« 竜頭山 | トップページ | 坊ケ峰(本坂隧道) »

2016年8月18日 (木)

東山(本土空襲)

豊橋自然歩道の東端にある東山に、葦毛(いもう)湿原より登って来ました。

Higasiyama_imou

葦毛湿原にはミズギボウシやシラタマホシクサなど咲いていました。

Dsc00682 ミズギボウシ

Dsc00679

シラタマホシクサ

頂上には50分で着きました。こんな暑いときですが、4人が居りました。また途中では10人ほどに逢いました。

Dsc00684 頂上

アメリカ軍が日本各都市に対して行った空襲について書きます。

アメリカ軍による日本本土空襲は、特に昭和19(1944)年末頃から激しくなり、最終的には無差別爆撃となりました。
空襲は昭和20(1945)年8月15日の終戦当日まで続き、全国で200以上の都市が被災し、死傷者数は100万、被災人口は970万人に及びました。
被災戸数は、内地全戸数の約2割にあたる約223万戸が被災しました。北海道を含む多くの都市が空襲を受けています。その他、多くの国宝・重要文化財が焼失しました。京都も空襲を受けています。
空襲以外の日本本土への攻撃として、艦砲射撃も行われており、日立、清水、浜松など製鉄所や軍需工場が存在するいくつかの工業都市が破壊されました。
8月6日と9日の広島・長崎の原爆、そして15日の終戦、8月は鎮魂の月です。

|

« 竜頭山 | トップページ | 坊ケ峰(本坂隧道) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東山(本土空襲):

« 竜頭山 | トップページ | 坊ケ峰(本坂隧道) »