« 富幕山(真岡郵便電信局事件) | トップページ | 満観峰(対馬丸撃沈事件) »

2015年12月28日 (月)

浜名湖サイクリングロード(舞鶴引揚記念館)

富士山が見えるのではないかと、浜名湖サイクリングロードを自転車で走ってきました。瀬戸より出発し、浜名湖側から猪鼻湖側を走る一周コースです。

Hamanakohokubujitennsha

はっきりしませんでしたが、富士山は見えました。舘山寺も対岸に見えています。

Dsc09163
富士山

Dsc09165舘山寺

一部を除き、サイクリングロードなので安心して走れます。一周時間は1時間40分でした。

 

別の話を書きます。
12月25日中日新聞夕刊に「舞鶴引揚記念館」の記事がありました。当ブログも平成16年(2004年)3月に訪問しています。

Dsc09158_2
舞鶴引揚記念館の入場券

記念館訪問者数は1991年に20万人を越えていましたが、、2012年には7万人を割ったということです。訪問者の中には引き揚げを、沈没船引き揚げと、勘違いする人もあるということです。

さて、「引き揚げ」とは終戦(昭和20年8月15日)後、海外に残された日本人を帰国させることを言います。帰国させる人数は、一般邦人・軍人合わせて600万人以上でした。

帰国事業は昭和20年9月28日から、舞鶴港をはじめ、国内の十数港を引揚港に指定して開始されました。舞鶴港は昭和25年以降は国内唯一の引揚港として、昭和33年9月の最終船入港までの13年間、重要な役割を果たしました。

初めの頃は、舞鶴港の名や、興安丸の名を、耳にしない日はありませんでした。ラジオの「尋ね人」はいつも放送されていました。引き揚げ船は他にも31隻ありました。

しかし、その帰国は筆舌尽くし難い状態でした。舞鶴港では、主として旧ソ連邦、中国などの大陸からの引揚者を
迎え入れました。

一方、大陸に残された日本人およそ57万人がソ連へ送られ、その内の約47万
2千人がシベリアの収容所で、長い年月辛い抑留生活を強いられました。

舞鶴港では、引揚船が入港するたびに、肉親との再会、そして、いまだ帰らぬ我が子・夫を待つ婦人の姿など悲喜こもごもの光景がありました。

00003

上の写真の説明

誠に申し訳ありませんが、この写真はネットで拝借させていただきました。

旧満州からの引き揚げは混乱をきわめ、多くの引き揚げ孤児たちを生み出しました。

昭和21年12月5日、品川駅に引き揚げ孤児の第2陣33人が到着ときの写真です。

先頭の少女は両親の遺骨を抱いていました。引き取り先が決まるまで、上野の同胞援護婦人連盟ホームに収容されました。

0002昭和21年6月 品川駅 (アメリカ人撮影)  故郷に向かう列車に乗り込む

舞鶴港は昭和33年まで、66万人の引き揚げ者と16,269柱の遺骨を受け入れました。

引き揚げの史実は過去の出来事として、年々遠ざかりつつあります。

しかし、その苦しみと悲しみ、平和の尊さを忘れ去ってはなりません。

ところで舞鶴引揚記念館は、今回 リニューアルオープンし、戦争の理不尽さを伝え、「保存」から「発信」へとかじを切って行くということです

|

« 富幕山(真岡郵便電信局事件) | トップページ | 満観峰(対馬丸撃沈事件) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜名湖サイクリングロード(舞鶴引揚記念館):

« 富幕山(真岡郵便電信局事件) | トップページ | 満観峰(対馬丸撃沈事件) »