使うので、とにかくコンパクトなのがよいと思っていました。

ミラーレス一眼はこれを満たしてくれます。結局 OLYMPUS PEN Lite E-PL6 EZダブルズームキット に決めました。今までのデジカメは幅10cmでしたが、このミラーレスは11cmとあまり変わりません。

もう一つはレンズ部分の筒の長さです。これも短いのにしました。デジカメの厚さはモニター面よりレンズ先端まで3cmでしたが、これは6cmです。

これならポケットに入ります。ザックの中に入れていては扱いにくくなります。里山ではザックもあまり持ちません。

というわけで、望遠レンズとダブルセットで買いました。望遠レンズはあまり使わないと思いますが、遠くの雪山も撮りたいし、単独では高くなるのでセットにしました。

上の風景の写真はこのミラーレス一眼で撮った写真です。いずれも望遠です。

Dsc08237ミラーレス一眼カメラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火)

本宮山(戦後の頃の遊び)

今日は大寒です。久し振りに本宮山を歩いて来ました。この山は東三河では一番人気のある山です。天気も良く、10時でしたが駐車場は一杯の車です。

Honguusan

雑木林の中の歩きやすい道を行きます。登山道の両側に工事中の新東名高速道路が見えます。

Dsc08225新東名高速道路

登山道には町石が立っており、50町が頂上です。中間が馬の背岩で1時間ほどで着きました。上の林道出合を過ぎると神域を示す鳥居があり、祠や水場などあります。

Dsc08227神域を示す鳥居

杉の大木がうっそうとした階段を登って行くと、砥鹿神社奥宮に着きました。

Dsc08229砥鹿神社奥宮

頂上はさらに上です。雪がうっすらと残っています。頂上へ着きました。2時間掛かりました。アンテナばかりでさほど展望はありません。

Dsc08230雪の残る頂上

Dsc08232頂上標識

帰りも来た道を戻りました。今日もたくさんの人に出合いました。50人以上の人だったと思います。冷え込み厳しい大寒の里山を楽しんでいるようでした。

遊びの話を書きます。終戦の昭和20年からしばらくは全く何もない時代でした。

やはり野球が一番でしたが、ボールも無く、自分で手縫いのボールを作りました。それが当たり前だと思っていました。バットも木を鉈で削って作りました。グローブなど思いもしませんでした。

遊び用具も無いので、その頃流行ったのはチャンバラでした。これなら棒1本で遊べます。その棒を取りによく山に行きました。その棒は白くてやや反り気味なのが良く、人のより良いのを持ちたく、連れだって何回か山に取りに行きました。

その頃の遊びを纏めると

野球、チャンバラ、かくれんぼ、鬼ごっこ、縄跳び、石けり、缶けり、紙鉄砲、独楽まわし、カッチン(ビー玉)、ケン(メンコ)、釘さし、竹馬、凧づくり、ゴムパチンコ、タガ廻し、蛍狩り、虫捕り、魚釣り、雑魚掬い、水浴び、砂遊び、折り紙、将棋、かるた、遊戯(花いちもんめ、かごめかごめ、はじめの一歩など)

女子では ゴム跳び、お手玉、鞠つき、羽根つき、あやとり、ままごと などありました。

どれも簡単に遊べるものです。日の沈むころまで遊ぶのが毎日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

金山(門松)

冷え込んでいますが、風も無く、雲一つありません。新城中宇利から金山を歩いて来ました。世界桜の園から登りました。

Kanayamakamewari

桜の園の東屋から、形のよい吉祥山、本宮山が見えます。
30分ほど歩くと林道を横切ります。さらに20分ほどで頂上に着きました。樹木があり、展望はありません。不粋な反射板があります。

Dsc08210東屋から吉祥山(左)、本宮山

Dsc08213金山頂上

金山は瓶割(かめわり)峠からも登れます。瓶割峠は採石場が広がり、どこが登山口かわからなくなってきています。以前は峠近くから登れましたが今は登れません。

そこで帰りは、どこが登山口か見るために林道出合から瓶割峠まで歩いてみました。20分で着きました。

瓶割峠から登るならば、県道308号を林道に入り、採石場を右、右と行けば林道が続き登山口です。林道は車は通れません。

Dsc08221瓶割峠から登山口への林道

林道出合まで戻り、来た道を帰りました。合計時間は2時間20分、誰にも逢いませんでした。



別の話を書きます。平成27年が始まりましたが、昭和の中頃までは大方の家が正月には門松を立てました。

この門松をたてるのが子供の役割でした。今見るような、斜めに切った太竹を3本組んだような立派な門松とは大違いです。

先ず松を取りに行きます。門松は小さな松です。しかし小さな松を切っていては、松が無くなってしまいます。それで昭和の中頃以降は若木を切るのでなくて、枝を使うようになりました。

次に竹です。これはクマザサを使いましたが、淵の白いクマザサが似合うので子供が連れだって、遠くでしたが取りに行きました。本坂峠などにありました。

Dsc08107本坂峠にあるクマザサ

梅の枝は手に入るときは付けましたが、付けないときもありました。当時は道は舗装されていないので、門口の前の道に穴をあけ、一対の杭を打ち縛りました。これで終わりです。

唱歌の「一月一日」にも「・・・松竹立てて門ごとに・・・」と言う歌詞が出て来ます。この歌は明治26年文部省が「祝日大祭日唱歌」として公布しました。

門松は今では一般家庭ではほとんど行われませんが、長い間、風習として受け継がれて来ました。

山に行ってクマザサや小さな松を見ると、こんなことも思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

赤岩尾根(松脂)

今日もよい天気となり、赤岩尾根ピーク(三河富士)まで歩いて来ました。多米登山口からの往復です。

Akaiwatakayama

この尾根は豊橋自然歩道尾根道の派生尾根なので主要尾根ではありません。したがってあまり歩いている人もおりません。

ピークまでは45分でした。途中には豊橋市街の展望の良いところもあります。ピークからは雪山が見えましたが、山座同定が出来ません。恵那山、大川入山、茶臼山などかなあ と思ったりしました。ここからは富士山は見えません。

Dsc08204豊橋市街

Dsc08202雪山

今日も松の木に係わる古い話を書きます。

今ではほとんど見かけませんが、写真のように傷つけられた松が、昭和の頃までありました。

Dsc02436 松脂を採った跡(豊橋市高師公園)

これは松脂(まつやに)を採った跡です。戦争末期に航空機の燃料として全国で採取されました。

試しに豊橋公園でこのような松があるか調べてみましたがありませんでした。次に高師公園に行ってみました。ここには松脂を採った松が何十本もありました。

採取のされ方は次のようです。

Matuyani

表皮を剥がす → 幹に傷を入れる → 下に空き缶を吊るす

こうしておくと松脂の樹液が染み出て下の方に垂れ、空き缶に溜まるというわけです。

戦争末期、石油が不足すると、航空機の燃料として松根油の採取が行われました。昭和19年10月、農商務省が「松根油緊急増産対策」を発表し、国を挙げて採取が展開されました。

全国各地の松の木から松根油を採取するために、老人、女学生、子供らが勤労奉仕として大量動員されました。最終的に精製された量はわずかで、実際に松根油を使って飛行した記録は残されていません。

これが行われたのは、戦争末期なので私は4歳でした。このように傷ついた松はよく見かけましたが、これを行ったことはありません。子供も行ったので松の低いところにあります。

当時は街の中にも大きな松が何本かありました。それらの松にはほとんど行われていました。大木であるほど行われ、空き缶が付けられていました。

痛々しい限りです。このように傷をつけられた松の多くはやがては枯れて行きました。松が少なくなってきていますが、その1つがこのことにあります。

全国ではこのような松が残っているところがまだ多いと思います。やがてはなくなりますが、平和の尊さをとどめる宝として1本でも多く、末永く残ってほしいと思います。

私は松林が好きです。松風のわたる松原、松並木は心の安らぎを覚えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

東山

天気が良く、途中で富士山も見えるかと、期待して二川の東山に行って来ました。

Higasiyama_imou

葦毛湿原より登ります。10時ころでしたが既に車がいっぱいです。

Dsc08182駐車場

葦毛湿原を突き抜けて行く道です。40分ほどで尾根道に出ました。尾根道は風があります。さらに15分ほどで東山頂上に着きました。晴れていて展望があります。

Dsc08184東山頂上から遠州灘

帰りは富士山が見えるかと尾根のピークのある道を行きました。ピークに着きました。富士山は見えました。ここから富士山が見えるのは大変珍しいことです。

Dsc08187ピークからの富士山

このピークに説明板が10年以上前から括り付けてあるのですが、写真のように書いてあります。

Dsc08188説明版

読めますがもう1度確認します。「風が強く快晴の日1年間に1・2回それも午前中にここから富士山が見えるよ」と書いてあります。

今日はこの条件に全て当てはまりました。ここは何回か通ったことがありますが、富士山を見るのは初めてです。年に1・2回と言うからよっぽどの幸運でした。

この豊橋自然歩道でも富士山の見える場所は多くありません。この東山から本坂峠の間では、このピーク、座談山、神石山、赤岩尾根分岐先のピーク、富士見岩、本坂峠手前あたりしか知りません。多米峠も見えなくなりました。

富士山も見えたので来た道をそのまま帰りました。駐車場はまだ車がいっぱいです。山に入ると分散してしまうので、多くの人には出合いません。今日は10人ほど、2時間の歩きでした。














| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

富士見岩(シダ採り)

湖西市のおちば公園(一本杉)から大知波峠、富士見岩を歩いて来ました。

Fujimiiwaootibatouge2

天気は良いですが、風があります。大知波峠から富士見岩までの尾根道は、北からの風がまともに吹付け、身の縮む寒さです。

富士見岩に着きました。素晴らしい南アルプスが見えます。富士山は雲があり、あいにく見えません。鉄塔があるので送電線がうなっています。

Dsc03855荒川3山と塩見岳(左)

一周時間は2時間でした。4人に逢いました。

山に係わる古い話をまた書きます。どこの山に行ってもシダがあります。昭和の中頃まではこのシダが盛んに利用されました。

ザルや篭といえば今はプラスチックが多いですが、その頃は竹かシダでした。街にはシダ篭屋が何軒かありました。

そのシダの葉柄を取りに行くのです。それをシダ篭屋に持って行くと買い取ってくれました。ウラジロも篭の材料になるようですが、ウラジロは駄目でした。

もう一つ、シダは小エビを採るのに使いました。葉の付いたシダを束ねて湖に沈めておきます。しばらくしてからそのシダ束を揚げに行きます。

大きな網(タモ)の上で振るとシバエビが網に落ちてきます。シバエビはヨシのあるような川や湖で採れました。今はコンクりート護岸がほとんどとなり、エビもいなくなりました。

このようにシダでエビを採るのは、採れるような環境のところであれば、今も行われていると思います。

このようなことをしたのも、食料に乏しい時代でしたので、生活に直結しているようなことが、自然に子供の遊びでもありました。

シイの実拾い、アケビ採り、つくし採り、タニシ拾い、シジミ採り、ヤマモモ採り、マキの実採り、グミ採り、野イチゴ採り、イナゴ採り、ドジョウ掬い、とろろ芋掘り などもその頃の子供の遊びでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

富幕山

久し振りに静岡県引佐町の奥山高原から富幕山を歩いて来ました。40分ほどで登れる簡単な山です。天気も良く風も無いので、気持ちよく歩けます。

Tonmakuyama2


途中の展望台から富士山が見えました。頂上からは見えません。

Dsc08181富士山

頂上へ着きました。冬の陽を浴びて数人がベンチで休んでいました。

Dsc08178頂上

Dsc08180頂上標識

今は木の葉が散り、浜名湖が見える方です。以前から書いておりますが、年々展望が狭まり、見えなくなってきております。

多くの人が来ております。今日も20人くらい来ていました。頂上の楽しみは展望です。今年は木を切って、展望をよくしてほしいというのが願いです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

座談山

新年あけましておめでとうございます。

初日の出と富士山を見ようと思っていました。この座談山からは両方が見られます。しかし曇っており見合わせていたところ、9:30頃になって薄日が射してきましたので出掛けました。

Zadanyama271

葦毛湿原から登ります。いつもは車がいっぱいですが、2台しかありません。中腹あたりに来ると雪がうっすらと積もっていました。

Dsc08153登山道の雪

45分ほどで頂上に着きました。富士山を期待しましたが、やはり見えません。初日を浴びて浜名湖・太平洋が広がっています。

Dsc08149二川の街の向こうに浜名湖・太平洋

途中のピークでは豊橋市街や三河湾が見えます。

Dsc08154豊橋市街

帰りは別の道を下りました。駐車場は車が10台ほどになっていました。

今年も山を歩ける1年であることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »