« 豊橋向山緑地のツツジ | トップページ | 富幕山(戦中戦後の冷房) »

2015年4月29日 (水)

神石山(戦中戦後 水)

源頼朝が上洛の折、立ち寄って手を洗ったという手洗(てあらい)の集落より登りました。松林のある登山道です。

Kamiisitearaioufuku

Dsc08485松林

この登山道は40分で頂上に着きます。冬にはよく見えた富士山も見えません。これからはほとんど見えないことと思われます。

Dsc08484神石山頂上より浜名湖

戦中戦後の頃の水事情について書きます。

その頃はまだほとんどの町が水道はありませんでした。町や村によって事情は違うでしょうが、私の町は井戸でした。井戸から水をくむには釣瓶かポンプでした。

当ブログの家は釣瓶でした。釣瓶も竹の棒のものと、滑車で汲むものとありましたが、我が家は竹の棒のほうでした。

釣瓶2杯でバケツがいっぱいになります。この水汲みが子供の仕事でもありました。

バケツは大きいバケツです。子供がやっと持てるほどです。小さいバケツでは間に合いません。

炊事場は大きめの瓶があり、普段水を満たしておきます。風呂はそのバケツで5・6回運んだでしょうか。埋める水も用意しておきます。

洗濯は多くの家が井戸の傍に盥を置いて行っていました。炊事は瓶より柄杓で水を汲みます。

街にも井戸掘り屋とか井戸の枠作り屋などありました。また水を入れておく瓶など売る店も何軒かありました。

水道が引かれたのは当ブログが中学生になってからで戦後8年ほど経ってからです。やがて井戸に関係する店も無くなって行きました。

水は貴重です。水道が出来たときや水洗トイレが出来たときなど、こんなに水を使ってよいのかという思いがしました。

今では慣れてしまいましたが、やはり水は大事にしたいと思います。

|

« 豊橋向山緑地のツツジ | トップページ | 富幕山(戦中戦後の冷房) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神石山(戦中戦後 水):

« 豊橋向山緑地のツツジ | トップページ | 富幕山(戦中戦後の冷房) »