« 吉祥山(続々豊川海軍工廠) | トップページ | シールド工事見学会 »

2016年7月21日 (木)

茶臼山(大暑)

愛知県豊根村の茶臼山(1,415m)に行って来ました。リフト下の駐車場から西ルート登山口を登り、休暇村の方に降り、一周して来ました。

Chausuyamaishuu

 

Dsc00380 西ルート登山口

自由の丘と名付けられた草原広場に着きます。開けていて周りが見渡せます。30分ほどで頂上に着きました。

Dsc00389 茶臼山頂上標識

Dsc00385 頂上から萩太郎山

下りは休暇村の方に降り、車道に出ました。歩き時間は1時間30分ほどでした。茶臼山高原は流石に愛知県で一番高いところです。暑くも無くさわやかでした。

下りてきたのは、12時半頃でしたが、車は意外に少なく(20台~30台)、リフトもほとんど無人で動いていました。

別の話になります。明日、22日は大暑(たいしょ)です。当ブログは季節を表す言葉が好きなので、大暑について書きます。

大暑は二十四節気の1つで、例年、7月22日か23日のどちらかの日になります。(理由は、太陽黄道が120度のときと定められているから)

大暑とは、いったいどんな日でしょうか。字の通り最も暑くなるころです。大暑当日から、立秋の前日(8月7/8日)までが、大暑の期間中となります。
 
節気に因んだ食べ物がよくありますが、大暑の日に特に食べる食べ物はあるのでしょうか。天ぷらのようです。夏バテ防止に天ぷらが最適だということです。
しかし、実際の暑さのピークはもう少しあとのようです。 これは二十四節気は中国で生まれたものだから、日本の気候とは少しずれているためです

|

« 吉祥山(続々豊川海軍工廠) | トップページ | シールド工事見学会 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶臼山(大暑):

« 吉祥山(続々豊川海軍工廠) | トップページ | シールド工事見学会 »