« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

山伏退却(ダム見学)

昨日、豊橋は朝、快晴でした。素晴らしい富士山が見えるかと静岡、井川山域の最高峰山伏(やんぶし)に出かけました。しかし新東名を走っているころから、雨が降り出しました。

Sizuokakennminnnomori

新東名高速道路を新静岡で降り、井川方向に向かい、県民の森を目指します。雨は降ったりやんだりしています。
 
富士見峠を過ぎたあたりから、深い霧となりました。この霧もやがて晴れるかと思い、林道を走り続けて行きました。しかし一向に晴れる気配もなく、深くなるばかりです。
 
これでは山へ登っても楽しみもありません。山伏には登ったこともあり、県民の森で引き返しました。県民の森では、今日 10月30日、33回目の井川もみじマラソンが行われるというので、準備をしていました。
 
結局登山道に足を踏み入れることもなく、ここで退却です。紅葉も楽しみにしてきましたが、まだそれほどでもありません。

Dsc01036 井川湖の紅葉

せっかくなので井川ダムの方に下り、ダム見学をしました。ここからダムの話になります。

まず井川ダムに寄りました。井川ダムは昭和32年(1957年)に完成し、日本初の中空重力式コンクリートダムというのが特徴です。

Dsc01046 井川湖

Dsc01044 井川ダム

中空重力式コンクリートダムというのは堤体内部が空洞となっているダムです。

Dsc01045 ダム説明図

井川ダムは建設当時コンクリート材料のセメントが、非常に高価であったことから、このような形式のダムが採用されました。このように空洞にすることにより、約30%のコンクリートが節約できます。(ダム説明版より)

しかし、次第にコンクリートの価格が安値になり、また施工に手間が掛かるため、人手が多く要る中空重力ダムは行われなくなりました。今後は中空重力ダムが建設される事はまずないと考えられます。

次に長島ダムに寄りました。、平成13年(2001年)に完成しました。長島ダムは南アルプスに行くとき3回ほど通り、工事中から見て来ました。

Dsc01058 長島ダム

大井川水系には15基のダムがありますが、その中で唯一発電をしない多目的ダムで、洪水調節、灌漑、上水道、不特定利水に利用されています。

したがって、他ダムの建設は電力会社が建設していますが、長島ダムは国土交通省が建設しています。

長島ダムは、一般のダムよりも開放的でダム内部の見学もできます。近くには″長島ダムふれあい館″があり、詳しく説明もしてくれます。

Dsc01065 長島ダムふれあい館

また、ダム直下は公園になっていて、散歩も出来ます。堰堤の横には芝桜がダム上部まで植えられており、開花時はさぞかしきれいなことと思われます。

Dsc01062 ダム直下

山歩きが336km走ったダム見学の一日となりました。

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

尉ケ峰(なっちゃん)

昨日、富士山が初冠雪しました。平年より26日遅く、観測開始以来、最も遅い記録ということです。その富士山が見えるかと、尉ケ峰(じょうがみね)に行って来ました。

Jougaminerinndou2

登り口は林道登山口から登りました。20分で登れる近い登山口です。期待した富士山は雲があり見えませんでした。
頂上は木が繁って来て、浜名湖の展望も効かなくなってきました。残念です。

Dsc01028 尉ケ峰頂上

Dsc01026 浜名湖

花は全く見られませんでした。帰りに新城のコスモス畑に寄りました。ちょうど満開でした。

Dsc01030 コスモス畑

ここから別の話になります。10月16日の朝日新聞にこんな記事がありました。
 
「ばあちゃん、ばあちゃん」。なっちゃんと呼ばれていた当時4歳の女の子が照れるように玄関に立っているのを見て、祖母(63)は驚いた。兵庫県三田市の自宅から祖母の家まで7キロの道を一人で歩いてきた。2009年春のことだ。
 
 なっちゃんは継母から「どこでも好きなところに行け」と言われたという。祖母は「小さな子を一人で出してどういうことだ」と思い、虐待の疑いがあるとして、市に相談した。
 
なっちゃんは2歳の時に実母を病気で亡くし、しばらく祖父母に預けられていたが、父親の再婚を機に、父と継母のもとで暮らすようになっていた。
 

 親族や自治体への取材、裁判記録、県の検証報告書などによると、なっちゃんは何度も虐待の「サイン」を発していた。

 09年夏、なっちゃんのほおにたたかれた痕があるのに幼稚園が気づいた。虐待があったとして、県が管轄する児童相談所(児相)が一時保護したが、1カ月ほどで自宅に戻した。
 

預かり時間が長い保育所に通わせて継母の育児の負担を軽くし、見守ることにした。

 

写真・図版 なっちゃん


 その保育所も、顔などのあざや傷に3度気づいたが、日常で起こったけがだと判断し、すぐに市に知らせなかった。

  そして09年11月、なっちゃんは自宅で倒れて病院に運ばれ、5日後に亡くなった。5年と3カ月の命だった。死因は急性硬膜下血腫による脳機能障害。
継母は暴行を否定したが、裁判では頭に強い衝撃を加える暴行があったと認定された。 

・・・・・・

記事はまだ続きますがここまでとします。朝日新聞のネットで続きは読むことが出来ます。

なっちゃんが可哀そうでなりません。なっちゃんはたった5年3ケ月の命でした。この記事を読んで、胸が張り裂けそうでした。
子供は親を信用しています。親の言うことは本気に受け取めます。「出て行け」と言われれば、そのように受け取ります。7キロの道は4時間はかかるでしょう。
 
子供は親から言われれば、悪いのは自分だと思ってしまいます。なっちゃんもそんな風に思って、死んでいったのかと思うと、切なくてなりません。
 
短い命を閉じたなっちゃんの次の世は、幸せでない筈はありません。
 

この記事は7年ほど前に起こったことですが、このような事は後を絶ちません。その都度、児相、親の在り方、近隣との希薄、など問題にされています。

このようにして失われる命を、一刻でも早く、どんな方法であれ、無くさなければなりません
 
幼い命が失われる、こんな悲しいことはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月18日 (火)

富士見岩(釣り納竿)

昨日は1日雨でしたが、今日は快晴です。富士山が見えるかと思い、湖西市知波田のおちば親水公園より富士見岩に行きました。

Fujimiiwaoofuku

登山口は金木犀のよい香りが漂っています。鉄塔沿いの道を行きました。花はノコンギクやオミナエシが見られるくらいであまり多くありません。

鉄塔の5つ目が頂上になります。ちょうど1時間で着きました。残念ながら富士山方向は雲があり、見えません。

Dsc01005 富士山方向、正面手前は富幕山

浜名湖はきれいに見えます。遠くに国道1号の浜名大橋も見えます。

Dsc01007 浜名湖

帰りも来た道を戻りました。

ここから釣りの話です。山に登る前に釣りに行って来ました。釣り場と登山口のおちば親水公園は近くにあります。

いつも釣る場所です。全く釣れませんでした。今日で今年の釣り収めといたします。今年も釣りはほとんど行かなかったので、ここに書くことも出来ませんでした。

ここ3、4年は同じ状態が続いています。やはり釣れないとなかなか行く気になれません。また来年を期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

富幕山(資源保護)

静岡県浜松市引佐町の富幕山(とんまくやま)に花を見に行って来ました。奥山高原登山口から登ります。Tonmakuyama2

登山口から頂上までマツムシソウが見られます。花は小振りですが、間断なく咲いています。

Dsc01005 マツムシソウ

今日は久しぶりの快晴です。展望台から富士山が見えることを期待しましたが、駄目でした。

Dsc00998 展望台から富士山方向を見る

登山道沿いにはいろいろな花が見られます。ワレモコウ、イナカギク、ノコンギク、ナンバンギセル、オミナエシ、フジバカマ、アザミなど咲いています。

Dsc01001 イナカギク

40分で頂上へ着きました。木が繁って来て、浜名湖の展望も僅かとなってしまいました。

Dsc01000 富幕山頂上

僅かな時間でしたが、10人ほどの人に逢いました。

ここから資源保護についての思いを書きます。

車を買い替え、今までの車は車買取り業者さんに買い取ってもらいました。18万キロ走った車です。

Dsc01018 走行距離計

この車の前の車も27万キロ走りました。

07125_271036km この車の前の車の走行距離計

両方の車共、思った以上の額で引き取ってもらいました。

この買取の過程で思ったことは、18万キロ走ったことに、業者さんはびっくりされるのです。たくさんの距離、走っているというのです。とくに走行距離が多いとは思っていませんでした。

当ブログにとっては、使えるだけ使った方が得であるし、また社会にとっても物を長く使うということは良いことであると思っています。

車に関しては好み、型、機能など人それぞれに思いがあると思います。ただその車が廃車になってしまうのは惜しいことです。また利用されてゆくことを望んでいます。

車に限らず物を大事にすることは大切なことと思います。

話は変わりますが、台風である小学校が休校となり、給食の食材が不要になってしまいました。そこで、市民に販売したという新聞記事を読みました。捨てずに済んだということに何かホッとしました。

特に食べ物を捨てるということは堪えられません。当ブログは戦後の食糧不足の感覚が染みついているのかもしれませんが、もったいなくてしょうがありません。当ブログは釣って来た小さなセイゴも食べています。

このところ資源回収が進み、再利用されてきています。大変良いことだと思います。廃棄携帯から貴金属が100%近くまで回収され、生ごみからもメタンなどの燃料生成が当市でも来年から始まります。

以前にブログに昭和の前半まではゴミの出なかったことを書きましたが、最近はプラスチックも回収され再利用が当たり前となってきました。しかし、廃棄されるものはまだまだたくさんあります。廃棄物0にする、これが目指す方向だと思います。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木)

宇連山(十三夜)

愛知県民の森から宇連山まで歩いて来ました。

Aitikenmintizu2

愛知県民の森の標高は149m、宇連山は929mで標高差は780mです。愛知県民の森管理棟から歩きます。

管理道路を歩き、林道から下石の滝に着きました。ここまで50分でした。下石の滝は落差が長い滝です。水量も多い方でした。

Dsc00990 下石の滝

下石の滝からは滝沢登山道を登ります。登山道沿いには滑滝が各所に見られます。この登山道を50分登って西尾根に出ました。

Dsc00968 西尾根に出た所

ここから尾根道を北に向かって行きます。やがて宇連山との分岐に出ました。宇連山の方に行きます。

Dsc00973 尾根道と宇連山方向との分岐

この分岐から40分で頂上に着きました。合計登り時間は2時間45分でした。目前に明神山がどっしりと見えます。曇っていて遠くの山は見えません。

Dsc00974 宇連山頂上

Dsc00978 明神山

下りは途中から滝尾根展望台のある方を下りました。展望台で展望を楽しみながらおにぎりを食べました。

Dsc00986 滝尾根展望台

Dsc00985 滝尾根展望台

この展望台から滝が見えるわけではありません。この滝尾根を下って行くと下石の滝に出ます。下石の滝からは来た道を戻りました。

愛知県民の森から宇連山に登るのは久し振りで、棚山から登ることが多いです。棚山からは1時間20分ほどで登れます。紅葉は全くといってよいほど見られませんでした。

ここから別の話になります。

今日は十三夜です。十五夜(中秋の名月)から約1か月後に巡ってくる十三夜も十五夜に次いで美しい月だといわれています。

十五夜または十三夜のどちらか一方のお月見しかしないことを「片見月」と呼び、縁起がよくないそうです。

十五夜は中国から伝わりましたが、十三夜は日本独特の風習です。十三夜は栗や豆を神棚などに供えることから、「栗名月」とか「豆名月」と呼ばれています。

十三夜の夜は晴れることが多く、「十三夜に曇り無し」と言われます。果たして今夜はどうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

釣り

今は釣りシーズン、浜名湖畔を走るとあちこちで釣りをしています。奥浜名湖 湖西の入出に釣りに行って来ました。
今日は雨が降りそうで風もあります。いつものように胴長を穿いて延べ竿です。たいした魚も釣れず、小さなセイゴが14匹でした。

Dsc00959 セイゴ

魚は年によって違うので、面白いと思います。鯛が釣れる年、ヘダイが釣れる年、ハゼが釣れる年といろいろです。

ここ数年はそれらも釣れませんでした。今日は小さなセイゴばかりで他の魚は混じっていません。一番の狙い目は鯛ですが少なくなりました。

昼の小1時間ばかり釣りましたが、釣れれば面白いです。のんびりできればいいと思っています。多くの人は突堤で釣っています。突堤には10人ほどの人がいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 4日 (火)

神石山(釣り)

一昨日神石山を歩いて来ました。手洗から登る松林の道です。
Kamiisiamayadori

Dsc00953_2 松林

このところ雨が降り続いています。9月29日に登った吉祥山もそうでしたが、キノコが至る所に見られます。

Dsc00937 Dsc00938 Dsc00940 Dsc00943 

Dsc00941 Dsc00939 Dsc00944 Dsc00945 

Dsc00946 Dsc00949 Dsc00954 Dsc00955

Dsc00952 Dsc00948 

残念ながら名前は分かりません。

頂上にはこんな天気でしたが、7人ほどが居ました。いつもは見える浜名湖も全く見えませんでした。

Dsc00951_2 神石山頂上

今日は釣りに行って来ました。約100日振りの釣りです。釣りをしなくなったというわけではありませんが、釣れる気がしなかったのです。

釣り場は決まっています。眺めも良い場所なので、ときどきは海を見には来ていました。これまでは釣り人もまばらでした。

今はハゼの釣れる季節で、海も賑わい出して来ています。当ブログには小さくても何でもよいので、釣れさえすればよいのです。

やっとセイゴの小さいのが僅かに釣れました。

Dsc00956 釣果

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »