« 富幕山(引佐峠の花桃) | トップページ | トキワマンサク »

2016年4月 8日 (金)

力寿の桜

一本桜を訪ね回っています。豊川市の財賀寺近くに「力寿の桜」があるのを知り、行って来ました。しかし時季を過ぎており、花は大分散っていました。

P4080052 力寿の桜

P4080038 力寿の桜案内

P4080044 力寿の桜

「力寿の桜」は財賀寺の手前1kmほどのところにあり、木の根元には「力寿碑」が建てられています。その石碑には、力寿姫と大江定基の悲しい物語がつづられています。石碑の説明版も立てられていました。

P4080041 石碑

P4080040 石碑の説明版

力寿姫 は赤坂の長者の娘で、美しく歌舞伎に優れていました。三河国司を務めた大江定基 に愛されましたが、ほどなく病により亡くなりました。

定基は寺をたて、力寿をとむらいました。その後都へ帰りましたが、力寿姫をわすれることはできず、出家して名を「寂照」と改め、えらいお坊さんになりました。

力寿姫を祀った寺跡が、この力寿の桜のところになります。財賀寺にある文殊堂は、力寿姫を弔うためにたてられた「文殊楼」だと言われています。

近くだったので財賀寺も観て来ました。

P4080069 財賀寺仁王門

P4080068 仁王像

P4080053 文殊堂

P4080059 本堂

P4080057 大師堂

仁王門は平成8年~10年に修理されましたが、仁王さんが奈良博物館から里帰りしたとき、貴乃花がこの前で土俵入りを奉納しました。

 

|

« 富幕山(引佐峠の花桃) | トップページ | トキワマンサク »

桜・藤」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 力寿の桜:

« 富幕山(引佐峠の花桃) | トップページ | トキワマンサク »