« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

吉祥山(ササユリ)

吉祥山にササユリを見に行って来ました。4日前神石山に行ったときはまだ硬い蕾でしたが、今日はよく咲いていました。
ササユリはAコース沿いの道には見られないので、Bコースを登りました。

はじめは少ないですが、反射板近くになると多く咲いていました。

Dsc00185 ササユリ1

蕾と咲いているのと半々くらいでした。

Dsc00178 ササユリ蕾

Dsc00186 ササユリ2

反射板は柵で囲まれていますが、柵の中はたくさんのササユリが咲いていました。

Dsc00187 ササユリ3

Dsc00188 ササユリ4

Dsc00180 ササユリ5

ササユリが好きで、この時季、毎年山に咲くのを楽しみにしています。

吉祥山は低い山(382m)ですが、頂上からは周りの山々がよく見えます。

Dsc00193 頂上

最近Bコースの道が素晴らしくなりました。これはある奇特な方が、1人で数か月間掛かって直されました。大変歩きやすい道となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月27日 (金)

神石山(ササユリ)

近くの神石山にササユリが咲いたか見に行って来ました。手洗(てあらい)の登山口から登りました。

Kamiisitearaioufuku

松林を行く道です。

Dsc00174 松林の登山道

ササユリはありました。しかしまだ蕾です。そんなに多くはありません。

Dsc00170 ササユリ

Dsc00168 ササユリ

頂上に着くまでに見たのは4本だけでした。以前にはこのコース沿いに多くのササユリを見ましたが、ここ数年は僅かになりました。

今年はまた多く咲くようになったか期待しましたが、今年も少ないようです。1週間ほどしたら咲くことと思います。

曇っていて頂上から富士山は見えませんでした。浜名湖を眺めながら一休みして同じ道を下りました。

Dsc00172 頂上からの浜名湖

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

初釣果

釣りの季節となりました。昨日初めて釣りに行きましたが、引きもしませんでした。毎年行っている奥浜名湖の入出の夜釣りです。
今日また行きました。小振り(27cm)ですがセイゴ3匹の釣果でした。ここ2年はほとんど釣れていなかったので、これだけ釣れれば上出来です。

Dsc00146 セイゴ

竿は3間(5.4m)の延べ竿、道糸2号、ハリスは大物に備えて1.7号、針はチヌ針5号、おもり中の嚙み潰し、電気浮き、エサは青虫で行っています。

狙いは今の時季40cm以上のクロダイ、キビレ、セイゴですが、運が良ければ釣れます。さて、今年の釣りはどうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月21日 (土)

愛知県民の森(東尾根・北尾根)

愛知県民の森 東尾根展望台から北尾根側に歩き、一周して来ました。

Aitikenminhigasikita

駐車場から管理道路を歩き、鶺鴒橋を越えた所から登山道に入りました。

Dsc00120 登り口の案内板

ジグザグの登山道を登って行きます。途中にギンリョウソウが咲いていました。

Dsc00122 ギンリョウソウ

30分ほどで中尾根登山道と出合いました。岩の道を登って行きます。所々に防火水槽があります。

Dsc00127 防火水槽

Dsc00132岩の道

歩き始めてから1時間10分で東尾根展望台に着きました。宇連山が近くにどっしりと見えます。

Dsc00135 東尾根展望台

Dsc00133 東尾根展望台からの宇連山

東尾根展望台を直進して行きます。アップダウンを繰り返し、北尾根・東尾根の境に着きました。東尾根展望台から30分でした。

Dsc00141 北尾根・東尾根の境

ここからは下りとなります。北尾根の途中の分岐からシュウトン沢を下り、林道に出、管理道路を戻りました。

Dsc00144 シュウトン沢を下り、林道に出た所

愛知県民の森は宇連山に行くのに使われています。東尾根、北尾根、南尾根、西尾根とありますが、どの尾根道からも行くことが出来ます。

まだ歩いていない尾根道もあるので、全部を歩いてみたいと思います。日差しはやや強くなってきましたが、緑さわやかな山を楽しめました。

途中会ったのは1人だけでした。合計3時間の歩きでした。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月14日 (土)

明神山

明神山には三ツ瀬、乳岩、柿野など登山口がありますが、鳳来湖林道終点の栃ノ木沢登山口から登ってみました。

Myoujintotinoki2

 

林道終点近くに岡崎森林施設があり、看板も出ているのでそれを頼りに登山口まで入ります。林道終点には車5・6台ほど置ける駐車場があります。
駐車場の前の板敷川を横切った先が登山道となります。

Dsc00112 川を横切った先が登山口

少し進んだところに案内板があります。ここまでは案内板が無いので不安です。

Dsc00080 最初の案内板

この道は一本道ですが、それほど良い道ではありません。岩の斜面の道もあります。

Dsc00111 こんな岩の道もあります

約1時間で乳岩・鬼岩に行く道との分岐に出ました。ここから道の状態は少し良くなりました。

Dsc00084 分岐の表示板

さらに1時間で乳岩から来る道との分岐に出ました。

Dsc00091 分岐の案内板

さらに30分で頂上に着きました。雲があり遠くの山は見えません。

Dsc00107 頂上

Dsc00108 展望台

Dsc00104 展望台からの眺め

若い人たちが多く、賑わっていました。帰りも同じ道を下りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月13日 (金)

久能山(大崩海岸)

静岡市と焼津市を結ぶ駿河湾沿いの道に大崩海岸があります。県道416号線となっており、以前崩落があり、海上に道が造られました。
この海岸線の道を通ってみたく、久能山の石段登りと兼ねて、昨日行って来ました。
久能山(高さ270m)は何回か来ていますが、石垣いちごの時季は終わっており、観光客も少なくなっていました。
石段は東照宮まで1159段あります。その上の神廟まで下より30分掛かりました。
今日は大変よい天気で、東は伊豆半島、西は御前崎まで見渡すことが出来ました。

P5120010 東照宮拝殿

P5120012 家康公の墓所 神廟

P5120005 遠く伊豆半島

P5120021 西には御前崎

久能山東照宮からは富士山は見えません。

さて、帰りは大崩海岸を通って帰ろうと思いましたが、通行止めでした。既に3年ほど前から通れないようです。全く知りませんでした。

平成25年10月15日の台風26号で地滑りが発生し、それ以来通行止めが続いているようでした。

Ookuzure

通行止めとなっているところまで行ってみました。ここからは海に造られた道の一部が見えました。

P5120023 海に造られた道の取り付け部

ここからは富士山もよく見えます。

P5120022 富士山

さらに進むことはできないと思い、ここで引き返しましたが、後で調べてみると、この先に店があり、そこまでは行けるようでした。残念でした。

この道は現在、山側に965mのトンネルを掘り、開通させる工事が始まっています。平成27年8月に着工され、29年3月に供用開始の予定です。

この後国道150号を通って、焼津港へ行きました。焼津港からは大分雪の解けた富士山が見えました。

P5120024 焼津港からの富士山

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 3日 (火)

船形山

連休の直中、近くの山に行って来ました。緑さわやかな季節で、葦毛湿原の駐車場は100台ほどの車でいっぱいです。

 

Zadanyama281

葦毛湿原は花も移り変わっています。オオバノウマノスズクサが咲いていました。コバイケイソウはまだ咲いていませんが花茎が伸びています。

Dsc00067 オオバノウマノスズクサ

Dsc00068 コバイケイソウ

山の中に入ってしまうと、メインの道でなければ、そんなに人に出合いません。分散してしまうからでしょう。

船形山はよく行く座談山から10分ほどです。城跡のある山です。

Dsc00069 船形山

ここで引き返し、別の道を通って帰り、一周しました。帰りはメインの道を通ったので、多くの人に逢いました。

Imousitugenonemiti2

太線の道がよく歩かれている道です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »