« 吉祥山(戦後の頃の自然食物) | トップページ | 富士見岩(戦後の頃の乗り物) »

2015年8月31日 (月)

東山(夏祭り)

葦毛湿原より東山を歩いて来ました。雨模様の中を昼から行きましたが、駐車場は車が多くあります。

Higasiyama_sasayuri

葦毛湿原はシラタマホシクサが咲き始めています。まだミズギボウシも咲いています。

Dsc08674シラタマホシクサ

Dsc08675ミズギボウシ

今日は8月も最終日、8月10日のときはヒグラシが賑やかに鳴いていましたが、今はツクツクホウシばかりです。

1時間ほどで頂上です。頂上には5人が居ました。下りも来た道を戻りました。

Dsc08676頂上

別の話を書きます。

夏祭りは物心ついたころから行われていました。1年中で最大の町の行事です。どこの町でも見られる祭りと同じです。

日中は神輿、女の子は手踊り、夕方は太鼓や屋台、夜は花火です。夜店も出てほんとうに楽しみでした。

戦後からしばらくは曜日に関係なく、8月1・2日と決まっていました。7月31日から、大人も子供も街に繰り出し、祭りは始まっていました。

当時は法被など買えません。黒い布でできた腹掛けを付けたのみでした。ほとんどの子供はそれで間に合わせていました。

神輿は自分たちの手で作りました。太鼓や女の子の踊りも大分前から練習しました。これらのことは今も同じだと思います。

昔の祭りと今の祭りは、子供の数が少なくなってきていること、交通事情、街の変化などにより、変わってきました。

昔は地域と結びつきが緊密でした。夏祭りは懐かしい思い出として強く残っています。

|

« 吉祥山(戦後の頃の自然食物) | トップページ | 富士見岩(戦後の頃の乗り物) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東山(夏祭り):

« 吉祥山(戦後の頃の自然食物) | トップページ | 富士見岩(戦後の頃の乗り物) »