« 彼岸花 | トップページ | 愛知県民の森 北尾根展望台 »

2015年9月24日 (木)

蓼科山

今年の夏は都合でアルプスなどの高い山には行けませんでした。1山は登りたいと思っていたので、登り易い蓼科山に行って来ました。
Tatesinayama2
 
登山口は最も近い七合目登山口です。昔、蓼科山には登ったことがありますが、そのときは女神茶屋から登りました。
朝4時半に家を出、8時半に登山口に着きました。シルバーウィークも昨日で終わり、広い駐車場は車はなく、登山口前の駐車場に14・5台ほどだけでした。
あいにく今日の天気は曇りです。山の見えることはあきらめて来ました。
百名山で登り易い山なので、夏や休日はかなり混んだようです。
鳥居をくぐって行きます。白樺や唐松の緩いササ道を行くと、10分ほどで「馬返し」に着きます。広場になっているわけでもなく、見逃しそうです。
Dsc08718 登山口鳥居
Dsc08762 馬返し表示板
馬返しからは登りもきつくなってゆきます。紅葉も見られます。さらに35分ほどで「天狗の露地」に着きました。
すぐ横に展望の良い広場があります。
あきらめていた山が見えました。槍、穂高、乗鞍など雲海の上に見えました。女神湖も見えましたが、雲ですぐに見えなくなりました。
P9240009 槍、穂高の山々
P9240004 雲海に浮かぶ美ヶ原 鉄塔が見える
P9240002 乗鞍岳(中央)、手前は霧ヶ峰車山
槍ヶ岳や穂高が見えたのはこのときだけでした。
天狗の露地から丸太と石のザンゲ坂を登ると40分ほどで「将軍平」に着きました。ここには山小屋「蓼科莊」があります。
Dsc08735 蓼科莊前から蓼科山
ここからは難所となります。大きな石の急斜面を登ります。やがて 「蓼科山頂ヒュッテ」に着きました。脇を進むと山頂です。雲海の上に素晴らしい展望が開けています。
特に八ヶ岳が眼前に形よく見えます。頂上は岩塊の平地となっています。蓼科神社奥宮もあります
頂上までは標準時間より10分多い2時間10分で着くことが出来ました。
Dsc08748 頂上標識 後ろは中央アルプス
Dsc08753 蓼科神社奥宮
 
Dsc08750 頂上より八ヶ岳
雲海が素晴らしく、その上に山が浮かんでいます。
Dsc08754 雲海に浮かぶ南アルプス
Dsc08755 岩塊の向こうに御嶽山(中央)、乗鞍山(右の奥)
たいへん寒い頂上です。ウィンドブレーカーや手袋は持って行きましたが、耳当てが要ります。寒くて長く居れず、山頂台地は一周しませんでした。
帰りも来た道を戻りましたが、大きな石の急斜面は慎重を要します。
多くの登山者が続々と上がってきます。ロープウェイで来ている人がかなり多いようです。
下りは途中で雨も降ってきました。1時半に登山口に戻りました。
帰路は和田峠を通り、家には6時半に着きました。
動画をUPしました。
 
 

|

« 彼岸花 | トップページ | 愛知県民の森 北尾根展望台 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蓼科山:

« 彼岸花 | トップページ | 愛知県民の森 北尾根展望台 »