« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

神石山(航空灯台)

神石山には手洗という集落から登ることが多いですが、葦毛湿原から登りました。座談山、船形山を経て行きます。.

Kamiisiimou

船形山を過ぎたところに望寺岩(ぼうじいわ)という先端が尖った岩があります。ここら辺りには普門寺に関係する跡が多く見られます。

Dsc08313望寺岩

Dsc08312望寺岩説明版

神石山頂上に着きました。1時間30分でした。雲があり、富士山は見えません。

Dsc08314神石山頂上

途中みぞれも降りましたが、多くの人が来ていました。

神石山にはかって航空灯台がありました。昭和2・30年代光の筋が空を掃くのを見ました。

航空灯台は昭和の初期、夜間有視界飛行のため設置されました。その後、戦時中の昭和18年から防空上点灯されなくなりました。戦後の昭和21年以降はまた点灯され有視界飛行に活躍しました。

昭和36年頃からは無線飛行となり、航空灯台は減少して行きました。昭和43年には廃止が決まりました。

神石山の航空灯台が設置されたのは、昭和8年から昭和12年の間と思われます。昭和44年に廃止撤去されています。

さて、神石山には平成20年には航空灯台のあったことを示す表示板がありました。しかし平成22年には表示板はありませんでした。

下の写真で見るように、朽ちるほど古くもありませんでした。

Photo_71以前にはあった航空灯台跡を示す標識(平成20年2月7日撮影)

歴史と世相を示すこのようなものは、表示案内板といえども是非残してほしいと思います。


追記

この表示板は2017年6月28日に木の枝に吊るしてあるのを見つけました。その時のブログです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

嵩山

湖西市の梅田から低山の嵩山(すやま)と仏岩に行って来ました。雪が散らついていますが、風はありません。

Suyama

登山口の新池では釣りをしている人が3人いました。池の渕に席をこしらえて年季が入っている人たちのようです。寒さなど気にしていない様子です。

嵩山は170mで、梅田峠を経て20分で着きました。浜名湖が見えます。1人が登ってきました。

P2130006嵩山から浜名湖

嵩山から引き返し、梅田峠に戻りました。梅田峠を今度は神石山の方に行きました。神石山までは行かず、仏岩までです。梅田峠から20分で着きました。

P2130009仏岩の案内板

P2130010仏岩からの眺め

P2130012仏岩から太平洋

仏岩からは引き返し、途中で別の道を下り梅田登山口へ出ました。雪は登るときから止んでいます。一周の時間は1時間10分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

大蔵山(戦後の店)

大蔵山と言っても分かりにくいですが、二川駅前の観音のある岩屋緑地公園を言います。高さは100mで山と言うほどでもありません。

峰が2つあり、1つは展望台のある大蔵山、もう1つには観音像のある岩屋山(78m)です。展望台のある峰は縦横無尽に散策路が設けられ、たくさんの人が散策をしております。

Dsc08299_2展望台のある大蔵山

観音像のある峰は岩山となっており、青銅の聖観音立像が建てられています。この観音像は昔から建っており、今のは昭和25年に再建され、国道1号からもよく見えます。

Dsc08300観音像の建つ岩屋山

Dsc08298青銅の聖観音立像

岩屋山の麓には岩屋観音があり、奈良時代に開山されています。御堂やたくさんの石仏があります。

散策路をいろいろ歩いてみました。休憩舎、遊具、ベンチなど備えられています。

ここから別の話になります。戦後のことを書いています。戦後にあった店を挙げてみます。今ではそれらの職種が無くなってしまったり、店の数が著しく少なくなりました。下に列記したのは、私の住んでいた街についてです。

・鍛冶屋・・・・備中、鍬など製造、修理をした。

・下駄屋・・・・下駄製造、鼻緒のすげ替えした。

・傘屋・・・・和傘やちょうちんを作った。

・桶屋・・・・お櫃、たらいなど製造、修理をした。

・たが屋・・・・桶を結えるたがを作った。竹のたがもあった。

・車屋・・・・当時は大八車を製造、修理をした。

・畳屋・・・・畳の製造、張替えをした。

・ござ屋・・・・畳表、背ござ、ござかぶとなど造った。

・建具屋・・・・障子、からかみ、家具など木工製品をつくった。

・篭屋・・・・竹箕、篭類を造った。

・羊歯かご屋・・・・羊歯かごを製造した。

・麹屋・・・・甘酒などの麹を販売した。

・駄菓子屋・・・・駄菓子を売った。

・製材屋・・・・丸太を製材した。

・瓦屋・・・・瓦を製造した。

・炭屋・・・・炭、練炭など販売した。

・氷屋・・・・氷やアイスキャンデーを販売した。

・煙草屋・・・・そこかしこにあった。

・芝居小屋・・・・芝居も掛かったが映画が多かった。

・馬力屋・・・・馬車で荷物を運んた。

・呉服屋・・・・呉服、反物を売った。

・よろず屋・・・・色々なものを売っていた。

・銭湯・・・内風呂が無い家が多く、銭湯に通った

・精米屋・・・コメの精米をした

店は職種ごとにあり、店の数も多くありました。上に挙げたのは最近見られなくなったり、少なくなった店です。

上記以外にも 八百屋、魚屋、肉屋、米屋、菓子屋、玩具屋、薬屋、文房具屋、酒屋、自転車屋、洋品店、金物屋、豆腐屋、洗濯屋、宿屋などの店はありました。

戦争直後頃からの店は文化、芸術、技術、伝統、歴史などがあり貴重です。仕方ないことですが、それらの店が無くなって行くことは寂しく感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

東山(戦後の物売り)

葦毛湿原から二川の東山に行って来ました。曇っていて雪も降りそうです。こんな天気で平日ですが、車はいっぱいです。

Higasiyama_imou

歩き出してすぐに雪も散らつき始めました。葦毛湿原は水が凍っています。途中で富士山が見えるところがありますが、見えるどころではありません。

雪は降ったり止んだりです。1時間で東山に着きました。名古屋方向は雪雲で霞んでいます。雪が降っていることでしょう。

P2090017東山頂上

P2090021豊橋市街の向こうは名古屋方向

雪はそれほど降りませんでしたが、雪の降る中を歩きたいと思っていたので、少しは雪を味わうことが出来ました。1時間50分ほどの歩きでした。

また戦後の話をします。戦後の物売り・行商についてです。戦後はいろいろな商売の人が家に来たり、道端で店を開きました。思い出すままに書きます。

・いかけ屋・・・・穴のあいた鍋などの修理をした。

・刃物研ぎ・・・・包丁やハサミを研いだ。

・米爆ぜ・・・・誂った米を爆ざした。

・米せんべい・・・・誂った米を膨らませて煎餅にした。

・しんこ細工・・・・米粉を練って色を付け、いろいろな果物の形に細工した。道端で行っていた。

・こうもり傘修理・・・・骨の折れた蝙蝠傘を修理した。

・あさり売・・・・朝早く声をあげ売りに来た。

・金魚売・・・・夏に声をあげ売りに来た。

・豆腐屋・・・・ラッパを吹いて売り歩いた。

・納豆売り・・・・声をあげて売り歩いた。

・かご売り・・・・竹篭をいっぱい持って門毎に売りに来た。

・万歳師・・・・正月に鼓を持った三河漫才師が門毎に回った。

・押し売り・・・・ゴムひもなどを売る押し売りが来た。

・紙芝居・・・・いも飴を売り、紙芝居をした。

・見世物小屋・・・・正月などにサーカスや動物の芸を見せる小屋が掛かった。

・置き薬・・・・薬を置き紙風船をくれた。

・カツオ売り・・・・カツオの時期になると一匹単位で売りに来た。

・焼いも屋・夜泣き蕎麦・・・・ときどき回ってきた。

押し売りは別として、子供は楽しみで、待ち焦がれました。傍に付ききりで眺めていたものです。付き合いが身近で素朴でした。

戦後の苦しい中、売る方も買う方も懸命だったと思います。それでも持ちつ持たれつ生きてきたものと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

神石山(戦後食料)

立春も過ぎましたが厳しい寒さが続いています。すぐに登れる神石山に、いつもの手洗登山口から、富士山を見に行って来ました。

40分で頂上です。富士山方向は雲があり見えませでした。神石山には単独の人が多く入れ代わり登ってきます。富士山が見えないことを残念がっています。

Dsc08276神石山頂上より浜名湖

神石山頂上から北に下りる道がついています。まだ歩いたことがありません。試しに下りて行ってみました。送電鉄塔巡視用の道のようです。

最初の鉄塔を過ぎると、岩場があり大変展望の良いところがありました。頂上から5分くらいの所です。豊橋市街から田原、伊良湖岬、右には蒲郡と三河湾一帯が展望できました。

Dsc08282豊橋市街、蒲郡方向

Dsc08283豊橋市街、田原、伊良湖岬方向

この巡視路をさらに進んでみました。麓には下りずにさらに奥に行くようです。次の送電鉄塔に行く道のようです。途中で引き返しました。

山に関係ないことを書きます。戦後の食べ物についてです。経験し記憶にあることだけなので、一部になるかと思います。

・大根、サツマイモ、かぼちゃのご飯・・・・米がないのでこれらを混ぜ、量を多くした。

・おかゆ・・・米がないので水を多くし、量を増やした。

・雑炊・・・・野菜を何でも入れた。

・すいとん・・・・小麦粉を解き、団子状にして、野菜を入れた汁に入れる。

・サツマイモ・・・・主食とした。茎や葉も炒めて食料とした。

・蕎麦がき・・・・蕎麦粉に熱湯をかけて啜った。今の蕎麦とは大違いだった。

・タニシ・・・・これは田んぼで簡単に拾えた。

・イナゴ・・・・袋に入れて、ふんを出し、羽をむしって焙烙で炒った。

・鶏、兎・・・・ときに飼っていた鶏や兎を解体した。

・ハゼ・・・・刺し網を河口に仕掛け、翌日揚げに行った。

・サッカリン、ズルチン・・・・砂糖の代用だった。

・麦ごはん、外米ごはん・・・・白米だけのごはんは大分後になってからだった。

・味噌、漬物・・・・樽に仕込んで作った。

・柿、みかんの皮・・・・干して漬物を作るとき使った。

・モチ・・・・正月にはもちを搗いた。10臼以上は搗き、のしもち以外にかき餅、よしまき(ちまき)、あんころもち、おそなえ、あられ、みずとりなどにした。

戦前は食糧事情は良かったようです。戦後のしばらくがひどい状態でした。そのときはそれが当たり前と思っていました。食べ物を粗末にすることは堪えられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

本坂448m峰

本坂峠から坊が峰を越え、尾根のピークまで歩いて来ました。このピークは豊橋自然歩道縦走路で特に名前はついていません。坊が峰は445mですがこのピークは448mあります。

Bougamineonepiku


旧国道を本坂峠トンネル手前まで入り、ここに車を置きます。登山道を行き、姫街道の本坂峠にすぐに着きます。

Dsc08254本坂峠

本坂峠を坊が峰の方に行きます。天気も良く、風も無いので気持ちよく歩けます。登山口から20分ほどで坊が峰に着きました。

Dsc08268坊が峰三角点

坊が峰を越えて行きます。尾根道ですが木が繁っていて、展望はありません。この尾根道は風があればたいへん寒いところですが、今日は寒くありません。

ピークを2つばかり越えて448mピークに着きました。展望があるわけではありません。尾根上の通過点の感じです。坊が峰から40分でした。

Dsc08265448mピーク

Dsc08266448mピークから坊が峰を見る

さらに進めば中山峠に出ます。ここで引き返しました。この尾根道は富士山も浜名湖も見えません。

姫街道の本坂峠に戻りました。晴れていたので富士山が見えるかと、反対方向の尾根道を開けているところまで行ってみました。本坂峠から5分ほどの所です。

雲があり富士山は全く見えませんでした。浜名湖は眺められました。

Dsc08270浜名湖

本坂峠から坊が峰側の尾根道はあまり歩かれていません。今日も誰にも逢いませんでした。2時間10分ほどの山歩きでした。





| | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

乎那ノ峯・展望公園・高山展望台

山や花や海を見に3つの低山を回ってきました。

Tenboutakayamaona


乎那ノ峯(おなのを)

マンサクで有名です。自然群生をしています。マンサクは咲いていました。早春に他の花に魁て先ず咲く(まんさく)というわけです。

P2020023マンサク群落案内

P2020005マンサク

P2020010マンサク

マンサクは山の麓にあり、その山を登ってみました。5分ほどで登れ、展望がよく、東屋、祠、碑などあります。

P2020003猪鼻湖(いのはなこ) 手前はレークサイドプラザ

浜名湖展望公園

車で移動し、広域農道の引佐(いなさ)峠に着きました。ここは昔の姫街道が通っています。峠の駐車場に車を置き、山道を歩いて行きます。20分ほどで展望台に着きました。

素晴らしい富士山が見えます。山は低いので裾の方はじゅうぶんではありませんが、今日の富士山は靄がないのではっきりしています。

P2020031引佐峠展望公園からの富士山

南アルプスも見えます。聖岳、赤石岳、悪沢岳、光(てかり)岳などと思われます。浜名湖も見渡せます。

P2020029南アルプス

P2020038浜名湖

高山展望台

また車で移動し、三ケ日の高山展望台に行きました。林道横にはみかんの里あります。広い林道脇に駐車をします。そこから歩きますが、ここも10分ほどで展望台に着きます。

湖がよく見えます。富士山は残念ながら山の陰になって見えません。

P2020045猪鼻湖の形がよく分かります。その向こうが浜名湖

富士山も素晴らしく、マンサクも咲いていて満足しました。明日は節分、あさっては立春、蝋梅は咲いていますが、セツブンソウ、梅ももう咲くでしょう。春が近づいています。


















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

富士見岩

快晴となりました。今日は富士山が見えると思います。里山で富士山が形よく見えるのは富士見岩です。本坂峠から行くことにしました。

Fujimihonzaka


峠に車を置き、登山道に入ります。すぐに姫街道の本坂峠に着きます。ここから豊橋自然歩道の尾根道を行きます。頭浅間を過ぎると、ところどころ展望の開けた場所があります。

P2010029頭浅間

風もあり電線もうなっていますが、陽のあたるところは爽快です。ピークからは浜名湖が見えます。

P2010023浜名湖

登山道はところどころ凍っています。30分で富士見岩頂上に着きました。素晴らしい富士山が見えます。真っ白に下の方まで雪をかぶっています。

P2010014真っ白な富士山

P2010016本坂の街の上に富士山

里山の中では、やはりこの富士見岩から見る富士山が一番きれいに見えると思います。南アルプスも見えます。しばらく山を見て楽しみました。

P2010012聖岳(中)、その左は赤石岳

こんなに寒く、片道30分の山歩きですが20人ほどの人に逢いました。富士山はほとんど冬でしか見られません。冬山の良いところです。

















| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »