« ホームページ画面と題変更 | トップページ | 東山(ハンゲショウ) »

2016年6月30日 (木)

富幕山(ハス・夏越の祓)

雨の合間を縫って、花を見がてら静岡県引佐町の奥山高原から富幕山に行って来ました。

Tonmakuyama

それぞれの季節、花があり、簡単に登れる山なのでいつも人が来ています。ササユリがまだ咲いており、草花が多く見られました。

Dsc00330 ササユリ

オカトラノオは広い範囲で咲いており、よく目に着きました。

Dsc00323 オカトラノオ

頂上には40分ほどで着きました。巨大なアンテナも霧に包まれています。

Dsc00327 休憩舎からアンテナを見る

こんな天気でしたが、4人に逢いました。

行くときに新城市中宇利にある慈廣寺のハスを見て行きました。6月24日の中日新聞に、この記事が出ておりました。

P6300002 慈廣寺入口

ハスは130鉢ほどに植えられており、50種類以上があります。色は白、紅、黄色などあります。

P6300003 慈廣寺門

P6300020 ハス1

P6300015 ハス2

門と本堂の間の庭にぎっしりと鉢が置いてあります。

P6300028 ハス3

P6300027 ハス4

ハスは夜明けとともに開き、午前中に萎んでしまいます。

P6300011 ハス5

P6300018 ハス6

P6300019 ハス7

一角には石仏が並んでいます。

P6300030 石仏

また、ケヤキの2本が合体して1本の木のように見える、縁結びの木があります。

P6300034 縁結びの木

ハスは花により、咲く時期が移り変わっていますが、7月中旬が最盛期ということです。

もう一つ行事について書きます。

今日で1年の半分が過ぎました。神社では年2回除災行事として6月30日に「夏越の祓」(なごしのはらえ)、12月31日に「年越の祓」が行われるところがあります。

今では「年越の祓」はあまり行われず、「夏越の祓」が多くの神社で行われています。「夏越の祓」の行事として「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」が行われれています。

砥鹿神社茅の輪(ネットで拝借しました)

正面から最初に左回り、次に右回りと 8 字を描いて計3回くぐることで、半年間に溜まった病と穢れを落とし、残りの半年を無事に過ごせることを願うというものす。

行われる日は多少違うようですが、豊橋の近くでの神社でも「茅の輪潜り」が行われたことが、後日の新聞に4神社出ていました。豊川市一宮の砥鹿神社では「夏越の祓」、「年越の祓」両方が行われています。

|

« ホームページ画面と題変更 | トップページ | 東山(ハンゲショウ) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富幕山(ハス・夏越の祓):

« ホームページ画面と題変更 | トップページ | 東山(ハンゲショウ) »