« 田原蔵王山(平成28年戦争資料展 特攻) | トップページ | 占守島の戦い »

2016年7月30日 (土)

嵩山(造船所見学)

昨日、湖西市の梅田から簡単に登れる嵩山(すやま 170m)に行って来ました。

Suyama2

登山口は駐車場も完備しており、神石山など湖西連峰に多くの人が登っています。

Dsc00474 登山口

頂上には20分ほどで着きました。低い山ですが、浜名湖の眺めがよく、そよ風もあってくつろぐことが出来ました。

Dsc00470 浜名湖

Dsc00473 頂上

ここから別の話になります。

今、三河港を中心に「海フェスタ東三河」が開かれています。その中の催し事の1つとして、「新来島豊橋造船見学会」があり、今日見学をしてきました。

これは事前申し込みではなく、9:30に整理券配布となっています。既に多くの人が並んでおり、見学は11:45からとなりました。

時間があるので、先に練習帆船「海王丸」の見学をしました。帆は張っていませんでしたが、内部の見学ができました。

Dsc00497 海王丸(後部)

Dsc00486 海王丸

Dsc00491 海王丸甲板

また、海洋環境整備船「白龍」も内部の見学をしました。「白龍」はゴミ回収や油回収をする船です。

Dsc00494

海洋環境整備船「白龍」

新来島豊橋造船の見学です。

集合場所からバスで移動しました。造船所は広い(東京ディズニーランドと同じ広さ)ので、そのままバスで見学です。

①内業工場→②大組立工場→③管工場→④ブラスト工場→⑤建造ドッグ→⑥艤装船 と言う順序で見学しました。

主要クレーンは門型走行式800Tクレーン1基、同じく300Tクレーン2基、塔型引込式150Tクレーン1基を備えています。

これらのクレーンは聳えているので三河湾のどこからでも見えます。800Tクレーンは平成18年に増設されました。

Dsc00507 300Tクレーン(2基)

Dsc00511 クレーン基部

Dsc00524 船首ブロック

Dsc00514 ブロック置場

Dsc00518 ブロック運搬車輌

このように組み立てられた巨大なブロックは、建造ドッグで組み立てられます。建造ドッグは長さ380m、幅66m、深さ10.7mで1.5隻を組み立てて行くのが、効率がよいということです。

艤装岸壁では、バスから降り、艤装中の船を見学しました。全長197m、載貨重量61,000トンのバラ積み貨物船が艤装中でした。

この船の乗り組み定員は25人です。この船を年間7隻建造しているということです。

Dsc00528 艤装中の船

巨大クレーンなど眼前に見ることが出来、鉄を自在に組み立てて行くそのスケールの大きさに目を奪われました。素晴らしい工場見学ができました。

 

 

 

|

« 田原蔵王山(平成28年戦争資料展 特攻) | トップページ | 占守島の戦い »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嵩山(造船所見学):

« 田原蔵王山(平成28年戦争資料展 特攻) | トップページ | 占守島の戦い »