« 東山(戦後の頃の洗濯) | トップページ | 乗小路(牛川)トンネル  »

2015年6月25日 (木)

愛知県民の森(戦後の頃の掃除)

愛知県民の森を東尾根展望台まで歩いて来ました。前のときは不動沢を登ったので、今日は中尾根を登り、赤木沢を下りました。

Aitikenminnakaone

遊歩道から運動広場横の道を行くと、中尾根の登山道に入ります。上部は岩の道もあり変化に富んでいます。駐車場から1時間半で東尾根展望台に着きました。

Dsc07945東尾根展望台

東屋があり、景色を見ながらくつろげます。

Dsc07947東尾根展望台よりの眺め

帰りは来た道を戻り、分岐を赤木沢の方に下りました。遊歩道に出て、駐車場に戻りました。合計2時間半の歩きでした。

戦後の頃の普段の掃除について書きます。

掃除は当ブログもときどき手伝いました。女の人は、先ず姉さんかぶりをし、はたきで障子の桟や鴨居などの埃を払い落します。

昔の家は障子が多かったので、はたきはよく使いました。はたきは薄い生地のぼろ布で、色とりどりのはたきが簡単に作れました。今でもすぐ作ることが出来ます。

  • 「はたき」の画像検索結果
  • はたき  ネットで拝借しました

    次に掃き掃除です。柄の長い畳箒でした。柄の長いほうが掃きやすいようです。塵取りで溜まったごみやほこりを取ります。

    次はふき掃除です。雑巾は使い古した布でたくさん作ってありました。何回も使った雑巾の方が手に馴染みます。バケツの水で何回か洗い絞り、廊下、階段、柱など拭きました。

    これを毎日続けていると木は黒光りしてくるようになります。雑巾がけの後は家が清々しくなりました。

    |

    « 東山(戦後の頃の洗濯) | トップページ | 乗小路(牛川)トンネル  »

    山歩き」カテゴリの記事

    コメント

    この記事へのコメントは終了しました。

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: 愛知県民の森(戦後の頃の掃除):

    « 東山(戦後の頃の洗濯) | トップページ | 乗小路(牛川)トンネル  »