« 大和(小槌)の大イチョウ | トップページ | 神石山(普門寺紅葉) »

2015年12月 2日 (水)

石巻山(石巻山・本宮山民話)

石巻山にぶらりと行って来ました。当ブログの家からは10分ほどで行けます。オドリコソウがあり、花の百名山に入っています。

Isimakisanyama2

林道を駐車場まで入りました。ここまで来れば簡単に登れます。登り口は以前は賑わいましたが、今は旅館が2軒です。今日は石巻神社山上社・奥の院に寄ってみました。歴史のある神社です。

Dsc09089 石巻神社山上社

25分ほどで頂上です。近くの山々や街などが見えます。冬の天気の良い日には富士山が見えることもあります。

Dsc09093 頂上から本宮山

Dsc09095 豊橋市街

石灰岩の山で、洞窟や奇岩があります。以前はロッククライミングが行われていたところもありましたが、禁止となりました。

ここから関連した別の話となります。

豊橋の街からは東に石巻山、北に本宮山が見え、親しまれています。両方の山とも小・中・高の校歌に多く歌われています。

Dsc09085 豊橋の街から石巻山

Dsc09083 豊橋の街から本宮山

いまからの話は昔からある話で、当ブログも60年ほど前にも聞いたことがあります。
宝飯郡一宮村の本宮山と八名郡石巻村の石巻山は高さを争いました。

今は本宮山は豊川市一宮町で、高さは789メートル、石巻山は豊橋市石巻町で、高さは356メートルです。高さは歴然としていますが、そこが面白いところです。

両方の山の神様が大喧嘩となりました。そこで、まわりの山々の神様たちが集まり、相談しました。

神様たちは、石巻山と本宮山の頂上に樋をかけ、水を流しました。すると水は石巻山側に激しく流れ落ち、石巻山が負けてしまいました。

そんなことがあってから、石巻村の人々は石巻山が少しでも高い山になるために、小石をもって山に登るとご利益がある、という噂話をつくって言い広めました。

それからは石巻山は小石をもっていけば、願い事がかなうと言い伝わり、小石を持って山に登る人々で賑わうようになりました。

小石は、灯篭にあげたり、鳥居に投げ上げてお参りするとご利益があるということです。

 


               

|

« 大和(小槌)の大イチョウ | トップページ | 神石山(普門寺紅葉) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石巻山(石巻山・本宮山民話):

« 大和(小槌)の大イチョウ | トップページ | 神石山(普門寺紅葉) »