« 富士見岩(逸勢桜、戦後の履物) | トップページ | 大龍不動桜 »

2015年3月27日 (金)

平尾山(箱膳)

平尾山は豊橋自然歩道の縦走路にある山で、豊橋、三ケ日、新城に接しています。豊橋では1番高く464mあります。

Ooharachouseihiraoyama

豊橋石巻の中山峠や三ケ日の宇利峠から登る人が多いですが、大原調整池の奥から登りました。大原調整池からは2回ほど挑戦していますが失敗しています。

標識のあるところを行きました。以前もここを行きましたが、分かりませんでした。今日もここを行き、残された道を行きましたが、三角点がありそこで道は終わりでした。

P3270002平尾山への標識

今度は引き返すとき、藪道に入りました。また林道に出てしまいました。どこの林道かわかりません。林道を歩いていると人が来ました。

よくぞ逢ったと思います。しかもたいへん詳しい人で、一緒に平尾山まで行ってくれるといいます。林道を少し引き返しそこに登山口がありました。

途中富士山や南アルプスが見えました。ショウジョウバカマがよく咲いていました。

P3270009南アルプス(右より聖、赤石、悪沢)

平尾山に着きました。樹木に囲まれていて展望はありません。

P3270011平尾山頂上

宇利峠方向に向かいます。途中展望がよく三ケ日の街、富士山が見えます。更に行くと、鉄塔があり、ここで分岐となっており、大原調整池方向に下りました。

合計3時間余りの歩きでした。天気も良く、花も見られ、大原調整池周辺には桜が咲き始めていました。よい山歩きが出来ました。

さて、これまでに登山口標識の方向へ3回行きました。あらゆる道を行ってみましたが、行けませんでした。平尾山に行ける道があるのでしょうか。

山に関係ない戦中戦後の話を書きます。

食事スタイルは戦後の頃はちゃぶ台が普通でした。それより前と思いますが、当ブログには箱膳の記憶があるのです。当ブログが生まれたのは昭和15年です。16年に戦争が始まり、20年に終戦となりました。

記憶に残っているということは終戦の頃、箱膳を使っていたということでしょうか。いつも使っていたのではなく、ときどき使ったのかも知れません。映画で江戸時代に箱膳を使っている場面はよく見ます。

箱膳とは箱の中に自分の食器を納めておき、蓋を返せばその上が膳となって食事ができるようになっています。 終わればまた箱の中に食器を仕舞っておくというものです。

Hakozen_2箱膳  ネットで拝借しました

食事の最後は茶碗にお茶をたっぷり注ぎ、たくわんで茶碗をぬぐい、そのお茶を飲みほします。きれいになった茶碗をそのまま膳の中に伏せておきます。

次のときはそのまま使用をします。手が掛からず、まことに合理的です。いつの時代までかわかりませんが、今ではとんでもないと言われるかもしれません。

当ブログは茶碗をきれいにするまでは行いましたが、次にそのまま使ったかどうかは分かりません。そのまま使っていたのは、忙しかったし、水が大切であったということでしょうか。

今でも茶碗をきれいにする感覚は残っています。ごはんは1粒も残しませんが、茶碗もなるべくきれいにするようにしています。

|

« 富士見岩(逸勢桜、戦後の履物) | トップページ | 大龍不動桜 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平尾山(箱膳):

« 富士見岩(逸勢桜、戦後の履物) | トップページ | 大龍不動桜 »